眞子さま婚約者・小室圭さんに母は、“バイオリンの天才”

【眞子さまと小室圭さんご婚約へ】小室圭さんに母は「バイオリンの天才」

記事まとめ

  • 眞子さまとの婚約が報じられた小室圭さんについて、元同僚らが語った
  • 小室さんは彼女はいるが素性を話さず、陰で"妄想彼女"なのでは、と言われていたという
  • テレビ朝日が運営するアナウンサースクールに通っていたこともあった、と知人が語った

眞子さま婚約者・小室圭さんに母は、“バイオリンの天才”

眞子さま婚約者・小室圭さんに母は、“バイオリンの天才”

お母さんいわく「バイオリンの天才」という小室圭さん(藤沢市観光課HPより)

「周りには“彼女がいる”ということは明かしていましたが、相手の素性や馴れそめなどを問われても絶対に答えなかった。かっこいいし優しいし英語もペラペラだからきっとモテるとは思っていましたけど、あまりに相手のことを話さないものだから、陰では実在しない“妄想彼女”なんじゃないかっていわれていました(笑い)」

 大学卒業後、大手都市銀行に勤務していたころの小室圭さん(25才)の様子を、元同僚はそう明かす。

 秋篠宮家の長女・眞子さまとの婚約が報じられた小室さん。趣味はバイオリンにスキー。「日本語より先に英語が浮かんでしまう」ほどの語学力。2010年には神奈川県藤沢市が主催する『湘南江の島 海の王子』に選ばれ観光キャンペーンで活躍。そして、皇族である眞子さまの立場を理解して交際をひた隠す思慮深さ──。人となりはまさに「王子」と呼ぶにふさわしいが、やんごとなき皇族の子女、しかも天皇陛下直系の孫の夫候補ともなれば、ふさわしいお家柄なのだろうという興味も湧いてくる。

 小室さんは現在横浜市内にあるマンションの一室で、母・佳代さんと母方の祖父との3人暮らしだ。

「間取りは3DK、床面積は約50平方メートルほどです。キッチンも結構手狭で、とても高級マンションとはいえません」(マンション住民)

 秋篠宮さまとの成婚当時、紀子さまは「3LDKのプリンセス」と親しまれたが、小室さんは「3DKのプリンス」というわけだ。

 マンションが新築された1994年、父・敏勝さんが約4000万円で購入したその部屋から、小室さんは近所の仏教系の幼稚園に通園。同時に、佳代さんの勧めもありバイオリン教室に通い始めた。

「佳代さんは一人っ子だった圭くんの教育に熱心で、自分のものは二の次で圭くんの教育を何より優先していました。一生懸命練習したからかどんどん上達して“うちの子はバイオリンの天才なの”って嬉しそうにお話しされてました」(近隣住民)

 横浜から、小学生が通うには距離がある東京・国立市にある音楽大学の付属小学校を進学先に選んだのも、小室さんのバイオリンの腕を見込んでのことだったのだろう。

「公立の小学校に比べたら授業料も高額の上、学校とは別にバイオリンのレッスンにも通わせていたみたいです。楽器自体もお金がかかりますし、教育費は相当だったみたいですよ。“なかなか苦しくて“とこぼしていることもありました」(前出・近隣住民)

 当時、敏勝さんは横浜市役所に勤め、公営住宅の開発や保守といった業務に従事していた。

「公務員の収入では厳しい面もあったみたいで、佳代さんも家計を支えるためにいろいろアルバイトを掛け持ちしていました。鎌倉の方にあるロシア料理店などでも働いていたって聞いたことがあります」(前出・近隣住民)

◆なんの前触れもない父の死

 横浜市の西南に位置する藤沢市内には、小室姓の家が偏在する一角がある。

「1630年頃、元号でいうと寛永の時代に、小室家の祖先がこのあたりで暮らし始めたそうです。敏勝さんのお父さん、つまり圭くんの父方のおじいさんもこの地で生まれ育ちました。代々農家を営む家系で結構広い土地をもっていましたが、おじいさんは長男でなかったこともあって、藤沢市内にあるネジや金属製品を作る鉄工所で働いていました。敏勝さんも、長く藤沢に住んでいたはずですよ」(近所住民)

 ちなみに、祖父の兄弟の孫、つまり小室さんのはとこにあたる女性は、小室さんより一足早く『湘南江の島 海の女王』に選ばれた経験があるという。

 佳代さんの実家もまた、ごく普通の一般家庭だった。その中にあって、バイオリンのエリート教育を受ける小室さんの人生が一変するできごとが起きる。

「圭さんが10才のころ、敏勝さんが亡くなったんです。なんの前触れもない、急な別れだったと聞いています。敏勝さんの死からあまり時間が経たないうちに、祖父母も亡くなったみたいです」(前出・近隣住民)

 父を失った悲しみは、小室さんを強くした。

「母さんのことは、ずっとぼくが守るから」

 小室さんは、そんな決意を口にするようになった。

「お父さんが亡くなってしばらくしてバイオリンはやめてしまったんですが、新たに“海外で活躍する”という夢ができたみたいで、佳代さんは圭さんを後押しするように東京・品川区内にあるインターナショナルスクールに入学させました。カナダ国内で行われている教育カリキュラムに沿った授業が行われる学校で、年間の授業料は200万円以上。佳代さんは必死に働いて学費を捻出したそうです。都内のケーキ屋さんで働き始めたのもその頃でした」(小室家の知人)

 同スクールで中高6年間を過ごした小室さんはICUに進学。在学中にはアメリカ・ロサンゼルスへの留学も経験した。

「しっかりとした仕事に就いてお母さんに楽をさせたいという思いがあったからか、テレビ朝日が運営するアナウンサースクールに通っていたこともあります。海の王子の仕事で地元のテレビ局やラジオ局に行った経験が、アナウンサー志望になった理由かもしれないですね」(小室さんの知人)

 そして2012年6月、運命の出会いが訪れる。渋谷区内の飲食店で行われた留学に関する「意見交換会」で眞子さまと知り合い意気投合。翌月にはふたりきりでデートに行き、ほどなく交際に発展した。出会いから1年後には、小室さんがプロポーズ。眞子さまのイギリス留学という2度の超遠距離恋愛を乗り越えて、5年愛は結実のときを迎えた。

※女性セブン2017年6月8日号

関連記事(外部サイト)