小沢一郎氏 野党が結集して、空気変わるのか?への答え

小沢一郎氏 野党が結集して、空気変わるのか?への答え

小沢氏が「野党結集」について語る

 現在の政治は「安倍一強」といわれる状況にある。かつて「剛腕」と呼ばれた小沢一郎氏はこの状況に何を思うか。野党が弱すぎるとの指摘もあるが、果たして「安倍一強」を打ち破ることはできるのか。小沢氏に話を聞いた。〈聞き手/武冨薫(政治ジャーナリスト)〉

──第1次安倍政権の時も自民党は衆院296議席を持っていたが、「安倍一強」とは評されなかった。むしろ数の割に「ひ弱」な印象さえあった。そこをあなたは徹底的に突き崩して、政権交代のきっかけとなる参院選(2007年)に勝利した。当時と現在と安倍首相は何が変わったと見ているか。

小沢:安倍さんの性格は変わってないんじゃないですか。自民党には数があったけれども、当時はこっちが年金問題やガソリン税の暫定税率問題を国会で徹底して追及した。今、一強と言われるのは野党が何もしないからだ。

──現在の安倍晋三首相は野党に追及されると「民主党はもっと悪かった」とやり返す。国会で議論にならない状態をつくることが安倍政権の「空気」のつくり方です。

小沢:もともと論理的に話せる人ではないからね、安倍さんは(苦笑)。

──ですが、その手法は奏功している。今までの政治闘争は、国民の支持を得て、選挙で勝って数を取る。しかし、安倍一強の政治に勝つためには、「数」の前に「空気」を変えないと、国民の意識が変わらない。「空気」を相手にどう戦うのか。

小沢:森友学園にしろ、加計学園にしろ、これだけ政権私物化の材料が出てきているのに、安倍首相は平気の平左だから、いかに野党がだらしないかということ。

──安倍首相の「空気」に呑まれるばかりに見えるが。

小沢:野党が実際に行動しなきゃ駄目だって言っている。蛮勇をふるってでもね。やっぱり、リーダーがこの雰囲気に呑み込まれているようでは駄目だ。

──野党が結集して、本当に空気が変わるのか。

小沢:僕はいつも言うんだけど、安倍さんが進めている原発再稼働でも、安保法制でも、あるいは共謀罪法案でも、国民の多数が反対している。それなのに、安倍政権を支持する。その矛盾を不思議に思わないのが日本人の心理の不思議なところなんだ。さっきから言うように、長いものに巻かれておくのが無難だという心理だろう。

 しかし、国民は2009年に政権交代を経験した。お上はおっかないけど、あの自民党政権を代えられたという意識は頭の中に残っている。日本人というのは良く言えば柔軟、悪く言えばいい加減だから、自民党に代わる政治グループが出てきたら、一気に変わる。

──それは楽観的すぎないか。有権者には政権交代の興奮よりも、民主党政権への失望が強く刻みつけられている。安倍首相の政治手法が巧妙なのは、国民に野党への期待を持たせない空気づくりに成功したことだ。森喜朗・元首相がかつて猛批判を浴びた「無党派層は寝ていてくれればいい」という状態になった。

小沢:そう、確かに国民を寝かせている。民主党が国民を落胆させたことは間違いない。けれども、だからといって自民党に支持が移ったわけではない。有権者が投票に行かなくなったにすぎない。危険を察知している国民は“このままではいけない”という微震を起こしている。その揺れを野党が受け止めなくてはならないと思う。

──「微弱な地震」が続く状況こそ、安倍首相が作り上げる「空気」ではないか。微弱が永遠に続くだけなら政権は怖くない。

小沢:けれども、それはいずれ大きな爆発になる。何も起きないということはない。期待も込めてだけれども。微震をコントロールするなんてことは誰にもできないんだから。

※週刊ポスト2017年6月23日号

関連記事(外部サイト)