精神疾患に家族の一体感はむしろマイナスになることも

精神疾患に家族の一体感はむしろマイナスになることも

和歌山県精神保健福祉家族会連合会、通称「和福連」代表の大畠信雄さん

 生涯罹患率は3人に1人ともいわれている。2014年の総患者数は約392万人(出典:厚生労働省「患者調査」より)。精神疾患患者数が増加した日本(1999年は204万1000人・出典同)にあって、苦しんでいるのは患者当人だけではない。暴言を吐かれ、殴られることは日常。精神疾患患者の家族は、日々、心身がギリギリの状態で生きている。

 和歌山県精神保健福祉家族会連合会、通称「和福連」代表の大畠信雄さん(74才)は2008年、和歌山県内で当事者家族の実態調査を行っている。66の家族に対して聞き取りを行ったところ、共通の思いが浮かんできた。

「誰もが一度は無理心中を考えるんです。ただ、そこに続くのは、“もし自分だけが死んでしまったら周りに迷惑がかかる”という言葉。自分の子供は自分で面倒を見なくてはという思いが強く、高齢になるほどに自分を追い詰めていたのです」(大畠さん)

 家族で抱え込まず、社会全体で患者を救う――。そんな体制を整えるべく、大畠さんは2014年、「家族依存から社会的支援に向けて進める会」を新たに設立した。だが設立間もなく、地元で無念極まる出来事が続いた。

 2015年2月、県内で精神疾患を患う40代の娘を80代の父親が殺害する事件が起きた。大畠さんと父親は面識があり「一度、娘に会ってほしい」と言われていたが、娘が拒否したことで面会できなかった。

「凄まじい家庭内暴力で、父親は避難のために車中泊を繰り返す日々だった。母親も髪の毛が抜けるほどの暴力を日常的に受けていた。最後は電気コードで首を絞めて…。痛ましい事件でした」(大畠さん)

 昨年4月にも県内で、30代の娘を60代の父親が殺害する事件が発生。この時は事件10日前、病院を通じて家族会に連絡があった。

「“相談したいというかたがいる”という話だったのでぼくの電話番号を伝えてもらったのですが、連絡は来なかった。その父親による犯行だとわかったのは、事件の後です。奧さんからもその後、電話がありました。“連絡をせずに、すみませんでした”と。

 事件前に会うことができたら違ったかもしれない…と、後悔が募りました。繰り返しになりますが、家族で抱えたら絶対にダメなんです。必ず追い詰められる。精神疾患患者の問題を社会で共有し、みんなで受け入れて、みんなで考えていかなければならない。

 今はこの状況を官民一体で変えるべく、懇親会や会合を積極的にやっています。事件を起こした当事者を講演会に呼んで、経験談を話していただく講演会も全国でやっています」(大畠さん)

 前述の2015年2月に娘を殺した80代父親も、大畠さんが和歌山市内で開いた講演会に呼んだ1人だった。

「私は殺人を犯しました」

 同年11月、執行猶予判決を受けて間もないその男性の言葉に、聴衆は聞き入った。親を殴り、自宅の器物を破壊し、隣家にモノを投げる…。エスカレートし続けた家庭内暴力を明かし、事件当夜の出来事も全て話した。われを忘れて母親を殴る娘を見て、すべてを諦めたこと。電気コードを手に取り、泣きながら首を絞めたこと…。静まりかえる会場に、男性の声だけが響いていた。大畠さんは現在、世界の精神疾患患者を取り巻く現状を知るべく、海外にも足を運んでいる。

「イタリアのトレントでは精神科の病院もなく、地域で患者を見ていました。どこも同じです。社会全体で助ける。海外はその仕組みが遙かに進んでいます。日本が学ぶべき点は多い」(大畠さん)

『「正義」がゆがめられる時代』(NHK出版新書)等の著書で現代人の精神と肉体の異変を分析してきた精神科医の片田珠美氏もこう話す。

「精神疾患の場合、家族の一体感はむしろマイナスになります。周囲に知られるのは恥だという意識も働き、内々で抱え込むことになりやすい。でもそれでは解決は難しい。むしろ世帯を分けた方がいいのです。診断を受けて、精神障害の障害年金をもらい、足りなければ生活保護を受給するという方法もある。医療、福祉、行政に相談しましょう。最悪の悲劇を防ぐためにも、あえて家族は離れるべきです。いずれ親の方が先に死ぬのですから」

※女性セブン2017年6月22日号

関連記事(外部サイト)