「生前退位」 皇居への引っ越しで雅子さまを心配する声も

天皇陛下の『生前退位』特例法が成立 雅子さまに皇居の環境を心配する声も

記事まとめ

  • 天皇陛下の『生前退位』特例法が成立し、2019年は皇太子さまが新天皇で迎えるとされる
  • かつて即位したての両陛下は、皇居に引っ越されて“季節が分からない”と言われていた
  • 皇居は隔絶された空間といい、森閑とした環境が、雅子さまに苦になると心配する声も

「生前退位」 皇居への引っ越しで雅子さまを心配する声も

「生前退位」 皇居への引っ越しで雅子さまを心配する声も

皇居という隔絶された空間に雅子さまのご体調を懸念する声も

 天皇陛下の「生前退位」にまつわる特例法が成立した6月9日、皇太子さまは1泊2日の日程で、「みどりの愛護」のつどいへのご臨席のため石川県に足を運ばれた。

「式典のほか、金沢市内にある特別支援学校で生徒と交流されたり、白山市の『千代女の里俳句館』で江戸時代に活躍した女性俳人に関する展示や俳句教室の様子をご覧になりました。到着時、JR金沢駅に集まったのは約800人。警察によると、滞在中の2日間で計約8000人が奉迎したそうです。“皇太子としてのお姿を見られる機会は残り少ないから”という声も聞かれました」(皇室記者)

 特例法が成立したことで、来年末にも陛下は退位され、2019年のスタートは皇太子さまが新天皇となって迎えるとされている。

「石川県へ向かわれる北陸新幹線で、皇太子さまは最高級のグランクラスではなくグリーン車を利用されました。『質素倹約』は、皇室の精神の原点。雨中でも人々に笑顔を見せようとされたお姿からも、即位への準備段階にあることが伝わってきます」(前出・皇室記者)

 当初はご一緒される予定だった皇太子妃雅子さまだが、熱や扁桃炎による咳といった風邪の症状を訴えられ、お取りやめになった。5月25日の全国赤十字大会、31日の認定こども園の訪問も同様の理由で取りやめられており、これで5月14日の大相撲五月場所の観戦を最後に、雅子さまは約1か月間、公の場にお姿を見せられていないことになる。

「4月末の春の園遊会に続いて大相撲観戦も着物姿でお目見えになった雅子さまへの注目度は日に日に高まっていました。そんな中にあって、赤十字大会を欠席されたことは雅子さまにとって大きなショックだったのではないでしょうか。最近、雅子さまの公務へのお出ましの機会が増えてきていても、あくまで“当日の体調を考慮して”という状態でした。ですが、赤十字大会に限っては報道陣に配られた事前資料に雅子さまが臨席される旨が明記されていた。それだけ雅子さまのお気持ちも強かったということです」(宮内庁関係者)

 2004年以降、長期療養中にあって、雅子さまの体調は一進一退を続けてきた。

「かつてはなかなか判断がつかず、お出かけの直前になって“ご体調を総合的に判断”という曖昧な理由で欠席されることがほとんどでした。そう考えると、最近の取りやめは熱や咳という具体的な理由が示されていますから、決して長年の療養の成果が後戻りしてしまったわけではないということなのでしょう」(前出・皇室記者)

 しかし、6月15~21日のデンマーク訪問も、当初「ご夫妻で」という招待だったが、皇太子さまがおひとりで訪問されることが事前に決定した。

「今年4月のマレーシア訪問も、雅子さまの同行が検討されましたが、結局皇太子さま単独での訪問となりました。そのときは、直後に春の園遊会を控えていたこともあり、体調を整えられるという意味合いもあったそうです。今回の場合は、“国内の公務はできないのに、海外には行けるのか”とあらぬ批判を受けかねないといったことへの配慮もあったのでしょう」(皇室ジャーナリスト)

◆隔絶された皇居という空間

 皇太子さまのお隣に雅子さまがいらっしゃらないことに、一抹の寂しさを覚える声は根強く聞かれる。

《女性皇族の存在は、実質的な仕事に加え、公的な場においても私的な場においても、その場の空気に優しさと温かさを与え、人々の善意や勇気に働きかけるという、非常に良い要素を含んでいると感じています》

 2005年の誕生日会見で、陛下は女性皇族の役割をそう明かされていた。

「陛下は国民に寄り添い、国民と共に歩むという象徴天皇像を具現化されてきました。そして、そのお姿が国民の心に深く入っていったのは、常におそばにいらした皇后陛下のご存在が大きかったといっていいでしょう。そういった点では、皇太子殿下が天皇としてご活動される際に、皇后がご一緒でないとすると、新しい象徴天皇像を国民に広く受け入れてもらうことが難しくなる可能性はあります」(皇室ジャーナリストの山下晋司氏)

 お立場の変化は、同時に生活環境の変化ももたらす。

「かつて、即位したばかりの両陛下は、皇居に御所が完成するまで赤坂御用地から“通勤”されていました。その道中で、学生の制服が夏服になったり、コートを着込んだりする人がいるのを見て、両陛下は季節の移ろいを感じられていたといいます。

 ですが、皇居に引っ越されてからは“季節がわかりません”と漏らされたこともあったそうです。赤坂御用地内では、出歩けばほかの宮家の皇族方はもちろんのこと、職員や警察官と顔を合わせて挨拶を交わすことが頻繁にあります。

 ところが、皇居はそうもいきません。皇居は赤坂御用地よりずっと隔絶された空間なんです。森閑とした環境が、雅子さまにとって苦になってしまうことを心配する声もあります」(別の皇室ジャーナリスト)

撮影/雑誌協会代表取材

※女性セブン2017年6月29日・7月6日号

関連記事(外部サイト)