佐藤優氏「田中角栄は永遠に生きたかったんじゃないか」

佐藤優氏「田中角栄は永遠に生きたかったんじゃないか」

1972年、自民党総裁に選出され万歳 共同通信社

 歴史認識を巡って近隣諸国との諍いが絶えない。だが、それは今日に始まったことではない。昭和天皇の崩御を契機に、戦後日本の宿題が顕在化し始めた。同時期、国内政治では、五五年体制の終焉という大きな節目を迎えている。田中角栄氏が亡くなり、五五年体制が終焉した平成4~5年について、作家・佐藤優氏と慶應義塾大学法学部教授の片山杜秀氏が語り合う。

片山:ソ連の崩壊から30年が過ぎようとしているいま、そうした前提を知らない世代が誕生した。たとえば日本の大学ではソ連崩壊を境に、教授たちはマルクス主義の看板を下ろしてしまった。日本の敗戦後に教科書が墨塗りになったのと似ていました。ソ連崩壊時の大学生はいまや50歳。あそこで歴史が切断されて脈絡が飛んでしまったような気がします。

佐藤:そう考えると平成という時代は、時系列の単純な積み重ねで成り立っているのではなく、いわば、ぐちゃぐちゃの雑炊のようなものと考えた方がいいかもしれない。

片山:なるほど。ポストモダンは80年代の流行語でしたが、真のポストモダンは平成に訪れたのかもしれませんね。いろんなブームが時代を超越して筋道抜きで登場する。最近の田中角栄ブームもそうです。田中角栄を参考にしても今の日本がよくなるはずがない。

佐藤:この状況で田中角栄の真似をしたらめちゃくちゃになるでしょうね。田中角栄は「今太閤」というイメージで語られますが、俗人的な要素が過大評価されている。

片山:戦後史で重要な役割を果たした人物には違いないけれど、もしも田中角栄がいなかったとしても高度成長期に同じような立ち回り方をした政治家は出てきたはず。

佐藤:そう思います。ただ彼はほかの政治家が決してやらないことをやった。これは鈴木宗男さんに聞いた話です。田中角栄は、かつて赤坂にあったホテルニュー赤坂というラブホテルの従業員を抱き込んで宿泊者リストを届けさせていたらしいんです。それで「昨日はハッスルしたらしいね」なんて声をかける(笑)。

片山:すごい。まさにインテリジェンスですね。そんなことされたら言うこと聞いちゃいますよね。まさに忖度するしかない(笑)。

佐藤:そのえげつなさが金とともに彼の権力の源泉となった。ただ佐藤栄作らとは違い、背後に院外団【※注】のような暴力装置の影は感じない。

【※注/議員でない党員が組織した政治団体。戦前には議会や議員に圧力を加えた。また反対政党への攻撃や要人の警備なども行った】

片山:田中角栄の上の世代の政治家は旧軍人人脈などの暴力装置と結びついていた。けれど田中角栄は戦後の成金だった。だから暴力じゃなくて、金だった。

佐藤:そう。金なんですよ。あれほど個人的に蓄財する政治家は珍しい。私は、田中角栄は永遠に生きたかったんじゃないかと思うんです。金をどんどん増やすことで永遠に影響力を維持できる、と。

片山:金を貯め続ければ、田中派もどんどん成長する。ずっと大きくなり続ける……。刹那と永遠が結びついた資本主義の幻影に囚われていたのでしょうか。そんな政治家が、五五年体制が終わった平成5年に亡くなった。何かを象徴している気がしますね。

●さとう・まさる/1960年生まれ。1985年、同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。主な著書に『国家の罠』『自壊する帝国』など。共著に『新・リーダー論』『あぶない一神教』など。本誌連載5年分の論考をまとめた『世界観』(小学館新書)が発売中。

●かたやま・もりひで/1963年生まれ。慶應大学法学部教授。思想史研究家。慶應大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。『未完のファシズム』で司馬遼太郎賞受賞。近著に『近代天皇論』(島薗進氏との共著)。

※SAPIO2017年7月号

関連記事(外部サイト)