金密輸 1か月に1トン扱うグループは月間50億円動かす

金密輸 1か月に1トン扱うグループは月間50億円動かす

あの手この手で密輸 東京税関成田支署提供

 金塊やそれを買い付けるための大金を強盗するなど、金の密輸にからむ事件が多発している。大手の密輸業者によれば、金密輸による利益は最大でも消費税相当分の8%で、手がける者は半グレ集団が中心だという。金密輸の最前線にノンフィクション作家の溝口敦氏が迫る。

 * * *
 半グレの中には1か月に1トン扱うグループが3グループあるとか。その場合、1業者が動かすカネは月間50億円に上り、儲けは最大4億円となる。また香港などの海外マフィアが参入するケースはほとんどない。参入のメリットがないからと業者はいう。

「1回数人の運び役は間に合わせで動員するから、ハンパな人間が多く、外に情報を洩らす。金塊や現金の横盗り事件が多いのはこういう連中から、買付資金の給付や売却の場所、日取りなどがバレるからです。

 で、資金力があるグループは今、金塊を船で運ぼうとしている。それも特殊な浮き輪を用意し、金を入れると水深5メートルほどに沈む工夫をしている。この浮き輪を船で曳航して日本の港に入り、税関検査が終わった後、こっそり金を回収する段取りです」

 確かにこれなら大量に金を持ち込めそうだ。多くの人間を動員する手間暇も経費も要らない。また金の先物取引を利用し、金を動かさず、書類上だけの取り引きで消費税の還付が受けられないか研究しているグループもあると聞く。

 200万円以上の金の売買では売り手の住所や氏名の確認が求められる。身分が割れれば、後で税務署が把握し、消費税の支払い命令が来る。どうやってすり抜けるのか。

「金の取扱店に持ち込めば氏名住所を確認されますが、世の中には金のインゴットに正規の刻印さえ打ってあれば、それ以上の出所は求めない買い手がいくらでもいます。

 まあ、こういう人はほとんどが相続税対策でしょう。金なら値上がりも見込め、タンス預金より数段いい。しかも相続のとき、税務署の目から隠し通せる可能性もある。こういう人間はいつ、誰からその金を買ったのかという書き付けなど、頭から必要としていない。今、家庭用金庫がものすごく売れていますが、それと金需要は連動してるんです」

 金密輸業者はある面、世の需要に応えている。だからか、扱っているのは金のインゴットばかりではない。全世界で値段が決まっているメイプルリーフやカンガルーなどの金貨も手掛けるし、プラチナや銀も扱う。つまり単一の金市場に、オモテも裏も業者は何食わぬ顔をして住み分けている。

●みぞぐち・あつし/1942年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。『食肉の帝王』(講談社刊)で講談社ノンフィクション賞を受賞。『闇経済の怪物たち』(光文社新書)、『薬物とセックス』(新潮新書)など著書多数。

※SAPIO2017年7月号

関連記事(外部サイト)