ネットの反差別運動の歴史とその実態【3/4】

ネットの反差別運動の歴史とその実態【3/4】

トレンドワードにも入った「ぱよぱよちーん」とは?(ヤフーリアルタイム検索より)

 ネットニュース編集者・中川淳一郎氏による「ネットの反差別運動の歴史とその実態」レポート(全4回中第3回・文中一部敬称略)。

 * * *
 こうした流れがあった中、日韓関係に目を向けてみよう。2013年2月、新たに韓国大統領に就任した朴槿恵は従軍慰安婦問題等を含めた「告げ口外交」を海外諸国に対して繰り返し、徹底的に日本を悪者にする戦略に出た。日米韓首脳会談でもカメラがいる場では安倍に対してそっけない態度を取り、オバマ大統領を困惑させた。当初、朴は親日派だと韓国内で捉えられていたため、朴自身も支持率を上げるためには安倍及び日本に対して強気の姿勢を見せればいいと考えていたのだ。そして、2014年7月、舛添要一・東京都知事が韓国を訪問し、朴にへりくだるかのようなお辞儀をしている様が多数報じられた。さらには、東京都が新宿区の土地を韓国学校拡充のために用意するといった宣言も2015年3月にし、舛添に対してはネトウヨを含め嫌韓派からリコール運動も発生した。

 しかし、この段階で韓国はもはや経済的にもガタガタで、「ヘル朝鮮」と言われるほど若者にとっては希望のない状態に落ち込んでいた。2016年には朴槿恵と40年来の友人・崔順実による収賄等の疑惑が発覚。ソウルでは毎週のように数万~100万人規模の朴槿恵退陣要求デモが発生する状況になっていた。

 基本的にネトウヨを含めた差別主義者は、韓国が元気であればあるほど、そして「反日」をする余裕があるほど養分が与えられ、元気になり路上に繰り出し、ネットで呪詛を吐き散らかす。だが、2015年以降、もはや韓国は反日をするどころではなかった。国内経済を立て直すことが急務で、反日で支持率を上げようといった小手先の戦略が通用しないほどになっていたのだ。朴槿恵も就任当初の強気な告げ口外交は鳴りを潜め、日本側も「嫌韓」どころではなく「呆韓」になり、あとは「忘韓」状況になった。国際関係においては、イスラム国の台頭に伴う邦人の拘束などもあり、韓国の存在感は下がりまくっていた。また、朴槿恵があまりにも反日的な態度を示していただけに、かの国が苦境に陥ろうがどうでもよくなっていた。

 だから、ネトウヨにしてもデモをするにも題材が見つからない、といった状況になっていったのだ。そんな中、反差別界隈が目を付けたのは「差別をしている」と自ら認定する人間への攻撃である。とにかくネトウヨが活動意義を見出せず活動自体が盛り下がる中、反差別界隈はなかなか運動の成功が忘れられず、ターゲットを次々と見つけるようになる。それこそその対象は本来「反差別」の点で一致していたリベラル派の人間に対しても及んだ。ちなみにこの間に、大阪で「しばき隊リンチ事件」も発生している。これは2014年12月16日のことである。これについては後述する。

 本来はリベラルと言われる人間であろうとも、ネトウヨ認定をし、一斉に攻撃をしかけてきた件について、その象徴的な騒動が「女性器アート」で知られる漫画家・芸術家のろくでなし子にまつわるものだ。彼女が「マンボート」という自身の性器をモチーフにしたカヌーをクラウドファンディングで作ろうとした際、寄付をしてくれた人に自身の性器の3Dデータを特典として頒布することにした。クラウドファンディングは成立し、カヌーは完成したのだが、警視庁がわいせつ物頒布等の罪等で2014年7月に彼女を逮捕したのだ。さらに同年12月、作家・北原みのりの経営する女性向けアダルトグッズショップにて「デコまん」という性器をモチーフとした作品を展示したことからわいせつ物公然陳列の疑いで逮捕された。

 この時、ろくでなし子の支援に回ったのが反差別界隈も含めたリベラル陣営である。逮捕の理由も不可思議なものだし、表現の自由を守るためにもろくでなし子の逮捕は「不当逮捕」であるといった見方をしたのだ。結果的にろくでなし子は起訴され、裁判に突入。この段階ではろくでなし子は反差別界隈にとって「神輿」の一人だった。裁判費用のカンパも集まった。しかし、事態が急変したのが2015年11月の「ぱよぱよちーん」騒動だ。

 この騒動の発端は、はすみとしこという漫画家が描いたシリア難民を揶揄するイラストに端を発する。実在するシリアの少女をモチーフにイラスト化し、彼女が不敵に笑う背景の後ろにこうメッセージを書いた。

「安全に暮らしたい 清潔な暮らしを送りたい 美味しいものが食べたい 自由に遊びに行きたい おしゃれがしたい 贅沢がしたい なんの苦労もなく生きたいように生きていきたい 他人の金で。 そうだ難民しよう!」

 これが差別的だと批判が殺到したのだ。はすみは海外サイトstepFEEDが選ぶ「シリア難民に最悪のリアクションをした7人」にドナルド・トランプやFOXニュースとともに選出された。このイラストは、ジョナサン・ハイアムという写真家による写真を、はすみがトレースして作ったものだった。こんな使われ方をされたことにハイムはショックを受けたとツイート。また、はすみが恥知らずだと批判した。後にはすみはフェイスブックからこのイラストを削除した。

 そして、はすみのフェイスブックでこのイラストに「いいね!」を押した(ないしは他の方法での支持表明)人物約340人の名前・所属・出身校等フェイスブックに公開していたデータを反差別界隈の一人がリスト化した。これを「はすみリスト」と言う。そこにツイッターユーザー「反安倍 闇のあざらし隊」(以下「あざらし」)を名乗る反差別界隈の活動家がネットで晒すと宣言。これを「はすみしばきプロジェクト」という。その宣言通り、実際にその情報はウェブ上に公開された。

◆「ぱよぱよちーん」発言でレイシスト認定

 当時、反差別界隈はネトウヨ以外からもその攻撃性からすでに叩かれる存在にはなっていたが、さすがに個人情報晒しはやり過ぎだろうということであざらしに対して批判が殺到。だが、あざらしはレイシストに対してはそれくらいしなくてはいけない、といった主張をし、自身の行為の正当性をアピールした。

 実際にリストを作ったのは別人だったものの、その後の公開などに積極的に関与したのがあざらしであることから、あざらしの個人情報暴き運動がネット上で開始したのである。いわゆる「ブーメラン」というヤツで、やられたらやり返す、ということだ。そんな時、突如として現れたのが元タレント・千葉麗子だ。彼女のツイートをきっかけに、あざらしがセキュリティソフト関連の会社に勤務する男性・Kであることが明らかになり、さらには千葉とKのツーショット写真も過去の千葉のツイートから発掘された。後に千葉は『さよならパヨク』という書でKと愛人関係にあったと明かしている。出会ったきっかけは、反原発運動である。そして「ぱよぱよちーん」についてだが、2013年末から2014年1月初旬にかけてのKから千葉へのツイートがまとめられた。そこにはこんな言葉が並ぶ。ハートマークや絵文字付きの実にファンシーなツイートの数々である。

〈レイちんぱよぱよちーん 今日は後ほどにゃん〉
〈レイちん、あけおめ、ぱよぱよちーん 今年も力を合わせてがんばろ〉
〈レイちんぱよぱよちーん 大晦日デートで前髪切ってあげようかにゃ〉
〈普段はハードコアなのですが、レイちんにはデレデレになってしまうものでww〉

「レイちん」が千葉麗子のことで、ぱよぱよちーんは「おはよう」の意味である。レイシストに対する激しい言葉での罵倒を繰り返す、当時50代中盤のKのこれらの発言にネットの一部では大笑いが起きていた。Kの口ひげを蓄えたダンディな顔写真もすでに公開され、セキュリティ専門家としてのスーツをビシッと着用してインタビューに答えるサイトのURLも発掘された。そんな人物が一人の女性に対しては「ぱよぱよちーん」である。ツイッターのトレンドワードにも「ぱよぱよちーん」が入り、ネトウヨも含め、この数日、この言葉は2ちゃんねる、ツイッターで濫用される言葉となったのである。そして、同時に身バレしたKをおちょくるためにも使われた。

 結果的にKが勤務する企業(外資)の日本法人社長のツイッターにも「セキュリティを守る会社の人間が個人情報晒しをしていかがなものか」といった問い合わせが寄せられ、電凸も相次いだのだろう。Kは会社を去ることとなる。ここで反応したのがろくでなし子である。彼女はこうツイートした。

〈ぱよぱよちーん♪って、すごく腹が立ったり深刻な状況の時とかにつぶやくと、ど~でもよくなれそうで、なんかいいナ。ぱよぱよちーん♪♪♪〉
〈ぱよちん音頭で  ぱよぱよち~ん♪ぱよちん音頭で ぱよぱよち~ん〉

 すると、反差別界隈から一斉に批判が寄せられたのである。最初は敬語で諫めるものが多かったが、後に罵倒になっていく。以下は初期の頃の穏やかな「諫め」である。だが、「ぱよぱよちーん」という言葉を使うとネトウヨ、というのは論理的飛躍があり過ぎる。差別の闘士・K氏を揶揄しているからネトウヨ、といった理屈だろうが、そもそも「ぱよぱよちーん」は語感が面白すぎる。だからろくでなし子は使ったのだ。

〈ろくでなし子さんがネトウヨに乗っかるんですか?〉
〈これはないでしょう。ネトウヨとコラボするつもりですか〉
〈ほお、ネトウヨ側に立つと〉
〈マジでショックです〉
〈まだ削除して謝れば間に合うと思いますよ。ろくでなし子さん自身たくさんのデマや曲解に晒されてきたと俺は認識してますが、その揶揄の相手が今まさにそうだということに思い当たらないのですか?〉

 最後のコメントなどワケが分からない。なぜ「ぱよぱよちーん」と書いたら謝らなくてはいけないのだろうか。本稿冒頭(前編の記事)で紹介した「奇妙な果実」の発信者であるBuddyLeeも「ハイ。ゴミ確定」とツイートした。そして、ろくでなし子をレイシスト認定する流れが来た。また、「裁判で支援したのに…」といった意見も来た。この流れが意味するものは、差別の闘士である正義漢であるK(あざらし)をネトウヨと一緒におちょくるとは貴様もレイシストだ! という決めつけである。だが、ろくでなし子自身は基本的には超個人主義で、自分がやりたいことだけをやる人物である。だから「表現の自由の闘士」として勝手に祭り上げられたといった感覚は持っていたし、困惑もしていたようだ。

◆重視するのは「発言内容」より「発言者」の名前

 また、彼らに特徴的なのはいくら匿名のツイッターユーザーが「ぱよぱよちーん」と書こうが批判はせず、名前の立った人物やフォロワーの多い人物だったら攻撃に来る点である。傾向としては「何を言うか」以上に「誰が言うか」を徹底的に重視している。叩く相手も選んで、よりダメージが多くなりそうな人間を選別しているのである。それまでの反差別界隈による「敵認定」した人間の封じ込めの手法はこんな感じである。

【1】(彼らが考える)問題発言の主を発見する
【2】批判を加える。
【3】野間など中心的な人物が突撃の号令とも取れるツイートをする
【4】一斉にその発言者を罵倒する
【5】反論をしようものなら、さらに激しく罵倒をする
【6】時にはtogetterでまとめたりもする
【7】所属先が分かる場合は電話・メール・ツイッターで「おたくの会社には差別主義者がいる」と一斉通報をする
【8】最終的に謝罪の言葉を引き出すか、音を上げさせてアカウント削除に追い込む

 ここまでやられると大抵の人は心が折れ、反差別界隈に屈することとなる。そしてレイシスト認定のレッテルだけが残ることとなる。しかし、ろくでなし子はまったく動じなかった。押し寄せる糾弾者をちぎっては投げ、時には「ぱよぱよちーん」と挑発し、いつしか反差別界隈の反応こそ異常といった空気を醸し出すことに成功したのである。そりゃそうだ。元々の騒動の発端が「『ぱよぱよちーん』とツイートしたらレイシスト」というどうでもいい言いがかりなのだから。顔を真っ赤にしてろくでなし子を叱る人々の方が滑稽に見えて当然だろう。それまでろくでなし子を「変なアートを作る逮捕経験者」程度の扱いをしていた人々が「しばき隊の攻撃に一切めげない強い女」として支持するようになっていく。ろくでなし子自身はこの時の攻撃については「警察の苛烈な取り調べを経験している私がこの程度で折れるわけがない」と語っていた。そして、産経系のウェブサイトironnaのインタビューでもこの時のことを振り返っている。

〈わたしはK氏が気の毒な反面、自業自得でもあることと、パッと見が強面の印象のK氏が「ぱよぱよち~ん」と過去につぶやいていた事実に、おもわずクスリとしてしまいました。

「ぱよぱよち~ん♪」

 なんて間抜けで愉快なフレーズでしょう。口にした途端、誰もが脱力感とほっこりとした楽しい気分にとらわれるはず。

 そこで、わたしはおもわず自分のTwitter上でも「ぱよちん音頭でぱよぱよち~ん♪」と無邪気につぶやいてしまいました。わたしのフォロワーさんもこの間抜けなフレーズに反応し、一緒になってぱよぱよちんちんつぶやいていたところ、突然、しばき隊関係者かその一派であろう人たちから「その言葉を使うな!」「削除しろ!」とものすごい剣幕でわたしを威嚇するリプライをしてきました。〉

 しばき隊がろくでなし子をレイシスト認定しようにも、彼女にはその認識はない。単に「面白かった」というだけの理由で使っていたら突然攻撃をくらい、「だったら売られたケンカは買ってやる」とばかりにろくでなし子はツイッター上でしばき隊とケンカをし続けたのだ。いや、ケンカというよりは合気道かもしれない。元々は反差別界隈の「神輿」の一つであったろくでなし子だが、この段階で完全に敵となった。そこでとばっちりを食らったのが女性の人権問題に取り組み、AV出演強要問題などにもかかわるNPO法人ヒューマンライツ・ナウの伊藤和子弁護士である。

 12月、ろくでなし子に対する攻撃は収まっていたが、しばき隊と散々ツイッターでやり取りをした結果、野間に対しては妙なシンパシーを感じていたようである。野間のことを「野間っち」という呼び方をし、野間と12月27日に飲み会をやることを提案していた。クリスマスムードも高まる12月10日、ろくでなし子はこうツイートした。

〈♪も~ろびと~ こっぞ~り~て~ しば~きま~せり~♪
しばきませ~り  しばきませり~
しばぁ しばぁ~あ  しばきませり~~~♪〉

 これに対し、反差別界隈からも仲間認定されていた伊藤が「思わず笑っちゃうな きっと楽しい人なんだろうな♪ タフだし」とツイート。すると、これにかみついたのが李信恵だ。

〈あなたも本当にダメですよね、明日の朝にヒューマンライツ・ナウに連絡します。今からでも連絡して下されば電話に出ますよ。何に乗っかったか、ほんまいい加減にしてくださいね。〉

 まさかの伊藤への敵認定である。つまり反差別界隈の「敵」となったろくでなし子に共感するようなツイートをした伊藤も「敵」という認定である。これは彼ら基準からすれば、よくあることだ。恐らくしばき隊ウォッチャーとして日本で最も詳しいのは「田山たかし(現・田山さとし)」というツイッターのIDだろう。田山は元々は韓国・在日ウォッチャーで、朝鮮総連や朝鮮学校に批判的なスタンスを取る。北朝鮮本国との繋がりがあるにもかかわらず、かの国の問題に対し、在日本の北朝鮮関連組織が問題解決をしない点を追及してきた。韓国政府や韓国の市民団体の反日的活動にも批判的である。となれば、親韓・親北朝鮮的な反差別界隈もウォッチ対象となり、連日のように反差別界隈によるツイートを晒し、矛盾点やダブルスタンダード的な部分を突いている。まさに反差別界隈としては天敵のような存在だ。

 そんな田山は反差別界隈からすると「レイシスト」であり、田山のツイートをRTすると「田山たかしをRTするお前はレイシスト」といった認定を食らうようになる。私が「田山は無用な差別的発言はしていないだろう」と指摘をしたらなぜか「中川淳一郎は田山たかし信者」ということになってしまった。さらにAERAの女性記者が田山のツイートをRTし、共感を意味する「ほんこれ」とつぶやいたところ、反差別界隈から批判が殺到した。彼女自身は普段からリベラルと目されていたため、残念がられたのである。結局本稿で何度か登場したが、反差別界隈が何よりも重視するのは、発言内容ではなく、発言者の名前なのである。その人物が「敵」か「味方」か、「レイシスト」か「反差別の闘士」かで発言の内容がどうあれ、批判か称賛を行う。一旦敵認定してしまうと、それを取り下げるわけにもいかなくなるため、本当はいくら共感した立派な内容であろうがおおっぴらに称賛するわけにはいかない。

◆「しばき隊リンチ事件」と身バレ騒動

 敵か味方の認定については、界隈の中心人物の判断を待つこととなる。それこそ野間や李といったあたりの認定を待つ。いざ認定がくだったところで一斉攻撃が開始する。本来リベラルというものは多様性を重視するはずだったのだが、結局は1960年代の左翼と同様の行動様式で内ゲバを繰り返し、仲間が去っていくのだ。その最たる例が「しばき隊リンチ事件」である。2014年12月16日に発生した件で現在も裁判が継続中だが、概要をザッと述べる。

 この件はカウンター内部で発生し、ネトウヨが関わっているわけではない。いわゆる内ゲバである。被害者はカウンター活動をしていた大学院生・Mで、加害者はLである。Lが右翼からカネを受け取っていたのでは、という噂を聞いたMはカウンター活動のメンバー・Bにそのことを相談。BがLに「Mから聞いたのだが…」とその噂話をしたところLは激怒。12月16日、大阪・北新地の飲み屋にMを呼び出し、1時間にわたり店外でLがMに暴行を加えた事件だ。その場に居合わせたカウンターのメンバーは、この暴行を止めず、救急車を呼ぶこともなく店の中で酒を飲み続けた。この事件発生後、カウンターメンバーによる口封じと隠蔽工作が開始する。そこには、大学教授らも関与が疑われている。Mも自身がこのことを告発した場合、カウンター活動を阻害することになると考え、警察に訴え出ることを躊躇していた。仲間と活動を一旦は守ろうとしたのだ。だが、その後のメンバーによるデマ扱いなどもあり、裁判を起こした。

 この際、野間によるMの本名晒しや、関西学院大学教授・金明秀による「M(実際は実名)、おまえ、自分を守ってもらってるっていう自覚はあるのか? 自分の彼女を守ってもらってるっていう自覚はあるのか?」という恫喝めいたツイートもあった。予め身の危険を感じていたMは靴の中にICレコーダーを仕込んでおり、生々しい暴行の様子はネット上に文字起こしもされて残っている。

 この件で批判されたのが、カウンター界隈で発生したハッシュタグ「#Lは友達」運動である。これはカウンターが一致団結し、Mを孤立化させる効果をもたらす効果があったとされ、卑劣な行為と断じられるようになった。この頃になると、反差別界隈から抜け出す者も増え、在日からも批判が寄せられるようになる。さすがにリンチは一線を越え過ぎたのである。場合によってはMの命にもかかわる事態になっていたのだからそれも当然だろう。反差別界隈に批判的な者に情報提供をする元カウンター参加者も出るようになっていった。

 2015年11月~12月の動きとして大きかったのは「闇のキャンディーズ」身バレ騒動である。これは、カウンター活動をしていた「闇のキャンディーズ」が、在特会系のデモに参加する女性に対し「豚のエサにしてやる」などと暴言を吐いていたところ、新潟日報の部長であることがバレてしまった件だ。この時の身バレを追及したのが新潟水俣病訴訟等で知られる新潟在住の弁護士・高島章である。ぱよぱよちーんのKに続く2人目の身バレ、しかもまたもや50代と見られる定職に就いた男性である。結局キャンディーズは異動させられ、2016年3月に会社を去っている。反差別運動にかかわり、過激化し過ぎてしまった結果会社を去った人物はもう一人いる。デモ等で使うポスターやフライヤー等のデザインに関わっていたbcxxxである。優秀なデザイナーとして知られていたが、彼も身バレし、職場に抗議が殺到し会社を去ることとなった。また、後に「チャンシマ」も大手証券会社の部長であることがバレ、同社に対して街宣がかけられる事態となった。その後、彼のポジションには別の人物が就任した。

 反差別の運動をすること自体は何も悪くないのだが、「正義」の御旗のもと、あまりにも彼らは罵倒をし過ぎた。いずれの人物もネット上のハンドルネームを使って罵倒をしていたのだが、いざ現実世界とそこをリンクされるとネトウヨからの抗議も殺到し業務妨害をされる以上、もはや上司からすれば「困った部下」ということになる。野間のようなフリーランスはさておき、失う立場のあるサラリーマンがのめり込んで先鋭化するのは危険である。「レイシズムを抑えるには乱暴な言葉も辞さない」という野間の考えは当初は有益だっただろう。だが、ネトウヨが弱体化し、もはや影響力も低下している中、あれほどの乱暴な言葉は必要だったのか。あまつさえ、ネトウヨでも差別主義者でもなんでもない者に対しても、猛烈に汚い言葉で罵倒をしてくる。もはや反差別界隈は一般の支持は得にくい状況になっていた。そして、あれだけ称賛を続けていたメディアもリンチ事件もあったせいか、彼らのことはスルーするようになっていった。

 キャンディーズの身バレ騒動の後、2015年末のしばき隊をめぐる動きとしては、12月27日の「ろくでなし子オフ会」がある。11月のぱよぱよちーん騒動を経てツイッターでやり取りをしたろくでなし子と野間が飲み会をすることになったのだ。公開討論実況中継も事前に決められた。これらのやり取りの中、野間は終始攻撃的で、ろくでなし子は「野間っち」と呼び、呑気な対応をしていた。そんな状況下で野間を誘ったわけだが、野間は渋々ながら了承。参加者も公で募ることとなったのだが、「ろくでなし子の弟子」を自称する高島章弁護士の参加が決定。他にも「ネット実況少年」「ドローン少年」として知られるノエルも参加。そして現在「しばき隊評論家」を名乗る愛媛の自動車販売会社社長・合田夏樹も参加した。合田は現在は田山たかしに次ぐ「しばき隊ウォッチャー」のような存在になっているが、当時は無名の存在だった。新宿の居酒屋に十数名が訪れ、野間も約1時間半遅れで登場。反差別界隈からは男組・高橋直輝ともう一人が来た。野間は到着してすぐ、ノエルの実況が不快だったのかカメラをはたき、ノートPCを閉じさせたという。

 この飲み会に参加したろくでなし子の担当弁護士である山口貴士はツイッターでこう振り返っている。「一次会お開き。野間さん、ついに議論に応ぜず。逃げたと言われないためだけに来たとしか思えません」「野間さんは、高島弁護士やろくでなし子の相手は避け、他の女性参加者相手には饒舌」。そして、野間は解散後ツイッターで「ろくでなし子の飲み会行ったけど、来てるやつ全員きもいやつだった……。」と感想を述べた。なお、山口弁護士は、森友学園・籠池泰典前理事長が証人喚問に登場した際の弁護士である。

 余談になるが、2016年10月、ろくでなし子は警視庁による逮捕をきっかけに、アイルランドのロックバンド・ウォーターボーイズのボーカルであるマイク・スコットから関心を持たれ、出会った。そしてこの2人は結婚するに至ったのだ。ろくでなし子は「仲人は警視庁」と語っている。私も2人の結婚パーティに参加したが、スコットは新曲『Payo Payo Chin(ぱよぱよちーん)』を披露した。参加者に配られたCDにもこの曲は収録されている。スコットによるとこの曲は「愛する2人の朝の挨拶を歌った曲」ということで、ろくでなし子が「差別主義者!」と糾弾されたような意味合いの意図は込めていないという。(続く)

関連記事(外部サイト)