“愛子皇太子”誕生は暗礁に、議論さえせず女性天皇は頓挫か

女性・女系天皇の是非について議論見送り方針 「愛子皇太子」誕生は暗礁に?

記事まとめ

  • 「安定的な皇位継承の対策案」の議論について見送り方針であることが報じられた
  • 女性・女系天皇の是非について、国会では話し合わないということになる
  • 「女性天皇の実現の可能性は限りなくゼロに近くなった」と官邸関係者は指摘している

“愛子皇太子”誕生は暗礁に、議論さえせず女性天皇は頓挫か

“愛子皇太子”誕生は暗礁に、議論さえせず女性天皇は頓挫か

今年3月で愛子さまは高校を卒業される(撮影/JMPA)

愛子さまが大学に入学され、将来のビジョンを固められる前の今が、議論の“最後のチャンス”というタイミングでした。しかし、安倍官邸は『女性天皇』の実現についての議論をする気はさらさらないようです。日本の皇室の将来を左右する重要課題に取り組もうとしない、そんな怠慢がまかり通っていいのでしょうか」(皇室ジャーナリスト)

 2月1日、政府内で「安定的な皇位継承の対策案」について、議論を見送る方針であることが報じられた。つまり、女性・女系天皇の是非について、国会では話し合わないということだ。野党内でも、その消極的な姿勢に反発は少ないという。

 男系男子のみが皇位継承権を持つ現行のルールでは、皇位継承者は継承順位順に秋篠宮さま、悠仁さま、常陸宮さまのお三方のみ。もし長子優先で女性天皇を認めるように皇室典範が改正されると、愛子さまが継承順位筆頭となり、「愛子皇太子」となられる。

 そんな議論の“当事者”である愛子さまは、今年3月で学習院女子高等科を卒業され、大学生になられる予定だ。ご自分の将来について考えを深められ、大人への歩みを進める大事な時期でもあるだろう。

「今話し合わないのであれば、女性天皇の実現の可能性は限りなくゼロに近くなった」と官邸関係者は指摘する。

「安倍官邸は表向きには、『国論を二分する議論は避けたいから』と説明しています。

 本来この議論は女性・女系天皇を認めるか否かという制度の問題です。しかし、今の時点で議論が進めば“次の天皇には愛子さまがふさわしいのか”“秋篠宮家からは天皇を出さないのか”を問うことになりかねません。

 安倍総理はそうした際どい議論をするつもりはなく、“数十年後に話し合えばいい”と考えているようです」

 議論が棚上げになる背景はそれだけではない。

「眞子さまのご結婚が揺れていることの影響は大きい。今後、愛子さまのご結婚相手が現れたら、その人物について問題が生じないとは言い切れない。“女性皇族には結婚リスクがある”と、制度を話し合うべき政治家が感じてしまったことが響いている」(前出・皇室ジャーナリスト)

 さらに言えば、安倍官邸が「議論をしない」と決断できた理由は、皇族内にも事情があるという。

「上皇上皇后両陛下のお気持ちの中には、『愛子天皇』というお気持ちもおありだったと、官邸周辺は認識しています。美智子さまはかねてより皇族の減少を憂いておられ、女性天皇容認にも異を唱えられはしないと、官邸サイドは捉えてきたようです」(前出・官邸関係者)

一方で、天皇皇后両陛下にとって女性天皇の実現は、自分の娘である愛子さまを天皇にすることに直結する。

「雅子さまは皇后であるご自分以上に重圧がかかる天皇の立場に、愛子さまがつくことに、動揺があってもおかしくありません。皇后のお立場としては皇統の安定的な継承をいちばんにお考えでしょうが、1人の母親としては複雑な思いをお持ちではないでしょうか」(宮内庁関係者)

 昨年4月、上皇陛下は生前退位を実現された。それは皇室全体の総意でもあったので、政府側も本腰を入れたのだ。

「その一方で、女性天皇に関しては皇族方のお考えもさまざまで、一枚岩ではないところがポイントです。安倍総理は即位直前から天皇陛下に面会する機会を持つ中で、女性天皇についてのお考えを伺ったといわれています。そうして天皇皇后両陛下の意向を感じ取り、“女性・女系天皇の議論は先送りにできる”と舵を切ったのでしょう」(前出・官邸関係者)

 報道各社が行った世論調査では、国民の約8割が女性天皇の容認に賛成だ。そうした多くの国民は、今回の「棚上げ論」に納得できるのだろうか。一刻も早く、オープンな場での議論が望まれる。

※女性セブン2020年2月27日号

関連記事(外部サイト)