ポスト安倍に小泉進次郎氏浮上 次の改造で厚労相起用か

ポスト安倍に小泉進次郎氏浮上 次の改造で厚労相起用か

いよいよ期待の星が初入閣か?

「一強」の安倍晋三首相の弱点は「後継者」が育たなかったことかもしれない。「総理の意中の後継者は下村博文さん、その次は稲田朋美さんだ」──かつて安倍後援会の大幹部はそう語っていた。だが、下村氏は加計学園スキャンダルに巻き込まれ、一時は「将来の女性総理候補」と持てはやされた稲田防衛相も森友学園疑惑や自衛隊PKO部隊の日報隠蔽問題で集中砲火を浴び、いまや党内に総理候補と考える者はいない。

 そこで2人にかわる新たな安倍後継者候補に浮上しているのが小泉進次郎氏だ。官邸の安倍側近筋が語る。

「官邸は次の改造でいよいよ小泉氏を厚労大臣に起用する方向だ。こども保険制度創設を提唱しているから、政権の次なるテーマの教育無償化を担当させるにはぴったり。なにより、クリーンイメージでムードを変えることができると期待されている」

 小泉氏は首相のライバルである石破茂・元幹事長に近いとされ、これまで「大臣にはならない」宣言で入閣の誘いを事前に断わってきた経緯がある。

 ところが、最近、その言動に変化が見られる。6月1日に日本記者クラブで開いた会見で、小泉氏は加計学園問題について質問されると「私は国家戦略特区、賛成です」と安倍首相擁護の姿勢を見せ、こう言い放った。

「この問題を見ていて思うのは、やっぱりフェイクニュースの時代ですね。何が本当で何が嘘か。一連の報道を見ていても、分からない。これって書かれる立場にならなきゃ、分からないですよ。(中略)だから痛切に最近のいろいろな報道を見ていると、トランプ米大統領がフェイクニュースという言葉をずいぶん有名にしたが、日本にもフェイクニュースは蔓延している」

 さらに安倍首相が読売新聞のインタビューで打ち出した改憲案(九条をそのまま残して自衛隊を明文化する考え)について、石破氏はじめ党内の改憲原理主義派からは批判があがっているが、小泉氏は石破氏とはっきり距離を置く言い方をした。

「私は当然だと思いますよ。むしろ自衛隊が違憲かどうかという論争が起きている状況を放置し続けることの方がおかしいと思いますから。(9条への自衛隊の存在の)明文化っていうのは当然じゃないですか」

 安倍首相は“生意気盛り”で政権に逆らっていた小泉氏を農林部会長にして農協改革を担当させ、いわば“雑巾掛け”をさせた。この発言を聞いて“ようやく丸くなったか。愛いやつだ”と考えたとしても不思議ではない転向ぶりだ。

「進次郎人気」で疑惑ムードを払拭したい安倍首相と、大臣になって自分で打ち出したこども保険創設で腕を振るいたい小泉氏。魚心あれば水心とはこのことかもしれない。

※週刊ポスト2017年6月30日号

関連記事(外部サイト)