痴漢公務員「ババアか、俺に触られただけありがたいと思え!」

痴漢公務員「ババアか、俺に触られただけありがたいと思え!」

オバ記者が無神経なセクハラオヤジに怒る!

 女性セブンの名物還暦記者“オバ記者“こと野原広子が、世の条理に一石を投じる! 今回のターゲットは、無神経なおじさんです。

 * * *
“酒などを飲まされ、レイプされた”と顔と下の名前を出して、異例の会見を開いた詩織さん(28才)。相手は元TBSワシントン支局長で、安倍政権について書いた『総理』などの著書があるジャーナリストの山口敬之氏(51才)。このニュースに接したとき、カメラをひたと見つめて語る詩織さんに圧倒されて、しばらくテレビの前で金縛り状態になったわよ。

 それにしても、『週刊新潮』が報じた、山口氏から詩織さんに送ったというメールにはぶっ飛んだね。当夜のホテルの状況について、《あなたは部屋の二カ所に嘔吐した後、トイレに駆け込みました。スーツケースの中やパソコンに吐きかけられたゲロを袋に片付けて》などと、嘔吐、ゲロ、ゲロまみれ、嘔吐臭といった言葉を何回も書き連ねているんだもの。

 そのくせ、《素敵な女性が半裸でベッドに入ってきて、そういうことになってしまった》などと、自らに責任がないかのような言いぐさ。このメールが詩織さんの感情をどれほど逆なでするか、山口氏は考えなかったのか。

◆世の男性は思い込みや偏見を捨てるべき

 しかし、ここまで物騒なことにならなくても、“オレさま・無神経おじさん”ってけっこういるよ。古くは、在任期間わずか69日の短命内閣に終わった宇野宗佑元総理。神楽坂の芸妓の指3本を握って月々のお手当の交渉をしたときのやり取りが、しきりに報じられたっけ。

 人は他人に言われたら、拳を握らなくちゃならない言葉ってあると思う。私事で、ずいぶん前のことだけど、駅の改札を出たところで後ろからロコツにお尻を触られた。

「何するのっ」と振り向いたら、「なんだ、ババアか。オレに触られただけ、ありがたいと思え!」だって。すかさず私は「チカンです」と叫んで交番に駆け込んだわよ。

 すると男は交番で暴れ、近くの警察署に連れて行かれたら、今度は頑なに名前と職業を明かさない。あわや拘留かというところまで追い込まれてやっと、図書館に勤める公務員と告白。

 すると、どうしたことか、警察官はたちまちその男に優しくなり、「同じ公務員として、男として彼の心情がわかるんですよ」と態度を軟化させた。被害者の私に向かって、なぜに加害者をかばってみせるか?

 男同士、ミョーなところで連帯感を持ったり、相手の女性の立場が弱いとわかったら急に居丈高になったり、たとえば相手がラウンジ勤務などの“接客”経験者だったら、特別なフィルターを通してその女性を見たり…こうした事件に際して世の男性は、思い込みや偏見を外して、もっと事実を見るべきだと思う。

 強制わいせつ罪は起訴率が約50%。そして起訴されたら最後、99.9%が有罪判決を受けるそう。この厳しい判決の中には、相手に対して「ごめんなさい」が言えない罪、“無神経”という罪が入っていると思う。この無神経さを接客業の女性には最大限に発揮するというのも、私は許せないねっ!

※女性セブン2017年6月22日号

関連記事(外部サイト)