元文科省の官僚「前川さんはもっとも人望のある事務次官」

元文科省の官僚「前川さんはもっとも人望のある事務次官」

事務次官では最も人望のある人と言われる前川氏

 ここ3か月で安倍政権の「権力の横暴」と指摘されるような事態が次々に表面化している。最初に発覚したのが森友学園スキャンダルだ。

 学校法人・森友学園が13億円以上の土地をタダ同然で手にしたこの問題。背後には、以前から同学園の理事長と深い関係のあった安倍晋三首相(62才)や妻・昭恵さん(54才)の口利きがあったと疑われている。

 森友問題がうやむやになるなか、続けて飛び出したのが加計学園スキャンダルだった。

「首相の“腹心の友”が理事長を務める加計学園グループが獣医学部を新設する際、安倍首相が文科省に口利きをした疑惑です。同グループへは約440億円もの税金が流れた可能性も指摘されています。昭恵さんはこのグループの保育施設で名誉園長についています」(全国紙記者)

 安倍首相と昭恵さんに近しい人だけが甘い汁を吸うことができる――そんなことが、許されていいはずがない。そして、そんな“国の私物化”といえる事態を告発しようとした人は、国家権力から攻撃されることにもなりかねない恐怖を私たちは目の当たりにしている。

 文部科学省の官僚のトップまで務めた前川喜平氏(62才)。事の発端は5月22日の読売新聞だ。前川氏が在職中、援助交際や売春の温床となっている東京・歌舞伎町の「出会い系バー」に出入りしていたと報じられた。通常、全国紙が法に触れるわけでもない公務員の“下半身事情”を報じることはほとんどない。異例中の異例のことだった。

「背景には官邸の意向があるといわれています。報道の5日前、加計学園の獣医学部の新設について『総理のご意向だと聞いている』と記された文科省の文書の存在が報じられました。この文書について、官邸は前川氏がリークしたと疑った。それ以上の告発を封じるため、官邸は警察関係者を利用して入手した前川氏のプライベートを読売新聞に流したとみられているんです」(前出・全国紙記者)

 重要なのは獣医学部の新設に「総理の意向があったのか、なかったのか」であり、告発者のスキャンダルを流すことは問題のすり替えでしかない。

 菅義偉官房長官(68才)は会見で、前川氏の出会い系バーへの出入りについて「強い違和感を覚えた」と述べているが、安倍首相と親しい自民党の元大臣が東京・吉原の高級風俗店に通っていることをつい半年前に報じられていることを忘れたわけでもないはずだ。物言えば唇寒し秋の風、とはこのことだ。

◆ノルウェイの森の華麗なる一族

 官邸の横やりにもめげず、前川氏は会見を開き、各マスコミの個別インタビューも受け、「『総理のご意向』と記された記録文書は間違いなく本物だ」と公言した。文科省の元トップが総理の関与を示す前代未聞の証言に、永田町に激震が走った。

 安倍首相を窮地に追いやる“前川の乱”。官邸に1人で立ち向かう前川氏とはどんな人物か。

 前川氏の祖父・前川喜作氏(享年91)は年商812億円を誇る大手冷凍機器メーカー・前川製作所の創業者。また、村上春樹氏(68才)の名作小説『ノルウェイの森』の舞台とされる男子学生寮「和敬塾」の創始者でもある。前川氏の妹は中曽根康弘元首相(99才)の息子・弘文氏(71才)に嫁いだという華麗なる一族だ。元文科省の官僚で、前川氏と20年来のつきあいがあるという寺脇研さんが語る。

「前川さんの奥さんは資産家の令嬢で、美人と聞いている。奥さんは妹さんの友達で、彼の入省3年後に結婚しました。都内の高級ホテルで開かれた盛大な披露宴には首相就任前の中曽根康弘さんが出席していました」

 寺脇さんは、前川氏の「逆恨み」を否定する。

「私が文科省に入って42年経つけど、前川さんはその間の事務次官では最も人望のある人。素晴らしい次官は今までもいたけど、前川さんはバイトの子から地方の研修生まで、全職員から人望がありました。弱い人に寄り添い、常に教育とはどうあるべきかを考えている。そんな前川さんが逆恨みや腹いせで省内の重要な文書を漏らすなんてことは考えられない」

 約30年間、毎朝4~5時に帰宅して定時に出勤する仕事人間で省内の人望は非常に厚かった。そんな前川氏が自分の身を危険に晒してでも会見に臨んだのは、強い使命感からだった。

「彼を慕う文科省職員がマスコミに文書を流したと前川さんは悟り、役人生命にかけて告発した者のために闘わなければいけないと思ったのでしょう。今、前川さんは自宅から離れて都内に身を隠しているようだけど、それも奥さんが支えているはずです」(前出・寺脇さん)

※女性セブン2017年6月15日号

関連記事(外部サイト)