クールな菅官房長官 イライラすると“指パタパタ”が…

菅義偉官房長官の心の内を臨床心理士が分析 苛立つにつれ“指パタパタ”と動く

記事まとめ

  • 臨床心理士が、クールに見える菅義偉官房長官の心の内を分析している
  • 前川喜平前次官と菅氏は、慎重な言葉選びと淡々とした話し方等が共通しているという
  • 菅氏の動揺を無意識の内に表すのは右手の指といい、苛立つにつれ、親指が動くらしい

クールな菅官房長官 イライラすると“指パタパタ”が…

クールな菅官房長官 イライラすると“指パタパタ”が…

加計学園問題はどう決着がつくのか?

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、クールに見える菅官房長官の心の内を分析。

 * * *
 加計学園問題をめぐり勃発した「前川の乱」。事の発端は「総理のご意向」などと記された文書。作成されたとする文部科学省は「確認できなかった」とし、菅義偉官房長官も「怪文書」と切り捨てた。だが、そこで「あったものをなかったと言うわけにはいかない」と前川喜平前文科事務次官が証言した。

 ところが、連日メディアが大騒ぎした森友学園問題に代わるのかと思いきや、「乱」と名付けられたほどの騒ぎは見られない。問題を前に、こう言っては不謹慎なのだが、登場してくる人物が森友学園問題の時よりインパクトに欠けるのだ。

 強烈なキャラを炸裂させた籠池夫妻に感情的になる稲田防衛相、印象操作を連発する安倍首相になんとも不可思議な昭恵夫人…。絵面だけ見ていても飽きなかったものだ。

 これまで、中心人物となっているのは前川氏と菅官房長官。グレーや紺のスーツで、色的にも地味なこの2人に共通するのは、慎重な言葉選びと淡々とした話し方や、仕草・身振りの小ささとバリエーションの少なさ。安倍内閣では数々の失言大臣たちが登場し、話題を提供してくれたのだが、そんな失言閣僚や議員とは一線を画し、場に応じたセルフコントロールが上手いのだろう。

 そんな中で印象的だったのが、菅官房長官が笑みを浮かべながら発言した前川氏への痛烈な批判だ。前川氏の出会い系バー通いについて、「強い違和感を覚えた」と厳しい口調で薄ら笑いさえ見せたのだ。会見の場で、このような個人攻撃をすることなど滅多にない菅官房長官だけに、こんなにあけすけに感情を見せることがあるのだなと思ったものだ。

 菅氏のイメージといえば辣腕、実直、堅実、冷静沈着。永田町で今、最も怖い政治家という噂さえあるらしい。確かに、官房長官という役割を演じる能力が高く、安倍内閣の中では、自分の振舞いが他人にどのように影響を与えるのかをよく知っている政治家だろう。それだけに、毎日の会見では言葉以外で印象操作を巧みに行っている。

 例えば菅氏は、記者たちからの質問を聞く時、あまり顔を上げない。質問している記者の顔をほとんど見ないこともある。また、うなずくこともほとんどない。だが自分が答えている時は、相手の反応を見るために聞いている時よりも相手を見るのだ。

 これらは必ずしも、記者やその質問に関心があるわけではないということを示し、社会的に上にいるのは自分という印象を相手に強めるための仕草である。心理学者のマイルズ・L・パターソンもその著書(『ことばにできない想いを伝える』大坊郁夫監訳)で、地位の高い人は、相手の話を聞く時に、相手を見る機会を少なくすることで、権力を行使できると書いている。

 また印象操作は自分一人で、できるものではない。必ず、自分と相手の相互作用、送り手と受け手、両方によってイメージが作られるものである。そのため印象を効果的に操作するには、自分の言動に対して、相手がどのように反応しているのかを見て、周囲への影響を計ることも必要になる。

 菅氏は面倒な質問には短くはっきり答え、顔を横に向けて視線を逸らし、有無を言わせず質問を切る。しかし嫌な質問で食い下がってくる記者には、顔を何度も見ながら答えた後、その記者を数秒間、冷ややかにじっと凝視するのだ。時にはその後、記者たち全員を見渡したりもする。

 強い視線を送られた記者がどういう反応を見せているかは、想像するしかないが、うなずくか、うつむくか、視線を外すか。どちらにしろ、相手が恭順の意を示すか、対峙する意思がないことを示すまで、鋭く相手を見続けているのではないだろうか。そうすることで相手の言動をコントロールしているのだ。凝視し続けることは、自らの持つ力を効果的に行使するための仕草でもある。

 加えて、その記者を意図的に凝視することで、この話はこれで終わり、もうこれ以上、この話題を続けるなと周囲に暗に伝える効果もある。あの目でじっとにらまれたら、思わず口をつぐんでしまいそうだ。記者たちが素早く話題を切り変えるのもわかる気がする。

 さて、そんな菅氏のイライラや動揺を、無意識のうちに表していると思われる部位がある。それは演台をつかんでいる右手の指だ。このところの会見で菅氏がイライラし、動揺した場面を見てみると──。

 リラックスしている時、菅氏は演台の端に右手を置くか、軽く握っている。だが、返答に気を使う質問だと握っていた指がパラパラと動き出す。さらに面倒な場合は、人差し指が伸びたり曲がったりし始める。前川氏の出会い系バーについて聞かれた時は、演台を握ったまま右手親指がパタパタと動いた。イライラや動揺が強くなるにつれ、親指が動くらしい。

「文書の再調査」について問われた時、動いたのは人差し指。これら文書について「内部告発では?」と聞かれた時は、親指が動き出した。加計学園でなければならなかった理由についても、頻繁にパタパタと親指が動き、演台をつかみ直した。そして、再調査しないのは「隠ぺいでは?」と言われた途端、演台をつかみ直した親指が激しくパタパタと動き出したのだ。

 文科省が追加再調査を行うと表明したこの文書。菅氏の“指パタパタ”は、まだまだ止まりそうにない?

関連記事(外部サイト)