眞子さまの「婚約報告」をめぐり皇室内の禍根が懸念される

秋篠宮家の眞子さまの婚約報道を巡り、皇太子さまと雅子さまに禍根を残すことを懸念も

記事まとめ

  • 秋篠宮家の眞子さまと国際基督教大学時代の同級生・小室圭さんとのご婚約が報道された
  • 眞子さまご婚約について両陛下は報告を受けられるも、皇太子さまの反応は報じられない
  • 皇太子さまへ小室さんを紹介されていないとの噂もあり、将来に禍根を残すことを懸念も

眞子さまの「婚約報告」をめぐり皇室内の禍根が懸念される

眞子さまの「婚約報告」をめぐり皇室内の禍根が懸念される

眞子さまのご婚約で皇室内にある波紋が…?

 国際基督教大学(ICU)時代の同級生・小室圭さん(25才)とのご婚約が報じられた、秋篠宮家の長女・眞子さま。おふたりは、2012年6月の出会いから2か月後には交際をスタートさせたという。都内や小室さんの自宅のある神奈川県横浜市のほか、埼玉県長瀞町や葉山御用邸(神奈川県)でデートを重ね、愛を育まれた。

「御用邸を使うことができるのは内廷皇族、つまり両陛下と皇太子ご一家に限られます。眞子さまが御用邸に小室さんを連れ立たれたのは、恐らく両陛下のご滞在中だったと考えられます。そのときに、両陛下への紹介も済まされたのでしょう」(皇室記者)

 婚約の第一報が報じられた5月16日夜、宮内庁の山本信一郎長官は緊急会見を開いた。その中で、両陛下も報告を受けられていることを明かした。

「一方で、次の天皇である皇太子さまと雅子さまの、眞子さまのご婚約に対する反応はその後も一向に報じられていませんし、宮内庁からも漏れ伝わってきません。それは“まだ皇太子さまへ小室さんをご紹介されていないから”“婚約予定の報告を済ましていないから”ではないかと一部で気を揉まれています。たしかに、皇太子家と秋篠宮家は関係が希薄だったと噂されたこともありました。

 皇族にとって“序列”は重要視されるべきものです。もし再来年にも“家長”になられる皇太子さまと雅子さまに、秋篠宮家からご報告がないままでの婚約報道だったのならば、将来に禍根を残すことにもなりかねません」(宮内庁関係者)

 雅子さまと紀子さまも「長年にわたりライバル意識をもたれている」(前出・皇室記者)とたびたび報じられてきた。

「今から2年前、佳子さまが成人を迎えられたころ、日本中が“佳子さまフィーバー”に沸きました。ですが、学生である佳子さまはその後、学業が中心で頻繁に公務に出てこられるわけでもなく、フィーバーは少しずつ沈静化。

 変わって昨秋、長期欠席や“激やせ”が報じられ愛子さまへの注目が集まりました。心配の声が尽きない中で、愛子さまはこの4月に学習院女子高等科へ進学され、皇太子ご夫妻の公務に同行もされ、国民の目に触れる機会も大きく増えました。

 ところが今度は、眞子さまの婚約が一気に話題をさらうことになった。『究極のイメージ産業』ともいわれる皇室において、秋篠宮家の子女、皇太子家の子女、秋篠宮家の子女と国民の興味の対象が交互に移り変わっているわけです。娘を持つ母として、雅子さまにとっても、複雑な心境なのではないでしょうか」(皇室ジャーナリスト)

 5月18日、宮内庁は5月25日の「全国赤十字大会」に雅子さまが臨席されると発表した。日本赤十字の名誉総裁は美智子さまが務められ、毎年の同大会には各妃がお出ましになっている。

「2004年から長期療養に入られた雅子さまは、前年の2003年を最後に欠席が続いていました。一方の紀子さまは、ご懐妊中だったときを除いてほぼ毎年足を運ばれています。驚いたのは、最近は“当日のご様子をみて”のお出ましが続いていた雅子さまが、臨席される前提で発表されたこと。14年ぶりとなれば、雅子さまへスポットライトが当たるのは確実でしょうね」(前出・皇室記者)

 眞子さまの婚約報道が投げかけた波紋は、皇室内外へと広がっている。

撮影/雑誌協会代表取材

※女性セブン2017年6月8日号

関連記事(外部サイト)