「撮り鉄」のマナー違反問題 老舗カメラ雑誌編集長の苦悩

「撮り鉄」のマナー違反問題 老舗カメラ雑誌編集長の苦悩

記事画像

 鉄道ダイヤ改編期になると、ネットだけでなくニュース報道でもマナーを守らない鉄道ファンの話題が世間を賑わせる。私有地に立ち入り踏み荒らす、乗客に罵声を浴びせるなどトラブルを起こしがちと言われる鉄道の撮影ファン、いわゆる「撮り鉄」は、すっかり嫌われ者だ。だが、彼らが撮る写真は「同じ場所・構図」のため「図鑑写真のよう」だと伏見美雪・アサヒカメラ編集長は指摘する。ライターの小川裕夫氏が、問題行動を起こす撮り鉄がとらわれている編成写真至上主義の存在を指摘し、その原因について考えた。

 * * *
 近年、鉄道ファンの裾野は確実に拡大しつつある。

 鉄道ファンの裾野が拡大傾向にある背景には、さまざまな要因が考えられる。軽量小型のミラーレスカメラやスマホの普及によって撮り鉄への参入障壁が低下したこと、テレビ朝日系列『タモリ倶楽部』やNHK『鉄オタ選手権』などの鉄道をテーマにしたテレビ番組が増えたこと、元SKE48メンバーで女優の松井玲奈やモデルの市川紗耶、アイドルグループ私立恵比寿中学の元メンバーでYouTuberとして活動する廣田あいかなど若い女性芸能人が鉄道を好きと公言するようになったことetc……

 いくつもの要因が重なって、鉄道ファンの裾野は広がった。その一方、鉄道ファンによる迷惑行為もあちこちで報告されるようになった。

 迷惑な鉄道ファンの中でも、特に鉄道を撮ることが好きな、いわゆる撮り鉄の評判がすこぶる悪い。同じ鉄道ファンの乗り鉄からも「撮り鉄は機材が多いから自動車で移動する。列車に乗らない。だから鉄道会社の経営にも貢献していない」と非難されることさえある。

 当たり前の話だが、マナーが悪いと指弾される撮り鉄は一握りにすぎない。大半はマナーを守って撮影を楽しんでいる。

 一部の悪行が流布することによって、撮り鉄全体のイメージは著しく毀損している。高まる撮り鉄への非難に対して、鉄道業界やカメラ業界はマナーアップに取り組む。そうした業界内にあって、特にマナーアップに力を注いでいるのが老舗カメラ雑誌『アサヒカメラ』だ。

『アサヒカメラ』はカメラ雑誌では異色の存在で、技術だけではなく、マナー問題も積極的に記事化。啓発や注意喚起をつづけてきた。特に反響が大きかったのは、2年前の鉄道特集号で、撮り鉄のマナーアップを目指す “嫌われない「撮り鉄」になるために!”という記事を掲載したことだった。

 当時の佐々木広人編集長は「マナーを守るつもりがないカメラマンは、読者としていりません」という厳しい姿勢を見せていた。

 そうした方針は、現在も受け継がれている。今年1月に発売された『アサヒカメラ』最新号でも、「激論!撮り鉄マナー」にページを大きく割く。

「『アサヒカメラ』では、毎年一回は鉄道特集を組み、その中で撮り鉄のマナー問題を扱ってきました。マナーを守ることの重要性を訴え続けてきましたが、繰り返してマナーの問題を取り上げることは意味があると思っています。毎年、カメラを始める人はたくさんいます。そうした初心者・入門者に対してマナーアップを訴え、初心者・入門者がマナーを守っていけば、それはカメラ業界全体の意識向上にもつながるからです」

 と話すのは、前任の佐々木編集長からバトンを受け取った現編集長・伏見美雪さんだ。

 撮影者のマナー問題は、撮り鉄だけに限った話ではない。風景・動物・花木などでも、一部の不届き者によるマナー違反は問題視されている。

 しかし、SNSなどで槍玉にあがるのは、圧倒的に撮り鉄が多い。撮り鉄ばかりマナーが悪いと指弾される背景には、どういった事情があるのか?

「風景や自然、動物、人物の撮影に比べると、鉄道は安全や定時運行にも関わる問題です。ひとたび事故が起きてしまえば、取り返しがつかない事態になります。しかも、鉄道の駅など人目につきやすい場所で撮り鉄は撮影をしています。それらの事情から、撮り鉄はどうしても目立ちやすいのです。そのため、世間の目が厳しくなるのだと思います」(同)

 撮り鉄が批判の的になりやすい背景には、一ヶ所に大挙して押し寄せるという行動にも理由がありそうだ。

 例えば、今年1月は山手線からE231系が引退することになり、JR東日本はヘッドマークをつけたE231系のサヨナラ運転を実施した。このサヨナラ運転を撮影するべく、多くの撮り鉄が山手線沿線の撮影名所に殺到した。群れをなした撮り鉄は、傍目から異様にも映る。電車に乗りたいだけの人にとって、撮り鉄は邪魔者と感じるだろう。カメラや三脚も、一般の乗客には、凶器に見えなくもない。まして、撮り鉄から「撮影の邪魔をするな!」「ここを歩くな。どけ!」などと罵声を浴びせられた経験があれば、撮り鉄は恐怖でしかない。

 鉄道撮影には、誰もがここから撮りたいと考える絶好のスポットが存在する。鉄道マニアの間で、そうした場所は“お立ち台”と呼ばれる。

“お立ち台”を確保できるかどうかは、写真の出来・不出来を大きく左右する。それだけに、お立ち台を確保する熾烈な争いが起きる。そうした場所取り合戦が行き過ぎた結果、鉄道用地や私有地に侵入するという不法行為が横行してしまうこともある。

 それらが、「撮り鉄はマナーが悪い」という負のイメージを植えつける一因にもなる。みんなと同じ場所で撮るという撮り鉄の集団心理に対して

「みんなと同じ場所・構図の写真ばかりで撮ると、それは図鑑写真のようになってしまいます。せっかくカメラの腕を磨いて鉄道撮影に臨むのですから、撮影者の個性を感じられる素敵な写真を撮る方が撮影者にとっても楽しいはずです。そうした個性を活かすためにも、みんなと同じ場所で撮るだけではなく、列車に乗って沿線を観察し、それから自分の足で沿線を歩き回って自分だけの撮影場所を探すことも重要です」と伏見編集長はアドバイスする。

 鉄道写真が図鑑のような似た構図になってしまう理由のひとつに、“撮り鉄カースト”の存在もある。鉄道写真には桜や菜の花、海、山、雪といった周囲の風景と鉄道車両をからめた写真も数多くある。

 しかし、撮り鉄はそうした風景をからませた写真を評価しない傾向が強い。風景をからませた写真は「風景写真」であり、「鉄道写真」ではない、という理屈だ。

 そのため、“撮り鉄カースト”においては編成写真が最上位という意識が強い。編成写真とは、先頭車両から最後尾車両までを一枚に納めた写真をいう。編成写真は鉄道車両を記録的に写しているので写真的な妙味は薄い。記録的要素を強く含んでいることからも、編成写真は図鑑のような構図になりがちだ。それでも、編成写真を上手に撮ることが撮り鉄にとってステイタスとされる。

 編成写真至上主義がなくならない限り、撮り鉄が“お立ち台”に殺到する現象は続くだろう。

 こうした旧来の撮り鉄問題に加え、近年はスマホやミラーレスといったカメラが身近になったことで新たな問題も生まれつつある。

 愛媛県伊予市にある下灘駅は、以前から美しい鉄道写真が撮影できる名所として知られていた。しかし、インスタ映えスポットとして注目が集まるようになるとライトな鉄道ファンが大挙して押しかけるようになった。下灘駅や駅周辺の様相は一変し、私有地へ無断で侵入する人も目立つようになる。こうした状況から、下灘駅の一帯は、注意喚起が出されるようになった。

 また、混雑した駅で自撮り棒による撮影やYouTuberによる生中継など、鉄道撮影を巡る問題は、次から次へと新たな事案が発生している。

「マナーの悪い撮り鉄をゼロにすることはできません。しかし、繰り返し雑誌などでマナー問題を取り上げることによって、少しでもマナーの悪い撮り鉄を減らすことにつながると考えています」(同)

 撮り鉄とマナーの問題は、一朝一夕に解決できる話ではない。そもそも、カメラ業界は「マナーの悪い撮影者ほど、マナー向上に関心を示さない」というジレンマを抱えている。

 なにより、マナーに対する感じ方はぞれぞれの価値観によるところが大きい。それが問題を複雑にする。ルールとは異なり、マナーに正解は存在しないからだ。

 撮り鉄のマナー問題は、つまるところ常日頃のふるまいが問われているともいえる。だからこそ、撮り鉄のマナーは常に問い続け、意識しなければならない問題といえるのかもしれない。

関連記事(外部サイト)