瀕死状態で保護されたグレーの店長猫・ダミアンのお姿

瀕死状態で保護されたグレーの店長猫・ダミアンのお姿

ギャラリで接客を務めるグレーの猫店長

「こんにちは。ボクがパンタレイクラフト&アーツの店長で、なんちゃってロシアンブルーのダミアンですっ。ゆっくり作品を見ていってね」

 アーティスティックな作品が並ぶギャラリーで出迎えてくれたのは、グレーの毛並みが美しいダミアン店長。まるでお店の一部のようなのだが…。

「ホントは別の猫が店長になるはずだったんだよね~」

 オーナー夫妻の家には15匹もの猫たちが暮らしていて、オープン準備を進めているときは黒猫の幸太郎が店長候補だった。しかしシャイな性格ゆえにお客さんが来ると隠れてしまうので、フレンドリーなダミアンが抜擢されたという。

「うちはみんな保護猫だからか、ビビリが多いんだよ。パンタとレイっていう、店の名前をつけてもらった2匹もいるんだけど、店に来ると怖がっちゃって無理だった」

 ダミアン自身も生後2か月くらいのときに道端で瀕死状態だったところを保護された猫。栄養失調がひどかったといい、今でも目に後遺症が残っている。

「でもちゃんと作品もお客さんも見えてるからご心配なく! ボクのオススメは猫が大好きな煮干しモチーフのアクセサリーだよ。猫と飼い主さんペアでどう?」

 15匹の中から選抜されたダミアン店長は、セールストークもバッチリのようだ。

プロフィール
名前:ダミアン ♂
年齢:5歳(推定)
種類:猫
勤務先:ギャラリー パンタレイ・クラフト&アーツ
職種:店長
主な仕事内容:接客。ちょっとだけ広報。
お給料:ドライのキャットフード。
好きなこと:お気に入りのオモチャ(鈴がついた首輪)で遊ぶことと、リードをつけての散歩。お風呂のお湯を飲むこと。
嫌いなこと:特になし!
現在の悩み:冷え性で、いつも手先が冷たいこと。
将来の夢:お店が繁盛することです!!

撮影/山口規子

※女性セブン2017年6月22日号

関連記事(外部サイト)