ヒール履きこなす欧米人、一方日本は靴と足に関し100年遅れ

ヒール履きこなす欧米人、一方日本は靴と足に関し100年遅れ

欧米では60代を過ぎてもハイヒールを履きこなす女性も(写真/アフロ)

 いかにもフランスらしい大恋愛とともに語られるエマニュエル・マクロン新仏大統領(39才)。就任式には、世界中の女性たちの視線を釘付けにしている25才年上妻のブリジット夫人(64才)と手をつないで現れた。

 涼しげなルイ・ヴィトンの水色スーツに、膝上丈のスカート。スラリとのびた足元は、10cm以上もの高さがあるベージュのピンヒールを合わせていた。

 この姿に浮き足立った女性は少なくない。神奈川在住の会社員女性(52才)はため息をついた。

「ヒールと一体化した脚のラインが本当にきれいで、びっくり。あんなに細いヒールで、颯爽と歩くなんて、もう私にはできないだろうなぁ…。私は安定感ある太めのヒールでせいぜい5cmが限界。でも1時間も立っていられないなぁ…」

 できることならばいつまでも、きれいにカッコよくハイヒールを履きたい…それは多くの女性の願い。欧米では、ブリジット夫人にかぎらず、60代を過ぎてもハイヒールで颯爽と歩く女性たちが少なくない。しかし日本ではちょっと違う…。

『大丸東京店』の婦人靴バチェラーシューフィッターの谷内由美子さんはこう話す。

「40、50代の女性は、バブル期にハイヒールをしっかり履いていたかたが多く、サイズにあった靴選びができていない若い世代よりきれいに履いていらっしゃいます。でもさらに上の世代からは、足の病気で靴選びをご相談されることが多いですね。ヒールを履きたいというニーズは高いですが、足の痛みが我慢できないといって、無難なヒールのない靴が選ばれる傾向にあります」

 いくら若く見えるシニアが増えたからとはいえ、体は確実に老化している。体の体幹が崩れ、転びやすくなるのも事実だ。55才頃からヒールのある靴を履かなくなった大下由香里さん(仮名、58才)は「そういう体力的な話だけではないですよ」とボヤク。

「若い時には意識したことなかったんですけど、ハイヒールって、若い人の専売特許みたいなものなんですよね。だってがんばんなきゃ履けないじゃない? 別に年齢制限があるわけじゃないのに、自分で線引きしちゃうっていうか…『こんな年でハイヒールなんて』みたいな目で見られるのも恥ずかしいし、『無理してる』って思われるのもなんか嫌じゃないですか」

 日本の中高年層と60代オーバーでもカッコよくハイヒールを履いている欧米のシニアたちとの間には、目には見えないものの大きな隔たりがあるようだ。

 ファッションジャーナリストの藤岡篤子さんは、「日本人が欧米人に比べて、幅が広くて甲が高い足なので、ヒールが高い靴は足先に負担がかかる」という大前提とともに、「そもそもの歴史が違う」と指摘する。

「日本は下駄と足袋の文化で、靴を履くようになったのはここ100年の話。靴文化で歴史が長い欧米とは、もともとの認識が全く違うんです。日本では年をとってくるとぺたんこ靴というイメージがありますが、向こうでは靴はファッションの一部。

 女性はいくつになっても足をきれいに見せるための工夫をし、足のケアをして、美しく見せるためにヒールのある靴を選ぶのはお洒落として定着しています。おばあちゃんと呼ばれる世代になってもべた靴を選ぶことはなく、足がすっときれいに見える4cm程度の安定感のあるチャンキーヒールを選ぶ人が少なくありません」(藤岡さん)

 日常生活における靴との向き合い方にも違いがある、と言うのは、早稲田大学人間総合研究センター招聘研究員の吉村眞由美さんだ。

「ヨーロッパは伝統的に靴に対する意識が高い。例えばドイツでは、幼児期の靴は親が選ぶもの。靴は洋服などとは全く違う位置づけで、経験と知識がある大人が買うものという考えです。フランスも同様で、18世紀から王侯のための足外科医という専門医が存在していて、足や靴への考察を進めていました」

 そういう基礎があってこそ、どんな世代の女性にとってもファッションの1つとして重要なアイテムとなりえたのだ。

※女性セブン2017年6月8日号

関連記事(外部サイト)