宮内庁内部の安倍派が「陛下公務否定」報道に過剰反応

宮内庁内部の安倍派が「陛下公務否定」報道に過剰反応

5月27〜29日、植樹祭にご臨席された両陛下

「国民体育大会」「全国豊かな海づくり大会」と並んで、天皇皇后両陛下が毎年足を運ばれる『三大行幸啓』の1つが「全国植樹祭」だ。5月27~29日、両陛下は植樹祭へのご臨席のため富山県を訪問された。

「両陛下は式典でタテヤマスギなどの苗木を植えられました。また、『高志の国文学館』を訪れられた際には、高岡市出身で『ドラえもん』の作者の藤子・F・不二雄さんの話題になり、美智子さまはどこでもドアについて楽しそうにお話しになっていました」(皇室記者)

 来年末の「生前退位」が近づいている中にあっても、両陛下はこれまでとなんら変わらないご様子で公務を果たされている。特例法案は6月中にも国会で成立する見通しだ。

「法案の作成に至るプロセスや、その中で整理された基本的な考え方は『将来の先例』になり得る」

 両陛下の帰京から3日後の6月1日、菅義偉官房長官(68才)はそう明言し、未来の天皇への適用にも一定の道筋をつけた。

「悲願とされてきた皇室典範の改正とまではいかなかったものの、将来の天皇にも生前退位の道が開かれて、陛下もほっと胸をなで下ろされているのではないでしょうか。もう1つのポイントだった『女性宮家』の創設についても、“検討する”と法案に明記されることになり、懸念は少し解消されたように感じられます」(皇室ジャーナリスト)

 だが、それは甘すぎる見通しなのかもしれない。安倍晋三首相(62才)に近い政界関係者が明かす。

「世論を見て、最近になってようやく陛下に寄り添う姿勢をとり始めましたが、安倍首相自身は恒久的な制度設計には後ろ向きだといわれています。1年半後に皇太子さまが即位されたとしても、その次、皇太子さまの生前退位の議論が行われるのはずいぶん先の話ですからね。女性宮家創設の議論も時期をはっきりさせず、先送りする構えが感じられます。むしろ、悲願の憲法改正にひた走りたい時期に、『生前退位のご意向』や『眞子さまのご婚約検討』が報じられたことで皇室にまつわる問題に時間を取られることになり、苦々しくさえ思っているようなのです」

◆一部の権力者の下僕になっている

 5月21日、毎日新聞朝刊の1面トップにこんな見出しが躍った。《陛下 公務否定に衝撃》。記事を要約するとこうだ。

 昨年11月、退位を巡る政府の有識者会議によるヒアリングで、安倍首相の意向で選ばれた専門家から「天皇は祈っているだけでよい」といった意見が出たことに、陛下が強いショックを受けられた。国民と触れ合われ、ともに歩まれる象徴天皇像を模索されてきた陛下にとって、生き方を全否定するような内容に不満を感じられている。また陛下は生前退位を「一代限り」とする政府方針にも「自分の意志が曲げられるとは思っていなかった」と強い不満を示された──。

 それに対し、宮内庁は素早い反応を見せた。翌22日の会見で、西村泰彦宮内庁次長は報道を真っ向から否定。「陛下が話された事実はない」とし、「極めて遺憾」と抗議した。ベテラン皇室ジャーナリストが指摘する。

「今まで多少の事実誤認があっても、陛下や皇族方のお気持ちに寄り添う内容であれば宮内庁は静観するケースが多かった。しかも今回の記事の陛下の思いは多くの国民も共感していることです。それを即座に強く否定することに違和感を持った人は多いですよ」

 宮内庁の抗議の内幕を、前出の政界関係者が明かす。

「毎日の報道を見て、安倍首相は官邸の一室でかなり気色ばんだそうです。自分がリードした方針を陛下に否定され、議論が再び混沌とすることに忸怩たる思いを抱いたようです。宮内庁内部の『安倍派』がそうした安倍首相の言動を目の当たりにし、『忖度』したからこそ、宮内庁は毎日報道に過剰なまでの反応を見せたのでしょう」

 森友学園の土地入手、加計学園の獣医学部新設、そして「首相ベッタリ記者」の準強姦逮捕直前からの一転不起訴──。最近、世間を賑わせているすべての火種に通じるのが「安倍首相の『ご意向』が働いたのではないか」という疑念である。

 加計学園の疑惑追及の急先鋒である前文部科学事務次官の前川喜平氏は、6月3日の『報道特集』(TBS系)でこう明かした。

「われわれは志をもち、世の中のために仕事がしたいと思って国家公務員になるんです。(国民)全体の奉仕者として、公僕として仕事がしたいと思っているんですが、最近は一部の権力者の下僕になることを強いられることがある」

 一部の権力者とは、他ならぬ安倍首相のことだろう。

撮影/雑誌協会代表取材

※女性セブン2017年6月22日号

関連記事(外部サイト)