舛添雅美さん、バッシング激しくなった時に夫を見直した

舛添雅美さん、バッシング激しくなった時に夫を見直した

舛添夫人がバッシングの渦中を回想

〈家族の絆がなければ、精神的な健康を保つことは困難だったかもしれない〉――前都知事・舛添要一氏(68才)の話題書『都知事失格』(小学館)には、そんな一文がある。舛添氏が味わった転落の日々、その反省と後悔は同書に詳しく綴られているが、夫を傍らで支えた妻・雅美さん(53才)の心労は、どれほどのものだったろうか。雅美さんに聞いた。

 * * *
〈ポツポツと水が滴る音が聞こえる。取材当日は強い雨が降っていた。インタビュー場所となった自宅兼事務所の地下1階には、本棚が並び、入り口付近に未整理の段ボールも積み重なる。「辞任後、1週間で荷物を引き取ってくれ、と都庁に催促された」と雅美さんは笑う。湿気がこもり、そして雑然とした部屋は、「豪邸」と称されたイメージと隔たる。報道の虚実を言い出せばきりがない。子供の画像もネットにアップされ、拡散された。誰しもが思う。どうして雅美さんは耐えられるのか。離婚を考えたことはなかったのか。〉

 私は精神的に太いのかな。いや、鈍いのかもしれませんね(笑い)。

 ただね、主人は散々「セコい」と言われましたけど、実情は違うと知っているわけじゃないですか。政治資金でパンツを買ったと非難されても、「あれは選挙用のタオルを買ったときの領収書だよね」とわかってる。主人と一緒になって抗議したいぐらいです。いや、私の方が戦闘モードだったかもしれない。でも、過去に遡れば…離婚してやるっと思ったことは、それはありましたよ。

 夫としてより、父親としてどうなのと思ったことは何度もあります。今回の本のタイトルじゃないけど、父親としては「失格」だと思っていました。

 たとえば、娘の小学校受験の時にね、最終的に親子面接ってあるじゃないですか。主人は、「父親が評価対象になるのはおかしい」と譲らない。私は「それが世間です!」と。娘を溺愛していたから折れると思ったけど結局来なかった。

 その子が高校を受験するときにも、「お前は東大に行ける頭は絶対にないから(進学校は狙わないでいい)」って平然と言う。「お前受かったとしても苦しいぞ、ずっと後ろについていくだけだから」って。なんてこと言うのか、と思う。主人は、子供の評価だけは“親ばか”とは無縁なんです。

 全力で仕事に打ち込んでいるのはわかるけど、やはり家庭の時間は少ないですよ。大事な時に、主人はいない。決定的だったのは東日本大震災の時。主人は中国に行って不在だった。長男の所在がわからなくて、本当に心配した。ようやく息子が帰って、やれやれと思っている時に、主人も帰宅した。最初に発した言葉が「こういう緊急時に私は国のために働かないといけない。きみたちは自分たちで生き残ってくれ」。

 他の皆さんが家族の絆が深まったと言っている時に、サラリとね。呆れちゃって、「この夫なしに、私はちゃんと生きていけますから」と内心毒づきました。

◆「主人を見直した」

 でも続きがあるんです。その後、イライラしながら主人の横でテレビを見ていると、福島原発が映っていた。水素爆発を起こす前の段階です。突然、主人は「今、海水入れないとあぶない。なぜ入れない!」と声を荒らげた。正直、私は意味がわかっていなかった。

 でも、そのあと実際に爆発が起こり、海水注入という運びになったとき、「この人は、国のために働くべき人なんだな」とストンと落ちた。福島で大変ご苦労されているかたがいる。そのかたがたを助けるために生きるのが主人かもしれない、と思い直しました。

 そして昨年、バッシングが激しくなって、心身共につらい時のこと。主人を見直しました。記者会見で「子供のことを考えると辞めたいが(都政の混乱を思うとまだ辞められない)」と涙を流した。

 野党のかたには、「子供を利用してまで知事を続けたいのか」と非難されましたけど、主人は“嘘泣き”できる人ではない。私は、「あっ、子供のことを考えてくれていたんだ」と初めて、本当にわかったんです。

 そうそう、騒動の渦中で、娘の友達たちが、うちに遊びに来てくれたことがありました。その時に主人、すごく嬉しくなっちゃったみたいで「おれが料理作るから、これとこれを買ってきて」と。これ見よがしにフランス留学時代のレシピまで出してくる(笑い)。自分で肉を焼いては味付けも3種類。こっちはみそで、こっちはワイン煮込みで…と張り切っていました。

〈バッシングの日々は家族にとっても、大きな試練だった。まだ完全に乗り越えたわけではない。しかし、こと舛添氏と家族の関係は、「今までがマイナスの状態だったので、ようやくニュートラルになったかな」と雅美さんは言う。〉

 知事を辞めて、いちばん大変なのが三食、家でとることかな。ずっと謹慎していたから、ご飯が楽しみになっちゃったみたい。お昼の時点で、「晩は何?」と。手を抜けません。でも1年間、休んで主人の表情も朗らかになりましたよ。

 主人は常に頭をフル回転させているような人でした。こっちも疲れるんです。誰しも嘘でごまかしたい時があるじゃないですか。主人にはそれが通用しない。あの時あなたはこうだった、ということを全て覚えています。

 最近は緊張がほぐれたからか、ようやく仕事以外の部分が抜けるようになりましたね。だから逆に「私、こう言ったよね?」とツッコむこともあります。去年の6月はちょうど結婚20周年だったんですね。ふたりともすっかり忘れていた。

 知事辞任後のことですが、主人が「忘れてたけど、20周年だから何かしなきゃね」なんてことを突然言い出したんです。仕事以外の発想がない人だから、私、驚いちゃってね。でも、結局そのままなんですけどね。アレも抜けちゃったのかな(笑い)。どこかに連れてってもらわないと。

――取材終了後、雑談をしていると舛添氏が地下1階に下りてきた。

「雅美さん、(長男が)帰ってきて、水泳に行ったよ」

 その言葉を聞きながら、雅美さんは、「やっと息子のスケジュールがわかってきたでしょ」とほほえむ。記念撮影をお願いした。もう少し奧さんに近づいてください、と記者がお願いすると、「いやぁ、怖いからね」と舛添氏はおどけた。まもなく結婚21周年。これからがスタートだ。

※女性セブン2017年6月22日号

関連記事(外部サイト)