東京五輪で東日本大震災時並みのグリッドロック発生の恐怖

東京五輪で東日本大震災時並みのグリッドロック発生の恐怖

五輪中、交通機関は大混乱か(時事通信フォト)

 東京五輪・パラリンピック期間中は、世界中から1000万人以上が東京を訪れるとみられている。その時、道路状況はどうなるのか。約半世紀ぶりに東京で開かれる世界的イベントだけに、相当な混乱を覚悟しなくてはならない。

◆道路は「超渋滞現象」でまったく動かない

 まずは五輪開催期間中の「道路事情」だ。2月4日、赤羽一嘉・国交相は五輪・パラリンピック期間中、首都高速への「ロードプライシング」導入の方針を固めた。午前6時〜午後10時のマイカー通行料金が1000円増しとなる。

 一般道では、国立競技場など都心部の会場周辺道路に「ピンク色のライン」が引かれる。有明や外苑などに設けられる関係車両しか通行が許されない専用レーン(計4.3km)は実線、辰巳や渋谷などに設置予定の優先レーン(計19.8km)は破線だ。一般の車が通ると取り締まりの対象となる。

 普段から混み合いがちな都内の道路で「東日本大震災後に都心で起きた大渋滞のような現象が部分的に起きる懸念がある」というのは東京大学生産技術研究所の大口敬教授(交通制御工学)。

「震災後は道路に車があふれ、歩行者がひっきりなしに横断するなどで渋滞が発生。その列が隣の交差点にまで延びる“先詰まり”が複数個所で同時多発的に起き、まったく動かないほどの『グリッドロック(超渋滞現象)』になった」

 それがこの夏も起きる可能性があるというのだ。

「東京の道路に車線数の余裕はない。そこに専用レーンを設けたり、車線規制を敷くと、その周辺でグリッドロックが生じるリスクは大きい」(大口氏)

 多くの車が立ち往生すれば、救急車や消防車などの緊急車両も動けなくなる事態も予想される。

 また、期間中は交通状況に応じて首都高の入り口が最大で約30か所閉鎖される。それに備え昨年7月には交通規制実験が行なわれた。その結果をもとに交通ジャーナリストの清水草一氏が話す。

「首都高上りは本線料金所のレーンを絞ったため、そこを先頭にかなりの渋滞となりました。そこから都心側はガラガラで渋滞もなかった。

 一方、大渋滞が発生したのが、甲州街道や国道246号線の環状七号線よりも外側でした。グリッドロックが起きるとすれば郊外側でしょう」

 また、東京都と五輪組織委がまとめた「大会輸送影響度マップ」では、最も道路が混雑するのは月末の金曜日である「7月31日」とされている。

◆事故率5倍の「外国人レンタカー」リスク

 交通事故総合分析センターの調査研究(2019年)によれば、訪日外国人がレンタカーで事故を起こすリスクは、日本人の約5.5倍だった(※道路利用頻度を考慮した指標「相対事故率」による比較)。五輪観戦と併せた観光の足としてレンタカーを選ぶ訪日客も多くなる。

 同研究では、事故に遭った訪日外国人の9割以上が右側通行国出身者で、事故類型としては出会い頭や右直(右折車と直進車)事故が多いという。

※週刊ポスト2020年2月21日号

関連記事(外部サイト)