ラジオを通じて出合う音楽が生活の一部になることの幸せ

ラジオを通じて出合う音楽が生活の一部になることの幸せ

懐かしさを感じるメロディーで記憶力向上

 ラジオを語るうえで、忘れてはならないパートナーが音楽。ニッポン放送の長寿番組ANN(オールナイトニッポン)が始まった当時、番組で紹介したザ・フォーク・クルセダーズの『帰って来たヨッパライ』(1967年)は200万枚の大ヒットに。お茶の間のラジオやカーステレオから流れてくる流行歌に人々が夢中で耳を傾け、ラジオがヒット曲製造メディアだった時代もかつてはあった。

 2010年に社会現象となった植村花菜の『トイレの神様』もラジオ発のヒットといわれるが、最近、ラジオから生まれたヒット曲が思い当たらない。女性パーソナリティーの草分けである湯川れい子さんの『全米TOP40』(ラジオ日本)などを幼い頃から聴いて育ったという、音楽ジャーナリストの高橋芳朗さんは話す。

「アメリカの最新チャートを40曲も聴けて、“へぇ!”と前のめりになる解説を湯川さんがしてくれる。ぼくにとってラジオの音楽体験は衝撃的なものでした。レコードで聴いた曲よりも、記憶として鮮明に刻まれていますね。ぼくが小中学生だった1980年代頃は、AMもFMも、番組を録音する“エアチェック文化”があって、真剣にラジオに向き合って音楽をむさぼり聴く土壌があったんです。今はどうしても流し聴きというか、ラジオ音楽はBGM的な感覚が強いのかもしれないですね」(高橋さん)

 ラジオから情報を得る感覚ではなく、BGMとしてぼんやり“流す”リスナーが増えたことで、番組のあり方も変わった。実際、「最近は曲をかけながらその背景や成り立ちを解説する場が減っています」と、高橋さんは言う。

「ただ、“この番組はいい音楽をちゃんと解説する”と感じてくれたら、高頻度で聴いて、音源を買ってくれたりする。こちらも音楽のガイド役の気持ちで、愚直に泥臭い紹介を大事にしています」

「ラジオにはマジックがある」と言う高橋さんは、『ジェーン・スー 生活は踊る』(TBSラジオ)の選曲と金曜の音楽コーナーを担当しているが、その舞台裏についてこう明かす。

「選曲した人の熱意や想いを乗せることによって、ラジオから聴こえてくる音楽に特別な感動が生まれるんです。だからこそ、ラジオで紹介された曲から、名前も知らなかったアーティストにハマッたり、関心がなかったジャンルを聴き始めたりする。それは“事故”ともいえる。

 そんな素敵な出合いのために、幅広いジャンルの“これは本当に素敵な曲なんだな”と感じられる曲を選んで、変化球の解説をつけるなど、さまざまな仕掛けをしています」(高橋さん)

『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)が、放送批評懇談会の第54回ギャラクシー賞『ラジオ部門DJパーソナリティ賞』を受賞したが、そんな星野もANNは、思いがけないラッキーな事故に遭遇する機会が多い番組だという。

「それこそYMOから最新のヒップホップまで本当にいろいろな音楽をかけて、まさに事故を起こしにいっているような姿勢があります。時代やジャンルを飛び越えた選曲で、そこに星野さんの思い入れや、歌詞をどう読み取ったかといった感想、曲の構造の解説などを添えている。膨大なリスナーが熱狂するのは、そうした番組に飢えている証でもあると思います」(高橋さん)

 歌詞をかみしめ、曲の背景を想起させる。ラジオを通じて出合う音楽が生活の一部となることは脳にもいい、と脳画像診断医で「脳の学校」代表の加藤俊徳さんも話す。

「人は“懐かしさ”を感じる音やメロディーを耳にすると『聴きたい』という気持ちが能動的になります。『~したい』という気持ちは多くの能力を引き出すのですが、とりわけその力を発揮するのが聴覚系脳番地。聴いた曲は放送後に歌ったりするとなおいいですね。

 耳にした音を再現すると記憶力がアップし、同時に過去の記憶も呼び覚まします。歌でわくわくした気分になると、感情系や思考系の脳番地も連動して刺激されて、いい循環が生まれますよ」(加藤さん)

※女性セブン2017年6月29日・7月6日号

関連記事(外部サイト)