小平市の樹林墓地使用料 遺骨1体12万、粉状遺骨4万円

小平市の樹林墓地使用料 遺骨1体12万、粉状遺骨4万円

都立初の樹木葬墓地として話題を集めた小平霊園

 これまでの価値観を覆すようなさまざまなお墓が登場している。今回は、東京都小平市にある都立小平霊園をノンフィクションライターの井上理津子氏が訪れた。

 * * *
 小平霊園には、都立霊園初の樹木葬的な墓地が2012年にでき、話題になったことが記憶に新しい。初年度は、500体の募集に対して16倍の応募が殺到。以降も人気を集め続けているという。

 最寄り駅は、新宿から西武新宿線で約30分の小平駅。意外に駅から近い。線路沿いに歩き、わずか6分で、小平霊園の正門に着いた。ケヤキ並木が続き、公園のような霊園だ。敷地面積は、東京ドーム約14個分にあたる約65万平方メートル。

 公益財団法人東京都公園協会の霊園課長、戸室光司さんと、小平霊園管理事務所長の八馬稔さんが対応してくださった。

「『死後は安らかに自然に還りたい』というニーズにお応えする墓地です。もともと樹林地だった霊園内の一画に設けました。一般的に『樹木葬』と呼んでもらって結構ですが、正確には『樹林型合葬埋蔵施設』略して『樹林墓地』と、『樹木型合葬埋蔵施設』略して『樹木墓地』です」(戸室さん)

 お役所用語はややこしい。両墓地は、正門から歩いて2、3分のところに並んでいた。すっきりしているなあ、というのが第一印象。50cmほどの高さの石垣の上に広がる、平らな芝生地だ。円形とも四角ともつかぬ形で、樹林墓地は約830平方メートル、樹木墓地は約650平方メートル。

 樹林墓地には「武蔵野をイメージする」というコブシ、ヤマボウシなど5種類8本の樹木。樹木墓地には、カツラの木が3本立つ。これらがシンボルツリー。献花台と焼香台が用意された参拝所に立つと、一般墓地に林立する木々が背景だ。

 今年も、7月から募集申込みが始まる。昨年度の「申込みのしおり」を見ても、仕組みが今ひとつわからないので、細かく説明を仰いだ。つまり、こうだ。

【樹林墓地】
・埋蔵予定数=約1万700体
・遺骨の形態=遺骨のまま、または粉状遺骨(パウダー化させる)を絹の袋に入れる
・埋蔵方法=樹木の下に、27のカロート(納骨スペース)が設置されている。それぞれのカロートに約400体の遺骨を入れる。カロートの下は土。土の上に遺骨袋を並べ、いっぱいになると土をかぶせ、その上にまた遺骨袋を並べる
・使用料=遺骨1体12万3000円。粉状遺骨1体4万1000円(2016年度)

【樹木墓地】
・埋蔵予定数=約2880体
・遺骨の形態=遺骨を絹の袋に入れる
・埋蔵方法=カロートはなく、樹木周辺の芝生をはがし、約30cm四方の穴を掘り、個別に1体ずつ土の中に埋蔵する
・使用料=18万3000円(2016年度)

 昨年度は、1600体を募集した樹林墓地の倍率は10倍だった。だが、300体を募集した樹木墓地は1.7倍で、そのハードルは、意外とそう高くない。

 一般墓地のように継承者が要らないのも、人気の理由だという。それにしても使用料が安い。一般墓地に比べて「大事にされない」故人が埋葬される率が高いのか――と聞くと、即座に否定された。

「お参りに来る人は、むしろ一般墓地より多いと感じます。毎年、5月4日のみどりの日に、樹林・樹木墓地の『献花式』を行っていますが、今年も約800人のかたがたが参列されました」(八馬さん)

 訪れたのは平日。取材が終わった午後3時から2時間、参拝所に居残ったところ、4組6人の墓参者がやって来た。

 世田谷区から来た女性(58才)は、4年前に亡くなった父が樹木型墓地に眠っているという。「姉が『抽選に当たりっこないから』と申し込んだら、当たっちゃって。見に来たら、開放感があって素敵で、進歩的だった父にふさわしいと思ったんです」

 出来る限り、月命日に墓参しているという。「父は元教員。晩年は傾聴ボランティア活動を熱心にしていたので、大勢がご一緒のこのお墓の中で、またリーダーになって楽しくやっているんじゃないかしら。父がご一緒させてもらっているかたがた全員に手を合わせていますよ」と、にこやかに話してくれた。

 母の日の直前だった。「今日、仕事が急に休みになったので」と赤いカーネーションのアレンジメントを手に、杉並区から来た男性(29才)は、「還暦前に、急に、だったんです」と3年前に逝った母のことを少し語り、「この春(自分に)子供が生まれたんですが、母に見せたかったとか思いますね」。

 この墓地は、父が決めた。「たぶん、単に普通のお墓を買うお金がなかったからでしょ」と言う一方で、「手を合わせる気持ちは、普通のお墓でも樹木葬でも変わらないと思います。父と近所に住んでいても滅多に会わないのに、ここでばったり2度も会った」と語った。

※女性セブン2017年6月15日号

関連記事(外部サイト)