東京五輪 マラソン以外でも「開催地変更」を要求される懸念

東京五輪 マラソン以外でも「開催地変更」を要求される懸念

大勢の選手、観客間の「濃厚接触」は避けられない(写真/AFP=時事)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ネット上で「五輪・パラリンピックが開催中止に」とのデマが広まった。東京都はすぐさま否定したが、多くの人がこのデマに反応してしまったのは、五輪開催が“今、そこにある危機”と感じられているからではないか。

 もし、ウイルス感染爆発が五輪開催中の東京を襲ったら、どんな混乱が待っているのか。

◆「選手村」が封鎖される

 東京・晴海ふ頭に建設された五輪選手村では、約44ヘクタール(東京ドーム9.4個分)の敷地内に宿泊棟、食堂、交流エリアなどがひしめく。21棟ある宿泊棟にはベッド1万8000床が用意され、各国のアスリートは1〜8人部屋に宿泊することになる。

 グローバルヘルスケアクリニック院長の水野泰孝医師(輸入感染症)は、「感染拡大の可能性が高い環境」と指摘する。

「新型コロナウイルスは、感染者と1〜2mほどの近距離で、長時間にわたり接触する『濃厚接触』で感染しやすい。選手の交流の場となる選手村のメインダイニングホールなどは濃厚接触が起きやすく、トイレなど共用部分での接触感染も考えられます」

 1人でも感染者が発生すれば、選手村は“陸の孤島”となりかねない。スポーツジャーナリストの玉木正之氏の指摘だ。

「乗客から感染者が出た豪華クルーズ船『ダイヤモンド・プリンセス号』では、約3700人の乗員乗客が検疫のため横浜港沖に足止めされました。選手村から感染者が出たら、これと同じ状況になり、最悪の場合は選手村が封鎖されるかもしれません」

◆有力選手が続々と出場を回避

 有力選手が大量ボイコットするケースも起こり得る。

 2016年のリオ五輪では、蚊を媒介として感染する「ジカ熱(ジカウイルス感染症)」が大流行した。その結果、男子ゴルフではジェイソン・デー、ダスティン・ジョンソン、ロリー・マキロイら世界ランク上位者が出場を辞退した。

 疫病ではないが、2008年の北京五輪ではマラソン世界最高記録保持者(当時)のハイレ・ゲブレセラシェが大気汚染の酷さを理由に出場を見送った。前出・玉木氏の指摘だ。

「感染症によってその後の選手生命への影響や、命にかかわる危険性、家族を巻き込む可能性がある。選手にとって五輪は4年に1度のチャンスですが、その舞台に安全や最善のコンディションが保証されないなら、棄権を選択する選手が出て当然です。特にプロとして活動するトップアスリートにその傾向が強まるでしょう」

◆「開催地の変更」を要求される

 新型コロナウイルスが発生した中国・武漢で予定されていた五輪予選の開催地が、次々と変更された。女子サッカーのアジア最終予選B組の開催地は、武漢から一時、南京に変更されたものの、感染拡大を受けて中国サッカー協会が開催権を返上し、豪州・シドニーで行なわれることとなった。

 女子バスケット予選も中国・佛山からセルビア・ベオグラードに、ボクシングのアジア・オセアニア予選も武漢からヨルダン・アンマンへと変更された。東京でも同様の会場変更が生じる懸念はある。

「昨年11月に決定した東京五輪マラソン開催地の札幌への変更は、直前の世界陸上(ドーハ)のマラソンで気温30℃を超え、棄権者が続出したことでIOCが東京都に提案した。他の競技でもウイルスを理由にIOCや他国が開催地変更を求める可能性があります」(スポーツ紙五輪担当デスク)

※週刊ポスト2020年2月21日号

関連記事(外部サイト)