疑心暗鬼が募る新型コロナ 「こんな時こそふだんの生活を」

疑心暗鬼が募る新型コロナ 「こんな時こそふだんの生活を」

いまだ大黒ふ頭沖に停泊している「ダイヤモンド・プリンセス号」(共同通信社)

 体験取材などでおなじみの『女性セブン』の名物ライター・野原広子(オバ記者・62才)が、世の中を騒がせる出来事について、思いのままを綴る。今回のテーマは「国ごと流行り病にかかっているようだけど、こんな時こそ…」だ。

 * * *
 来る日も来る日も、テレビをつければ新型コロナウイルスのニュースだ。2月11日現在、特効薬はまだない。

 WHO(世界保健機関)によれば、ウイルスの潜伏期間は1〜12.5日間(多くは5〜6日間)で、感染者は14日間の「健康状態の観察」をした方がいいとされている。

 ウイルスが体内のどこかに静かに潜んでいることを想像するだけでも不気味だけど、もっと怖いのが「無症状病原体保有者」よ。今回のウイルスは、発熱や下痢などを発症しなくても感染していることがあるというから、ますます不安になっちゃう。発症しなかったら、誰でもふだん通りに外出して動き回るから、知らずにウイルスがばらまかれるかもしれないじゃない!

 それにしても、横浜港・大黒ふ頭沖に停泊している「ダイヤモンド・プリンセス号」の乗船者はかわいそう。乗客乗員約3700人のうち、延べ439人が検査を受け、感染者は計135人(2月10日現在)。船上の人たちが毎日どんな気持ちで水面を見ているのか。想像しただけで気の毒でたまらない。

 実は私、20代半ばから、船旅の“退屈を楽しむ”に憧れていて、何度か海外の定期路線船に乗船したことがある。豪華客船にも取材で2度乗っている。その時の経験でいうと、見た目は「海上のホテル」でも、客室の廊下って、すれ違いざまに咳をされたら、体のどこかに飛沫がかかるくらい狭いんだわ。食事はたいがいブッフェ形式だから、皿を手にして人気メニューに人が押し寄せて、押すな押すな。乗船者同士、“濃厚接触”しない方が難しい環境だ。

 ある豪華客船では、乗船と同時に麻雀ルームが予約で一杯になるとか。でも今回のように、一切の気晴らしが禁じられたら…。下船した人は「刑務所と同じ」と言ったそうだけど、その気持ちはよくわかる。

 国交省によると、2月中に日本に立ち寄る大型クルーズ船は、新型コロナウイルスの感染が疑われる外国人が乗船している香港発の「ウエステルダム号」のほかに4隻。そのうち外国船籍が2隻、日本船籍が2隻だそう。そのたびに今回のような混乱を繰り返すのかしら。

 政府は「日本に入国する直前2週間以内に、感染の発生源といわれている中国湖北省に滞在歴のある外国人は、新型肺炎の症状がなくても入国を拒否する」という判断を下した。特定地域を指定した入国制限は今回が初めてで、既に「ウエステルダム号」の入港を拒んでいる。

 厚労省のホームページには、「国民の皆様へのメッセージ」と題して、次のような記載がある。

《新型コロナウイルス感染症は、我が国において、現在、流行が認められている状況ではありません。国民の皆様におかれては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いいたします》(2月10日現在)

 これを読むとまだまだ大丈夫なのかな、と思う。

 でも、その一方で政府は、新型コロナウイルスによる肺炎を「指定感染症」に指定している。指定感染症の患者は医療費が公費負担になるけど、入院勧告や就業制限を受け、従わなければ強制入院もあり得るという。過去にはSARSや鳥インフルエンザなどが、感染拡大の過程で指定感染症に指定されている。

 ちなみに、SARSによる死者数は全世界で774人とされている。新型コロナウイルスによる死者が中国だけで908人に達した(2月10日現在)ことを考えると、やっぱり怖さを拭えない。

 安心していいのか怯えていなければいけないのかわからず、不安と疑心暗鬼が募る。

 周りを見回すといろいろな報道がある。なかには「誰かがどこかに触れたら、それがどれだけ拡散するか」をたいそうな時間を割いて伝えているテレビ番組がいくつかあったけど、そんなこと言ったら、何もできなくなっちゃうじゃない!? テレビ的には刺激があっていいのかもしれないけど、こうした時期だけに、不安感ばかり煽られても…と思う。

 …そんな番組を目にしたからか、今朝起きた時から頭痛がして、鼻水もちょろり。発熱はしていないけど、背筋がゾクゾクする。毎朝、満員電車で不特定多数と“超異常接触”しているから、どこで感染してもおかしくないかも。

 来たか? とうとう来たか? 不安や心配が全国に広まっていて、国ごと流行り病にかかっている気がする。

 こんな時こそ浮き足立たず、半径1m内のふだんの生活から見直したい。

※女性セブン2020年2月27日号

関連記事(外部サイト)