円周率4万桁暗唱する84才男性の「3秒イメージ」記憶術

円周率4万桁暗唱する84才男性の「3秒イメージ」記憶術

円周率4万桁暗唱に成功した元ギネス記録保持者の友寄英哲さん(84才)

 友寄英哲さん(84才)は円周率4万桁暗唱に成功した元ギネス記録保持者で、ルービックキューブを目隠しで揃える競技の世界最高齢記録を持つ男性である。そんな友寄さんの記憶力の源泉を探ってみた。

 友寄さんは1932年に東京・文京区で生まれた。教師の父、専業主婦の母と2人の妹という5人家族だった。幼い頃から本が好きで『トム・ソーヤの冒険』『ジャンバルジャン』などの児童文学を読みあさった。

 小学5年生の時に戦争が始まり、千葉、岩手など全国各地に疎開。最終的に落ち着いた茨城での生活が、今に続く記憶力の素地を作った。

「一家は貧しく、山の麓の作業小屋のような住居に住んでいました。電気もなく夜は真っ暗。とても勉強なんてできません。中学時代は学校までの往復12kmを歩きながら勉強していました。“ながら”の習慣はその頃に身についたんです」(友寄さん)

 そして、“ながら”は友寄流記憶術のカギとなる方法の1つ。料理をしながらルービックキューブの解法を覚える、テレビを見ながら数独を解く…といった具合に、2つ以上の行為を同時にこなすことを友寄さんは大切にしている。彼の場合、幼少期の体験からそれが自然と体に染みついていたのだという。

 夜空の星の燦めきに魅せられ、天文学を勉強しようと東大を受験するも失敗。2浪の末、電気通信大学に入学した。運命の出会いは学生時代に訪れた。ある時、街中で20桁の数字を暗記する芸で観衆をわかせる大道芸人がいた。彼が売っていたのが、僅か10ページほどの小冊子だった。

「50円くらいだったかな。なんとなく買ってみたら、そこに書いてあったのが語呂合わせ式の記憶術だったんです。『4618』なら『シロイハ』と覚える。今でこそ数字の語呂合わせは有名ですが、当時はまだ珍しくてね。そのやり方が楽しくて、友人の電話番号や銀行口座、会員番号などを片っ端から覚えていきました」(友寄さん)

 暗記の魅力に取りつかれていった友寄さんは、大学卒業後、ソニーの前身、東京通信工業株式会社に入社。海外営業部門に配属され、世界各国を回った。27才の時、出張先で偶然、1000桁の円周率表を手に入れたことが、以降の人生を変えるきっかけとなった。

「半分趣味で覚え始めたら、30才で1000桁の暗唱に成功したんです。当時は通勤途中の往復3時間で少しずつ覚えていきました。駅まで歩きながら10桁覚え、電車の中で次の10桁を覚え…。“ながら勉強”の典型ですね。学生時代からずっとこの調子なので、何かをしながら暗記することが苦にならないんです。当時、ギネス記録が8000桁前後と知り、“これならできるかも”と新記録への挑戦を始めました」(友寄さん)

 コツコツと努力を重ね、46才で1万5000桁、翌年に2万桁の暗唱に成功した。記録が伸びたきっかけは「3秒イメージ」の発見だった。

「覚えたい数字を語呂合わせにして、3秒で言えて脳裏にパッと浮かぶ物語にする。3秒は人間の呼吸と同じリズムなんです。これが効果的だった。一呼吸で言える言葉は覚えやすい。 3秒イメージに気づいてからは無理なく自然に暗記することができるようになりました」(友寄さん)

 友寄さんはまず、語呂合わせ用に数字とカナの変換表を作成した。例えば円周率の最初の小数点以下10行、「1415926525」を覚える場合は、「141(都市の)」「592(黒人)」「65(婿)35(サンゴ)」に分け、「都市の黒人婿にサンゴ(をあげた)」というちょうど3秒で口にするストーリーを組み立てる。

「100桁なんてとても無理だと思っていたかたでも、この方法だと意外に簡単に暗唱できますよ」(友寄さん)

 抜群の記憶力は、仕事にも生かされた。46才で1万5000桁の暗唱に成功すると、創業者としてソニーを支えた井深大氏から声がかかった。

「どうせなら記憶を生かす仕事をしたらどうだ」

 そのひと言で、友寄さんは教育システム研究室に異動。能力開発の業務に携わるようになったのだ。研究の傍ら、54才で円周率4万桁暗唱に成功し、当時のギネス記録に認定された。数字の暗唱には17時間21分かかった。

※女性セブン2017年6月29日・7月6日号

関連記事(外部サイト)