NHK記者 “官邸の最高レベル”スクープを不発弾にされ不満

【加計学園問題】文科省文書の第一報は実はNHK 映像では文書黒塗りにされ局員不満

記事まとめ

  • 加計学園問題で、文科省の内部文書の存在の第一報は朝日新聞ではなくNHKだった
  • しかし、NHKは『官邸の最高レベル』の文言を黒塗りにし、局内でも議論が起きたという
  • 翌日にNHKは黒塗りを『解禁』し報じたが、後追いのような形で不本意とNHK局員は述べる

NHK記者 “官邸の最高レベル”スクープを不発弾にされ不満

NHK記者 “官邸の最高レベル”スクープを不発弾にされ不満

「官邸の最高レベル」の文字も黒塗りに(『ニュースチェック11』より)

〈官邸の最高レベルが言っている〉──前川喜平・前文科事務次官が「本物」と認めた文科省の内部文書の存在の第一報は朝日新聞(5月17日付朝刊)のスクープと世間では思われがちだが、実は最初に報じたのはNHKである。

 5月16日の夜に放送された『ニュースチェック11』で、「内閣府の担当者が文科省側に、加計学園の獣医学部設置を前提としたスケジュール作成を指示した文書がある」と報じたニュースのなかで、その実物が示されていた。

 ところがこの映像では、翌朝に朝日新聞が一面トップで大きく取り上げた〈官邸の最高レベル〉というセンセーショナルな文言が、なぜか消されていたのである。NHKの中堅局員が憤懣やるかたない様子で語る。

「文書の所々が黒塗りになっていましたが、文科省の教育課長や内閣府の審議官、参事官などの個人名が黒塗りにされていたのは理解できます。しかし、〈官邸の最高レベル〉の部分は首相の友人が理事長を務める加計学園に対し、官邸側が文科省に認可を迫ったことを窺わせる核心部分です。それがアナウンサーも一切触れずにスルーされた。“これほど内部文書の価値を無視した報道はない”と局内でも議論が起きました」

 ところが、翌日になると態度が変わる。朝日新聞が朝刊で文書を公開すると、民進党の玉木雄一郎氏が国会で、この文書について追及。同日の夕刊で産経や毎日など各紙も後追いした。するとNHKは同じ日の『ニュースチェック11』で、黒塗りを“解禁”して報じたのである。

「報道機関として先にスクープを打つのは名誉なことですが、1発目が黒塗り報道だったため、まるで我々が後追いしたような形になったのは非常に不本意です。これらはすべて『小池さん』の指示だったと言われています」(同前)

 小池さんとは、今年4月の人事異動で報道局編集主幹から報道局長になった小池英夫氏のことである。NHK政治部で長く自民党を担当し、政治部長も務めたことから、現政権とのパイプも太い。NHK報道局記者の話。

「16日の放送直前、小池さんが“こんなものは怪文書と同じだ”と言い、問題の部分を黒塗りにして放送するよう指示したそうです。文書を入手した社会部の記者の中には爆弾スクープを“不発弾”にされたと不満を漏らす者も少なくなかった。

 現在のNHKでは、政権に近い政治部出身者が絶大な権力を持つ。2002年から安倍首相の番記者を務め、首相が厚い信頼を寄せる政治部の岩田明子記者は今年4月、NHK会長賞を受賞し、局内での力を増していますし、小池さんが報道局長になったことでその流れは決定的になりました」

 そうしたなか、この黒塗り以外にも不可解なことが起きていた。NHKは前川氏の単独インタビューをとっくに撮り終えているにもかかわらず、いまだに放送されていないというのだ。

「加計問題の真相を解明するには前川氏の証言は不可欠なはずですが、週刊誌や新聞に顔出しで出て、他局ではインタビュー映像も流れているのに、NHKは放送を決断できなかった」(同前)

※週刊ポスト2017年6月23日号

関連記事(外部サイト)