阿川佐和子の63歳結婚、とにかく多種多様な意見が噴出

阿川佐和子の63歳結婚、とにかく多種多様な意見が噴出

賛否の声が収まらない阿川氏の結婚報告

「けじめをつけられるってのはいいことだよね。ものすごくしっかりしたかただから。嬉しいですよ」と、芸能界のドン、和田アキ子(67才)が祝言を述べれば、梅沢富美男(66才)も、「立派だなぁ、あのババアもなかなか大したもんだよ(笑い)。一途で、かわいらしい女性だねぇ」と、相好を崩す。

 5月18日、阿川佐和子さん(63才)が『週刊文春』誌上(同日発売号)で結婚を発表すると、芸能界から祝福の声が相次いだ。

 気になるお相手は、元大学教授のS氏(69才)。ふたりの出会いは30年以上前にさかのぼる。当時、S氏には妻と4人の子供がいた。

《初めて二人で会ったのは、それからしばらくのちのこと。(中略)奥様がいらっしゃる身。あまり二人で出歩くのもよろしくないだろうと思い、その日の夜の別れ際に、「もう二人で会わないほうがいいと思います」とはっきり告げました》

 阿川さんは同誌の手記でそうつづり、一度は関係に一線を引いたことを明かした。その後、阿川さんがアメリカ留学から帰国して久しぶりにS氏に会ったところ、「奥さんと別居することになった」と打ち明けられ、次第に距離が縮まっていったという。

 3年前にS氏が前妻と離婚すると、「結婚するの?」と周囲が大合唱。いつの間にか外堀が埋まっていき、友人の脚本家、中園ミホさん(57才)の助言もあって、このタイミングで入籍を決断したのだという。

 かとうかず子(59才)が「まだ結婚できるんだ、って勇気をもらった」と称賛したように、“非婚女性の星”から一転、“晩婚化社会の希望”となった阿川さんだが、市井の声は意外にも(?)割れている。

「この年齢で寄り添っていくことを選ぶなんて、素敵な結婚だと思います」(50代女性)、「ただただうらやましい! 私も希望が持てた」(40代女性)。かような祝福の声が聞こえる一方、

「結局は略奪婚で、何年も愛し合った末の結婚というように、美談にされるのには違和感がある」(30代女性)
「このタイミングで入籍したことに打算を感じる」(30才女性)

 と、手厳しい意見も。世間の声は、胸キュンとモヤモヤが交じり合って深い。

◆「老いと介護」に直面した現実的選択

「体の変化に直面すると、人は変わります。体力の衰えや更年期障害などを実感し、パートナーとの関係を見つめ直したのでは」

 そう話すのは恋人・夫婦仲相談所所長の三松真由美さん(57才)。三松さんによると、婚活するシニア女性の大半は、相手に経済力を求めているという。だが、テレビ出演や執筆活動で多忙な阿川さんに収入面の心配はない。

「だからこそ、彼女の結婚は、老いを前にした心境の変化が大きかったのではないかと思うのです。更年期障害による精神不安や、思うように動かない体を前に、傍にいてくれるパートナーを求めるのは自然なこと。病を支え合い、老後を共に生きたいという強い思いが、事実婚ではなく入籍という選択に繋がったのではないでしょうか」

 阿川さんの年齢ばかりが注目されるが、S氏はさらに年上の69才。現実問題として、近い将来、介護の問題が確実に降りかかる。

「もし自分が寝たきりになったら…という恐怖は、えてして男性の方が強いものです。実際、婚活に励む高齢独身男性の多くは、結婚相手に求める条件として、『看護師の経験』や『栄養士の資格』など、明らかに介護を意識したものを挙げがちです。心のよりどころが欲しい女性と、介護を望む男性。互いの求めるものが一致したからこそ結婚した、という高齢カップルはやはり多いのです」(三松さん)

 阿川さんとS氏の胸の内はさておき、女性セブンの取材でも、ふたりの結婚を、「病気と介護を前にした現実的選択」と見る女性が多数いた。

「年齢的にも万が一、というケースは否定できないし、体をケアしてくれる人は欲しかったでしょう。来る老老介護に備え、健康管理上のメリットがあると判断したから入籍したんだと思う」(40才女性)

「結婚を強く望んだのは阿川さんではなく男性の方なんじゃないかな。だって先に倒れる可能性が高いのは彼の方でしょう。看病してくれる人が欲しかったんだと思う」(30才女性)

※女性セブン2017年6月15日号

関連記事(外部サイト)