目黒女児虐待の母が獄中手記 「若い女の子に読んでほしい」

目黒女児虐待の母が獄中手記 「若い女の子に読んでほしい」

優里は「虐待、DVについて自分にもっと知識があったら」と語った

 2018年3月2日、東京・目黒区で船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5才)が虐待の末に死亡した事件。結愛ちゃんを直接暴行したのは夫・雄大だが、母・優里(27才)は「結果的に容認した罪は重い」と裁判官は判断、保護責任者遺棄致死罪に問われた。夫のDVで正常な判断能力が失われていたことは考慮された上で、実刑8年の判決が下された。

 そんな優里が自ら事件について綴った『結愛へ 目黒区虐待死事件 母の獄中手記』が出版された。そこには獄中で罪や現実と向き合おうとするたびに懊悩する姿が、淡々と描かれている(以下《》内は手記からの引用)。

◆私は彼のことも自分のことも一生許さない

 2019年8月。裁判まで残り1か月。ようやく公判準備を始めた優里だが、裁判書類は新たな現実を見せつけた。

《嫌になる。裁判書類をいくつか見ているうちに本当に自分が嫌になる。なぜ私なんかが生きているんだろう》

《ついに彼の調書を読んだ。まだ結愛の体の傷の記録は見れない。でもおかしい。何か違う。彼は本当のことを言っていない。(略)調べで刑事からもっと怖いことを聞かされた。(略)足の裏にやけどのような、タバコの火を押しつけたような丸い傷があったという》

 湧き上がる怒り。一方で雄大を看過した自らの罪。再び死を思いつつ、初公判約10日前にはこう綴っている。

《生きて償うことを、結愛はどう思う?(略)私には死ぬことと生きること、どっちを選べばいいのかわからなくなってる。どっちを選んでも間違いだと思うから。(略)

 結愛へ。生きててごめんなさい。死んでもごめんなさい。

 結愛のことを想ってくださるすべての方に。(略)私は母親として絶対にしてはいけないことをしました。私には謝ることしかできません。ただ謝ることしかできません。

 生きててごめんなさい。死んでもごめんなさい。ごめんなさいしか言えなくてごめんなさい》

 前進するたびにまた戻る。弁護士やカウンセラーとの出会いによって問題の本質を理解するたびに傷つく。そうやって公判に辿り着いた時、彼女には強い覚悟が備わるようになった。

 優里と雄大には、第一審で8年と13年の実刑判決が下された(雄大は控訴せず確定)。

 優里が控訴した背景には、実刑の短縮というよりも、第一審では準備不足のため明らかにできなかった事実について伝えたいという思いが強いようだ。特に結愛ちゃんの亡くなる直前の虐待については、雄大も公判でほとんど語っていない。判決を受けて、彼女は手記でこう述べている。

《余計なことを言わなかったもの勝ちか。そんなの私は絶対許さない。(略)結愛に「嘘をつかない、適当なことを言わない」と言ったって、私たちができていなかった。自分たちができていないのに子供にやらせるなんて無理に決まっている。(略)私は彼のことも自分のことも一生許さない》

 優里は、今回の手記出版について本誌・女性セブンの取材に対し、次のように話した。

「どう読まれるのか怖いけど、同じような思いのかたに私の経験を伝えられればと思って(出版を)決めました。虐待についても、DVについても自分にもっと知識があったら、こんなことにならなかったかもしれないという思いがあります。そういう意味では、若い女の子にも読んでほしいです」

 初めて会った時に比べて、その表情には強い覚悟、意志が見て取れる。優里はまっすぐ前を見つめ、さらにこうつぶやいた。

「人を批判するために書いたわけではない。批判されるのは私一人で充分です」

 手記の中に「私から私へ」と題された文章がある。裁判後に書いた記述だ。自問自答のようで、社会全体に投げかけているようにも読み取れる。

《あなたはまだ自分一人の手で大切な人を救ってあげられると思ってるのかな。(略)あなたの頑張りも強さも大切な人を幸せにしてあげたいという気持ちも、すべて間違っていたんだよ。だから一番失いたくなかった大切な人、大切な愛を傷つけて亡くしたんだ。(略)あなたが今本当にしなくてはならないことは何ですか。なんでも自分一人でやろうとするから失敗するの。あなたは弱い人間なんだから助けを求めなさい。(略)一番大切な子供たちを守れる覚悟はできましたよね?》

 優里の言葉を、私たちはどう受け止めるべきだろうか。

※女性セブン2020年2月20日号

関連記事(外部サイト)