子供の幼稚園送迎の時にママは化粧すべき?で論争勃発

『ノンストップ!』で小倉優子と千秋が衝突 子供の幼稚園送迎の時にママは化粧すべき?

記事まとめ

  • 小倉優子と千秋がママ友ファッションを巡りフジテレビ『ノンストップ!』で衝突した
  • 小倉は幼稚園の送迎の時に、派手になりすぎない程度に化粧をするという
  • 千秋は「送り迎えにバッチリお化粧をしている人は、価値観がちょっと違う」と話した

子供の幼稚園送迎の時にママは化粧すべき?で論争勃発

子供の幼稚園送迎の時にママは化粧すべき?で論争勃発

朝からバッチリ化粧する派の小倉優子

「ママ同士のファッション、見ますね。若すぎる派手な感じだと、ちょっと友達になりづらいなって思う」
「子供と親って似てますよね。親が変だと子供も変。だから息子にもあの子には近づくなって…言っちゃった!(笑い)」

 5月19日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)では、『ママ友ファッションバトル』をテーマに、街行くママたちの率直な意見が続いた。そしてスタジオでは、小倉優子(33才)と千秋(45才)が衝突した。

小倉「私もそう思われてたらどうしよう。(息子の)幼稚園の送迎の時とかも、派手になりすぎず、だけど少しきちんとして、とはいつも思ってます」
千秋「(その時)お化粧はしていく方?」
小倉「朝からお化粧は絶対します」
千秋「私、それはお友達になれないかも」
小倉「えー! なんでですかー?」
千秋「毎日の送り迎えにバッチリお化粧をしている人は、私とは価値観がちょっと違うなって思っちゃう。朝から子供のお弁当とか忙しいのに、その(化粧する)時間をそんなに大事にしてる人なんだ、みたいに」
小倉「だからその分、早く起きるんです」
千秋「えらいんだけど、遊ぶときに話合わないとかちょっと思っちゃう」
小倉「えー!」

 そう言って小倉は顔をこわばらせた。

 少し前に、小池百合子東京都知事(64才)の厚化粧が大きなニュースとなったり、稲田朋美防衛大臣(58才)の年不相応なギラギラメイクがバッシングされたことも記憶に新しいが、それは“化粧”が女性の琴線に触れるからに他ならない。

 ゆうこりんと千秋の一件も「化粧するもしないも個人の自由」とゆうこりんを擁護する声が上がる一方で、「送迎時にフルメイクなんて、TPO的にどうかな?」と千秋派の意見もあり、賛否両論が巻き起こった。

「どちらが正しいというわけでもない」と話すのは、今年1月に女児を出産したばかりの新米ママでコラムニストの犬山紙子さん(35才)だ。

「うちもついさっき保育園に預けてきましたけど、保育園のママは仕事をしている人がほとんどなので、送り迎えだからというより、仕事があるから、きちんとメイクしている人が多いんですよ。ちゃんとした企業にお勤めのかたはきれいにされてて、私たちのような自由業、フリーランスの人の方が何もしていないことが多いんです。

 でも、私、メイク顔とすっぴんが全然違うのでめがねをかけますね(苦笑)。私のことなんて知らない人が多いだろうし、そんな周りは見てないとは思うけれど、それでも『すっぴんと違うね』って言われるのに抵抗がある。それはなんだろう、乙女心なんですかね(笑い)」

 そもそも女性にとって化粧とは何なのか──犬山さんは「自分のため」とキッパリ。

「メイクした方がリラックスするならして、すっぴんの方が自分らしくいられると心が安らぐならそれでいいと思うんですよね。おしゃれもそう。人それぞれ心の安定が得られることをしていればいいと思うんです。私は化粧すると自分に自信が持てるんです。友人と会った時、仕事の時、コンビニで買い物する時。すっぴんだとなんとなく『すみません…』ってなるけど、お化粧してる時って、堂々と買い物できたりする。パフォーマンスが化粧によって左右されるのって、女性のあるあるじゃないでしょうか」(犬山さん)

 犬山さんのお姑さんは非常に寛大だというが、ママ友のなかには、“姑世代”のプレッシャーに悩む人も。

「バスや電車ですれ違った年配の女性に『そんな小さい子がいるのにちゃらちゃらした格好をして!』と文句を言われたりするそうです。まじめな人ほど、そういう周りの声を気にしちゃうんですよね。でも、見方を変えれば、上の世代のかたは世の中の意見にすごく厳しく縛られてたんだなって思います。それに比べたら今は自由な社会ってことですよ。ツイッターで同じ年齢のママたちのつぶやきを見て、周りも同じなんだ! って安心することもできますから」

 そう話す犬山さんは、冒頭のゆうこりんと千秋のバトルをどう見るのか?

「おふたりとも子供のことをよく考えてらっしゃって、アプローチが違うだけなのではと思います」

 メイクをいつ、どこまで、するかしないか…などで友達とギクシャクしたり、意気投合したりすることもあるが犬山さんはこんな持論だ。

「よく女性って、結婚とか出産とか、ステージが変わると友達と疎遠になるとかいいますけど、それはその人たちと恋愛がらみの話がメインだから、そこを抜けると疎遠になるってだけだと思うんです」(犬山さん)

 結婚しても、出産しても、仕事や趣味、ペットなどいろんな話題があれば疎遠にならない、と犬山さん。

「人は見た目が100%という側面もあるけれど、あくまでとっかかり、名刺みたいなもの。行動を見てればちゃんとした人だってわかるんですから」(犬山さん)

※女性セブン2017年6月22日号

関連記事(外部サイト)