「3年目の浮気」は脳のメカニズムとして埋め込まれていた

「3年目の浮気」は脳のメカニズムとして埋め込まれていた

結婚3〜4年は夫婦の“鬼門”に

《3年目の浮気》――交際開始から7年経った2014年9月18日に入籍した仲間由紀恵(37才)と田中哲司(51才)。このたび、妊活中の仲間の留守を狙って、田中が46才の超有名ヘアスタイリストと不倫をしていたことがフライデーされた。田中はすべてを認め、こんな謝罪文を発表した。

《この度の報道に関して、私の軽率な行動でお騒がせしまして、関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけしましたこと誠に申し訳ございません。家族には大変辛い思いをさせてしまい、今後このような思いをさせないと心から謝罪いたしました。皆さまの信頼を回復するべく芝居に精進して参りますと共に心からお詫び申し上げます》

 今のところ、夫妻に離婚話は持ち上がっていないというが、結婚3~4年は、すべての夫婦にとって“鬼門”ともいえる。

 例えば安達祐実(35才)とスピードワゴンの井戸田潤(44才)。交際5か月、2005年9月に結婚し、ツーショット会見を行った。しかし2006年4月に長女が誕生した直後、井戸田と元カノの浮気報道があり、結局2009年1月に離婚届を提出。夫婦生活は3年4か月だった。

 紗栄子(30才)と米・レンジャーズのダルビッシュ有投手(30才)の結婚生活は4年2か月だったが、離婚協議を始めたのはちょうど、結婚3年目。他にも内田有紀(41才)と吉岡秀隆(46才)が3年、スザンヌ(30才)と斉藤和巳氏(39才)が3年3か月、宇多田ヒカル(34才)と紀里谷和明氏(49才)が4年半…離婚までの平均期間は3~4年、という統計通りの結果となっている。

◆一度愛し合った仲が3年で終わるのは脳のせい

 誰かを好きになった瞬間、脳には大きな変化が起きる。とくに重要なのはPES(フェニルエチルアミン)という脳内ホルモン。これは、人を好きになったときに濃度が上がるので、恋愛ホルモンともいわれている。

 神経内科を専門とする医師で、著書に『脳が若返る30の方法』(中経出版)などがある米山公啓さんが説明する。

「恋愛ホルモンによって、脳内では一気にいろいろな物質が作動し始めます。例えば男女の絆や愛情にかかわる『オキシトシン』が、“一緒にいたい”“会いたい”という感情を作り出します。

 脳科学的には意味のない恋愛が、生物学的に重要な意味を持つのは、一緒にいる時間を長くさせて、生殖して子孫を残させるということ。だからPEAとオキシトシンが、一緒にいなければどうにもならないほどの気持ちを作り出すのです」

 さらに恋愛中の脳内には、報酬系と呼ばれ、幸福感をもたらし、やる気スイッチを押すといわれる神経伝達物質『ドーパミン』が、側坐核などから大量に分泌される。ほかにも脳幹では、覚醒力が強く、気分を高揚させ、血圧の上昇にも関係する『ノルアドレナリン』や、一途な想いを生む『セロトニン』なども作り出す。

「恋は盲目」とも「恋の病」ともいわれるが、恋愛中の人が周囲の声に耳を傾けることなく、いつもとは違う言動をしてしまうのは、これら脳内物質のせいだ。

「恋愛中の脳は、こうした活性化物質によって刺激され、快感が与えられることによって、活動レベルが上がります。そういう意味で、恋をしている脳は若いといえます。ただし脳は、ずっと刺激があるよりも、同じ状態を保ちたいという恒常性を求めるので、PEAは次第に枯渇し、結果的にこれが飽きとか、慣れという現象につながるわけです。

 一度愛し合った仲が、3~4年で終わってしまうのは脳のメカニズムとして組み込まれていること。それより長く恋人や夫婦の関係を続けるためには、理性を司る前頭葉の働きで、相手の存在を認め、自分の損得を考え、そこで一緒にいるべきかいないべきかを考え判断し、お互いを補完し合うような環境を作り出していくしかありません」(米山さん)

※女性セブン2017年6月29日・7月6日号

関連記事(外部サイト)