『うんこ漢字ドリル』に続け!? 『エロ語呂日本史年号』の衝撃

『うんこ漢字ドリル』に続け!? 『エロ語呂日本史年号』の衝撃

大真面目につくられた『エロ語呂日本史年号』

〈『な、入れ(710)させてよ、ヘイ、女教(平城京)師!』と懸命(元明)のお願い、そんなことなら(奈良)ん!〉

 なんとも卑猥でやや品のないこんな短文を集めた“歴史参考書”がある。5月末に発売された『エロ語呂日本史年号』である。冒頭の短文は、710年に元明天皇が奈良の平城京への遷都を決めた、という内容を覚えるための語呂合わせだという。普通に“なんと(710)キレイな平城京”でいいんじゃないか……という気がするが、企画を立てた発行元・パブリブの濱崎誉史朗・代表社員は「書店では大学受験用参考書の棚に並べてもらっています」と大マジメだ。

 年号や人名をエロそうな言葉に置き換えた、約460の例文が収録されている。天草四郎を総大将としたキリシタンによる一揆「島原の乱」は〈色味な(1637)かなか良い、縞・バラのラン(島原の乱)ジェリー〉と語呂を当てる。

 なんか無理矢理な気もするが、これで果たして年号を覚えられるのか? 濱崎氏はこう語る。

「中高生は性的なことに興味津々ですから、手に取ってくれると信じています。すべての例文に『うんこ』を入れた『うんこ漢字ドリル』が100万部を突破したそうですが、小学生が『うんこ』なら高校生はエロでしょう」

 大量のエロ語呂合わせを考えたのは著者の江口五郎氏だ。同氏は“覆面作家”で普段は会社員。同僚や家族には著書のことは知られていないという。江口氏が出版に至る苦労を明かす。

「まず年号を見て10個以上の卑猥な語呂を考えます。そのなかから、文を付けやすいものを選んでいきます。1949年のGHQによるシャウプ勧告・直接税の導入なら、年号を『イク仕草』にすれば、直接税は『挿入直接』、シャウプは『シャンプー』で何か文章にできそうだといった具合です。

 受験勉強は少しでも楽しいほうがいい。もともと、大学受験の際に『ネブカドネザル』(新バビロニアの王)は『寝ざるをえない』と読んだらエロいなと思ったのが今の企画の原点です。エロが関係したほうが、人間は覚えるんです」

 江口氏は数字とエロ語呂の組み合わせを長年書き溜めた「エロ数字語呂ノート」まで作っている。

「手書きの語呂ノートはボロボロ。うまく語呂が浮かばないときはノートを手にファミレスで頭を抱えたりもしましたが、ついに完成させられました」(江口氏)

 その「情熱」はヒットにつながるか。

※週刊ポスト2017年6月9日号

関連記事(外部サイト)