女性のための共同墓に会員900人、追悼会も開かれる

女性のための共同墓に会員900人、追悼会も開かれる

SSSネットワークが建てた「女性のための共同墓」

 お墓に「誰と入るか」、もう決めていますか。夫や夫の両親とは、嫌という人も最近では多い。さらに最近では独り身で、一緒に入る家族がいないケースもある。今回は、ノンフィクションライターの井上理津子氏が女性だけの共同墓について迫った。訪れたのは、東京都府中市の「府中ふれあいパーク」内にある「女性のための共同墓」だ。

 * * *
 こちらは2000年にNPO法人SSS(スリーエス)ネットワーク(東京都新宿区)が建てたもので、もう17年の歴史を刻んでいる。

 訪れて、やはりその美しさに目を見張った。そもそも府中ふれあいパークは、噴水や蔓棚、フェンスなども配され、色鮮やかなバラの花々が咲きこぼれる、ヨーロッパの庭園さながらの霊園だ。「女性のための共同墓」は、その一角の5m×2.5mほどの区画。白い石のしゃれたベンチと、赤や白のベゴニア、名前と生年月日(故人は没年月日も)を刻んだクリスタル・プレートに囲まれた 直径80cmの円形のお墓である。

 遺骨は、霊園が用意した小さな骨壷に移され、お墓の中の納骨スペースへ安置される。その骨壷に入りきれない遺骨は、納骨スペースの中に合葬される仕組みだ。お墓の上のガラスの蓋に、こう刻まれている。

〈個を生きる女性たち、ここに集う〉

 どういう意味なのか。SSSネットワーク代表で、『70歳、だから何なの』の著者、松原惇子さん(70才)はこう話す。

「結婚していようが、していまいが、誰しもは『ひとり』でしょう? ずっとシングルの人も、離婚した人も、結婚していて精神的に自立している人も『個』を生きているってこと。

 SSSネットワークの3つのSは『シングル』『スマイル』『シニアライフ』の頭文字です。20年前から『ひとり』『個』で生きる女性たち、ネットワークをつくって楽しく生きようよ、と活動してきたんです。ですから、『女たちの共同墓』は、そんな仲間つまり“墓友”たちが集う場所なんですね」

 近頃よく聞く“墓友”という言葉が出てきた。「お墓に一人で入っても寂しくないように、友達になっておこう」ということだろう。SSSネットワークは、「お墓を提供するためのNPOではなく、素晴らしい今と老後を過ごすための事業の一つが共同墓」という位置づけだという。

 会員が、お花見や食事会、終活に関する勉強会などで交流し、墓友になる。その証が、共同墓の区画にある、名前を刻んだプレートなのだ。

 目下、会員は40代から90代まで約900人。60代が43%と最も多く、50代23%、70代18%、80代以上8%、40代6%。約9割が首都圏在住者だそうだ。お墓の契約者は約300人。亡くなって、すでにお墓に入っている人が36人いる。

 ずっとシングルの人が多いのかと聞くと、「さっきも言ったように『個』に属性は関係ないでしょう? そういうことを問わないのがルールなので、会員の属性の統計はありません」。

 費用は、入会金1万円。年会費1万円。お墓の契約は、別途28万円。

「つい先日、共同墓に60人集まって追悼会をしたばかり。到着順に、バラを1輪ずつお墓に手向け、私が故人のプロフィールを読んで、ワインで献杯しました。そのあと、霊園のサロンでお茶とお菓子もいただき、みんなで2時間くらいお喋りしたかしら。素敵な時間でしたよ」(松原さん)

 国分寺市に住むフリーデザイナー、津田いづみさん(62才・仮名)は、8年前に会員になり、お墓の契約もした。

「私は、今風に言うと『おひとりさま』だけど、昔風に言うと『行かず後家』。好きな仕事をしっかりしてきたと自負していますが、それでも、どこかに引け目を感じるんです。もし、弟が継ぐ実家のお墓に入ったら引け目が大きくなります、きっと。私は1人で自由に生きてきたんだから、お墓も自由に選んでいいでしょう? 最後に自分が眠る場所を確保できた安心感は大きいです」

※女性セブン2017年6月29日・7月6日号

関連記事(外部サイト)