注目の東西高級バスツアー 1泊2日18万円と2泊3日13万円

バスツアーは「格安」のイメージもあるが、現在は高級バスツアーも登場している

記事まとめ

  • JTBの「ロイヤルロード・プレミアム」は、全席窓側の1人用席という贅沢な設計
  • 液晶モニター、オーディオシステム、パーソナル照明、クッションやひざ掛けも常備
  • プライベート感あふれるバスなので、ワンランク上の一人旅を楽しみたいという人に最適

注目の東西高級バスツアー 1泊2日18万円と2泊3日13万円

注目の東西高級バスツアー 1泊2日18万円と2泊3日13万円

ひとり旅派に大好評の「ロイヤルロード・プレミアム」

 バスツアーといえば「格安」のイメージもあるだろうが、現在は高級バスツアーも続々登場している。その中でも特に贅沢なバスの旅を紹介する。

 JTBの「ロイヤルロード・プレミアム」は、シート数10席、全席窓側の1人用席という贅沢な設計。全ての席が通路と大きな窓に面しているので、存分に車窓の風景が楽しめ、車内移動も気兼ねなくできる。

 最大140度までリクライニングできる本革シートの座席には、液晶モニター、オーディオシステム、手元を照らすパーソナル照明を備え、テンピュール社製クッションやひざ掛けなども常備している。また、長時間の移動でも安心の、広々とした化粧室があるほか、全ツアーに添乗員が同行。車内ではドリンクサービスなど、きめ細やかな対応で快適な旅を演出してくれる。

 夏に向けて、花火大会や夏祭り、美術鑑賞、東京湾ディナークルーズなどのツアーがラインナップされている。プライベート感あふれるバスなので、ワンランク上のひとり旅を楽しみたいという人にも最適だ。

 中でも高級なのは、箱根から富士山麓を巡る絶景のドライブウェイと全室露天風呂つき客室「箱根小涌園 天悠」2日間のコース。8/14東京出発で、18万円~となっている。

 続いて、阪急交通社「サミットV.I.P」のバスツアー。同社では滋賀中央観光バスの最高級車「サミットV.I.P」を導入し、今年からツアーを開始。関西出発便では唯一となる10席(横2席、縦5列)仕様で、後部には化粧室を完備。座席は足元が広いリクライニングシートで、全席テレビモニターつきだ。

 高級なツアーは、出雲大社と山陰が誇る名旅館「佳翠苑皆美」・「依山楼岩崎」で寛ぐ 至高の休日 3日間のコース。2泊3日(6~11月)京都、大阪出発・13万5000円となっている。

※女性セブン2017年6月29日・7月6日号

関連記事(外部サイト)