「散骨が自然に一番優しい」説に樹木葬の名付け親が異議

「散骨が自然に一番優しい」説に樹木葬の名付け親が異議

自然を守りエコ的に土地利用をとのアイディアから生まれた樹木葬

 昨今、「室内墓」とともに新しい埋葬の形として「樹木葬」が大きな注目を集めている。しかし、その内容はさまざまなことをご存じだろうか。ノンフィクションライターの井上理津子さんは、樹木葬の名付け親、先住職の千坂げんぽうさん(72才)が待つ、岩手県一関市の臨済宗・祥雲寺へ。樹木葬墓地を管理する祥雲寺の子院・知勝院「生きもの浄土の里」へ。骨壷は使わず遺骨をじかに穴の中に埋葬し、その上部に木を植えるという樹木葬について、リポートする。

 * * *
 樹木葬墓地とその周辺を巡ること、1時間。「リフレッシュさせていただきました」と、つい妙な感想を口にしてしまった私に、千坂さんはにんまりした。

「それはよかった。ここは、樹木葬のための里山ではなく、里山の自然再生のための樹木葬ですから」

 千坂さんから聞いた「間伐し、下草を刈り、落ち葉をかき、もうすぐ20年」という言葉を思い出したが、今ひとつ意味がわからない。樹木葬を考案された経緯を教えてください――。

「1990年頃から地域づくりの活動をしていた中、全国の丘陵地や里山が墓地開発で破壊されていくのに心を痛めていたんです。豊かな自然を次世代に継承するにはどうすればよいのかと考えていた、ちょうどその頃『葬送の自由をすすめる会』が立ち上がって、いわゆる散骨が始まった。『散骨が自然にいちばん優しい葬送方法』という主張に、いや、違うだろうと。自然を守り、エコ的に土地を利用する手段として、樹木葬のアイディアがひらめいたんです」

 かつては土葬が標準だった。東北地方で「死して魂は山に還る」と語られるのも、土葬文化ゆえだったろう。土葬の延長として、「火葬骨」を埋葬する方法が、民俗学的にも理にかなっている。「樹木を目印に、コンクリートも墓石も使わないエコな墓」をつくりながら自然を守ろう。そう発想したと、千坂さんは言う。

 この里地里山は、1994年に「自然体験研修林」として久保川(北上川系磐田川の支流)流域部分の山林を購入したのを皮切りに、徐々に買い足してきたもの。その一部が、行政から認可された樹木葬墓地にあたる。

「檀家の若い仲間たちと一緒に、手作業で藪を切り拓き、間伐した翌年、花の群落が現れた」「より広域に保全するため、近隣の農家の所有地の自然再生も引き受けている」「全体を『久保川イーハトーブ世界』と名付けた。2015年の環境省『重要里地里山』に選ばれた」などなど、里山の自然再生の話は尽きないが、さて、樹木葬に話の舵を戻し、「遠くて、お参りに行けないという声は聞きませんか」と聞いた。

「いえ、特に」と千坂さん。「承継者がいない場合は別ですが、夏の盂蘭盆供養会や秋の合同供養会には100人近く来られますし、個別のお参りも多いほうだと思います。お参りに来るたび、泊まり込みで畑仕事をして行かれるかたもおられます」

 13年前に亡くなった夫が樹木葬墓地に眠る浅井良子さん(74才、東京都日野市)もその1人だ。なんと年に10回、お参りに来ている。

「というか、草刈りのボランティアをさせていただきに来て、ウラジロヨウラクに挨拶に行くという感じかしら」

 ウラジロヨウラクとは、5月末から薄ピンクの花が咲く、夫のお墓の墓標木だ。

「會津八一(あいづやいち)の詩に出てきて、知っていた木だったので、選びました」

 9か月闘病した夫は、入院先の仲間から、知勝院の樹木葬の情報を得て、「ここにしてくれ」と言い残して亡くなったそうだ。夫婦とも、東北にはそれまで縁もゆかりもなかったが、浅井さんは初めて納骨に来たとき「柔らかい色合いの風景に魅せられた」と言う。合同供養や、知勝院が開く座禅などの研修に参加し、千坂さんの話を聞くうち、生態系の再生に興味がわいた。草刈りは生まれて初めて。「太陽を浴びて、草の匂いを嗅いで…。ものすごく楽しい時間です」。知勝院の宿泊施設に、数日、泊まり込んで草刈り作業することもある。

「転勤族だったせいか、一関を遠いとは全然思わないんです。体力と、交通費を出せる状態が続く限り、伺い続けますよ」

 知勝院には、浅井さんのように高い頻度で訪れてはボランティアをもする人たちが50人以上いるという。

※女性セブン2017年6月8日号

関連記事(外部サイト)