セレブ街でカラスの首吊り死体騒動、住民は「なかったことに」

港区・広尾で街路樹に『カラスの首吊り死体騒動』 周辺には篠原涼子や新垣結衣ら居住

記事まとめ

  • 高級住宅地の港区・広尾で、街路樹にカラスの死骸がぶら下がっていたという
  • その辺りには、篠原涼子や市村正親、新垣結衣、竹内結子、有吉弘行らが住んでいる
  • 動物への虐待がエスカレートし事件に繋がった例もあり、住民を不安にさせている

セレブ街でカラスの首吊り死体騒動、住民は「なかったことに」

セレブ街でカラスの首吊り死体騒動、住民は「なかったことに」

篠原涼子ら有名人が住む街で震撼の出来事が

 空を真っ黒に覆い尽くし、グルグルと旋回して飛ぶカラスの大群。けたたましい鳴き声に耳を塞ぎたくなる。まるでヒッチコックの映画『鳥』のワンシーンのようだが、ここは東京都心でも有数の高級住宅地として知られる港区・広尾の街路だ。5月20日土曜の午後、騒動は起きた。

「誰の仕業なのかはわかりませんが、街路樹に一羽のカラスの死骸がぶら下がっていたんです。紐のようなものに吊られているようでした。見上げていたら今にもその死骸が落ちてきそうで…。その周りをたくさんのカラスたちがまるで喋ってるみたいな騒々しい声を上げながら旋回していました。仲間を殺されて怒ったカラスに襲われるかもしれないし、異様すぎる光景に、辺りは一時、騒然としていました」(近所に住む30代主婦)

 現場は低層の超高級マンションが密集して建っている一角。中でも1980年代半ばに建てられたヴィンテージマンション群は「億単位の部屋しかないケタ違いのセレブマンション。住民は経営者や資産家、大手企業の重役が多い」(不動産関係者)。

 カラスの死骸が吊るされていた街路樹沿いの歩道は、普段の週末の午後ならば、日傘を差して散歩したり、ペットを連れて歩いたり、ランニングで汗をかいたりするセレブたちが行き交っている。その通り沿いには篠原涼子(43才)をはじめ、多くの芸能人が住んでいることでも知られている。

「篠原さんは毎日、年長さんの次男の名門幼稚園への送り迎えのためにここを通っています。週末には夫の市村正親さん(68才)が子供の自転車につきあってランニングしてますよ」(別の近隣住民)

 他にも、新垣結衣(28才)や竹内結子(37才)、中谷美紀(41才)、有吉弘行(42才)などもその辺りのマンションに居を構えている。

「住人たちはカラス騒動についてあえて話題にするのを避けている雰囲気です。街のイメージが悪くなれば、“不動産価値”にも影響しかねないですからね。“騒動をなかったことにしよう”というセレブたちの空気のほうが、カラスよりよっぽど怖い気が…」(前出・別の近隣住民)

 一般的には区役所など自治体が動物の死骸を処理するものだが、「近所の住民が警察に通報した」(前出・30代主婦)というから、セレブな街の大混乱ぶりがよくわかる。

 カラス被害は都会にはつきもの。ゴミをあさられたり、電線の上からフンをされて洋服を汚されたりといった被害は後を絶たない。

「週2回のゴミ出しはまさにカラスとの闘いです。ゴミ袋をあさられ、道路の真ん中までゴミが散乱する光景をどれだけ見てきたことか。ゴミ袋を何重にもしたり、ネットをかけたりと対策は講じているけれど、効果は一時的。カラスは頭がいいから、ネットの網目からくちばしを突っ込んで中身を引きずり出すなど、すぐに対策が通じなくなってしまう」(都内在住の主婦)

 このような被害相談はヒナを育てる5~6月にピークを迎えるという。カラスの死骸の不穏さは住民を不安にさせている。動物への虐待がエスカレートし、後に殺人事件につながったケースは少なくないからだ。1997年に神戸で起きた連続児童殺傷事件の犯人・少年Aも、佐世保の同級生殺害事件(2014年)の加害少女も、事件の前に動物を殺していた。

「今年4月には昔『少年A』が遺体を置いた神戸の中学校で、木の枝にカラスの頭部が刺さっていた事件もありました。今回のカラスの死骸が大きな事件の前兆でなければいいのですが」(全国紙記者)

“なかったことにしよう”で済めばいいのだが。

※女性セブン2017年6月8日号

関連記事(外部サイト)