2015年の「安倍談話」は「言論のパッチワーク化」の象徴

2015年の「安倍談話」は「言論のパッチワーク化」の象徴

片山杜秀氏(左)と佐藤優氏が「平成史」について対談

 歴史認識を巡って近隣諸国との諍いが絶えない。だが、それは今日に始まったことではない。昭和天皇の崩御を契機に、戦後日本の宿題が顕在化し始めた。同時期、国内政治では、55年体制の終焉という大きな節目を迎えている。田中角栄氏が亡くなり、55年体制が終焉した平成4~5年について、作家・佐藤優氏と慶應義塾大学法学部教授で思想史研究家の片山杜秀氏が語り合う。

片山:平成に入り、戦後日本が長らく抱えてきた問題が顕在化してきました。沖縄の基地問題や韓国の従軍慰安婦問題がそうです。そして今も、それは我々が向き合わねばならない課題として突き付けられている。

佐藤:韓国の大統領選で日韓合意の見直しを主張する文在寅氏が当選しました。そもそも日本政府が慰安婦問題で軍の関与を認めたのが平成4年のこと。翌年の河野談話で謝罪した。現在、保守派から問題視されている河野談話ですが、実は日本政府の一貫したスタンスを示しているに過ぎません。それは、関与はしたが補償はしないというものです。

片山:2015年の日韓合意で、戦後の日韓外交の積み重ねをすべてひっくり返してしまいましたけどね。

佐藤:そう。自社さ連立政権の村山内閣はアジア女性基金が集めた募金を元慰安婦に届けるという形をとった。でも日韓合意で拠出した元慰安婦支援の10億円は税金。これは日本の国家責任と補償を事実上認めたことを意味する。とすると次に韓国は徴用工問題を出してくるはずです。我々、外交に携わった人間からすると日韓合意は驚くべき政治決断ですよ。

片山:安倍政権を支えるのは、愛国者を自任する人たちです。本来の保守なら安倍政権に激怒してしかるべきなのに「安倍首相は慰安婦問題を前進させている」と語る人までいるのだから驚きです。安倍政権の歴史観は、第一次世界大戦後の妥協的な国際協調主義と軌を一にしているようにも見えます。保守でもなんでもない。むしろリベラルで、なおかつ、国家としての自尊心、歴史に対する敬意が乏しいようにも見えます。

佐藤:一昨年(平成27年)夏の安倍談話もそうでした。平成7年の村山談話では「遠くない過去の一時期」に国策を誤ったとあえて歴史の分節を曖昧にした。一方の安倍談話は「満州事変」で進むべき道を誤ったと明確にした。では、「満洲経営」を主導した岸信介の責任をどう考えるのか。ご存じの通り、安倍首相は祖父の岸信介を尊敬していると常々語っています。

 安倍談話は、これまでの自分の考えが間違っていたと捉えることもできる。政治家としての信念を問われかねない発言でした。

片山:深く考えないで話しただけな気もしますね。

佐藤:確かに文章の意味が分からずに読み上げた可能性はあります。とすると首相としての知性の水準を問われる。もう1つは、公明党や有識者向けに自分の考えとは別の発言を行ったとも考えられる。ただそれでは発話主体の誠実性を問われる。いずれにしても問題です。しかも悔い改めるという意味の“repentance”を使っているから、村山談話よりも踏み込んで反省を示したと受け止めることもできます。

片山:みんなが喜ぶフレーズをつなぎ合わせたパッチワーク談話でした。国際連盟やパリ不戦条約を絶対視してそこから日本がはみだしたのが間違いだとする最近の国際政治学者たちの論調の言いなりになっているところもあれば、愛国者やリベラルの喜ぶフレーズもあります。整合性はないのだが、誰も本気で怒らないようにはなっている。

 ネットというのはみんなが都合の良いところしか目にしないような性向をはぐくんできたでしょう。たぶんそのせいで、平成になってから政治家に限らず、言論のパッチワーク化が顕著になっている。安倍談話はその象徴でした。

■さとう・まさる/1960年生まれ。1985年、同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。主な著書に『国家の罠』『自壊する帝国』など。共著に『新・リーダー論』『あぶない一神教』など。本誌連載5年分の論考をまとめた『世界観』(小学館新書)が発売中。

■かたやま・もりひで/1963年生まれ。慶應大学法学部教授。思想史研究家。慶應大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。『未完のファシズム』で司馬遼太郎賞受賞。近著に『近代天皇論』(島薗進氏との共著)。

※SAPIO2017年7月号

関連記事(外部サイト)