石原さとみ、のん、常盤貴子も 聖火ランナーの走行予定表

石原さとみ、のん、常盤貴子、竹下景子、羽田美智子ら聖火ランナーの走行予定表

記事まとめ

  • 東京五輪の聖火リレーは3月26日に福島県からスタートし47都道府県を約4か月かけて回る
  • 石原さとみ、のん、竹下景子、紺野美沙子、羽田美智子、常盤貴子らが走る予定だという
  • 綾瀬はるかも『コカ・コーラ』のCMキャラクターとして聖火ランナーに内定しているそう

石原さとみ、のん、常盤貴子も 聖火ランナーの走行予定表

石原さとみ、のん、常盤貴子も 聖火ランナーの走行予定表

生で見られるかも(写真/共同通信社)

 至近距離で憧れの人に会えるかもしれない──。3月26日に福島県からスタートし、47都道府県を約4か月かけて回る東京五輪の聖火リレー。1月以降、各都道府県で聖火ランナーが続々と発表されている。

 石原さとみ(33)、のん(26)など若手人気女優から竹下景子(66)、紺野美沙子(59)、羽田美智子(51)、常盤貴子(47)など大御所女優まで、有名人が目白押しだ。

「聖火ランナーはコースさえ分かれば、誰でも間近で見に行くことができる。竹下景子や紺野美沙子クラスの女優を生で、かつ無料で見られる機会はそうそうないので、ファンにとってはとても貴重な機会だと思います」(芸能ジャーナリストの三杉武氏)

 すでに走行ルートが判明しているのが常盤だ。

「朝ドラ『まれ』に出演した縁で、舞台になった能登半島を走ることになりました。6月2日に和倉温泉街(石川県七尾市)の約300メートルを担当すると報道されています」(スポーツ紙記者)

 竹下と紺野は4月4〜5日のいずれかで岐阜県内を、羽田は7月6日に茨城県内を走ることが決まっている。

「若手では、6月17日にのんが朝ドラ『あまちゃん』ゆかりの岩手県内を走り、石原さとみは5月8日に長崎県の南島原市内を走る予定となっています」(同前)

 綾瀬はるか(34)も大会スポンサーである『コカ・コーラ』のCMキャラクターとして聖火ランナーに内定しているが、走行ルートも日付も未定。

 有名人聖火ランナーの大まかな走行ルートは上表にまとめたが、「より詳細なルートは後日、東京五輪の公式ホームページで公開されます」(東京2020聖火リレーメディア事務局)とのこと。

 聖火ランナー1人あたりの走行距離は200〜300メートル程度とわずかな距離なので、貴重な機会を逃さないよう事前に情報をチェックしておきたい。

※週刊ポスト2020年2月21日号

関連記事(外部サイト)