東出昌大不倫で注目“匂わせ女”、頭お花畑な【ド変態型】他

東出昌大不倫で注目“匂わせ女”、頭お花畑な【ド変態型】他

“匂わせ”で話題になった唐田えりかはどんなタイプ?(写真/時事通信社)

 東出昌大(32才)と唐田えりか(22才)の不倫騒動では、唐田がインスタグラムで交際をアピールするかのような“匂わせ写真”をアップしていたことも、火に油を注いだとされている。

 不倫した挙げ句それをSNSで拡散しようとする「匂わせ女」は相対する、理解できない存在かと思いきや、そうでもないという。こうした“匂わせ”に端を発するわずかな情報から対象物を“特定”する、探偵のようなネット住民がいる。ネット掲示板「既婚女性板」の住人で、通称「鬼女(きじょ)」と呼ばれる。20代の鬼女はこう語る。

「匂わせ女って自分のことを勝ち組と思っているかもしれないけれど、ネットでしか自慢できない人たちなんですよね。つまり、自分の存在意義をネットで確認している、私たち鬼女と同じだってこと。

 ただ、私たちはそれを自覚してやってますが、匂わせ女はバレても気づいていなかったふりをして“匂わせるつもりなんてなかった”と言うのも腹が立つ。本当に匂わせたくないんだったら、SNSをやめればいいんです。だけど彼女たち、絶対にやめないんですよね」

 確かに、叩かれたくないならば、匂いのもとを断てばいい。叩かれるとわかっていながら、そして秘密にしておいた方がいいとわかっていながら、なぜ女性は匂わせたくなってしまうのだろうか。

 精神科医の片田珠美さんが解説する。

「女性はどんな男性に選ばれるかで、自分の“付加価値”が変わってきます。素敵な男性に選ばれれば、その人自身が変化していなくても“あの人に選ばれるくらい素敵なんだ”と他者からの見る目が変わる。だから女性は、いい男は自分のものとアピールしたくなってしまう。

 一方の男性は、つきあう女性で自分のステータスが変わることはそれほど多くない。だから、匂わせをするのは女性が多いのだと思います」

 普通の主婦でありながら、ツイッターのフォロワー数は17万人を超える深爪さんによれば、「匂わせ女」は、【自己顕示型】、【牽制・威嚇型】、【ド変態型】の3つのタイプに分類できるという。深爪さんに3つのタイプをそれぞれ解説してもらった。

【自己顕示型】
「社会的地位の高い人や有名人と交友関係のある女性に多い。他人にうらやましがられることをモチベーションにして生きているが、自分からはあからさまに自慢したがらず、だからこそ匂わせる。潜在的にコンプレックスがあって自分に自信がないから、すごい人とつながっていることをアピールするのでしょう」

【牽制・威嚇型】
「ライバルへの牽制や威嚇が目的のこのタイプは、モテ男の不倫相手や浮気相手に多い。自己顕示型とは違い、このタイプは不特定多数の人間からうらやましがられることを目的としておらず、ピンポイントにライバルに対して優越感を得る。彼氏の家のベッドの下にアクセサリーをわざと落とすのもこのタイプ」

【ド変態型】
「不倫など“ワケありの恋”で頭の中がお花畑状態になっている女性に多い。自己顕示欲が強いわけでも、牽制したいわけでもなく、衆人環視の中で縦読みを投稿することで興奮し、恋愛が盛り上がる“ド変態”。ある意味、とてもピュアで正直なタイプ」

“匂わせたい”という欲望は、人間だけのものなのか。動物行動学者の竹内久美子さんが解説する。

「“匂わせ”という言葉を“自分の存在を主張する”と言い換えるならば、オスが縄張りを示すマーキング行為が当てはまるでしょう。しかし、匂わせ女の生理的行動を動物に当てはめるとなると、少し難しいかもしれません。動物の世界での同性同士の争いはもっと過酷で過激なものが多い。

 例えばイエスズメ。鳥類は9割が一夫一妻制ですが、イエスズメは一夫二妻になる時がある。つまり、“本妻”と“愛人”がいる状態。しかもオスは基本的に本妻の子を世話して、愛人との子はほったらかし。もちろん愛人はじっとがまんするわけもなく、本妻のヒナを攻撃し、殺してしまうことすらあります。するとオスは愛人の子の世話をしてくれるようになる。つまり、イエスズメのオスは、子育てをしてくれる存在だから、メスが取り合うようになるんです」

 人間の世界では、いくら相手が憎くても本人やその子供たちに手をかけることは御法度だ。しかしやっぱり相手は憎い、その気持ちが「匂わせ」行為を誘発するのかもしれない。

※女性セブン2020年2月27日号

関連記事(外部サイト)