カイメイ王子 元号「平成」制定は出来レースだった?

カイメイ王子 元号「平成」制定は出来レースだった?

カイメイ王子が元号「平成」を解説

 天皇陛下の生前退位を実現する特別法案が6月2日、衆院本会議で可決。9日には参議院本会議でも可決され成立した。天皇陛下の退位は2018年末が有力視されているが、ここで国民の大きな関心事となるのが年号だ。

「年号は世相をあらわすバーコードのようなもの」と話すのは、“カイメイ王子”の異名で知られる姓名判断士の天野充照氏。新たなる元号の誕生を前に、「平成」という元号がどんな意味を持っていたのか、カイメイ王子が姓名学の観点から解説する。

 * * *
 姓名判断士の天野充照(みつてる)です。巷では「カイメイ王子」なんて呼ばれています。ちょっと軽い名前ですが、正真正銘の姓名判断士として政財界のトップクラスの方へもアドバイスをさせていただいています。

 昨年夏、天皇陛下が「生前退位」のご意向をお示しになられました。現在それを受け、2019年1月に皇太子さまが次の天皇に即位するための話し合いが行われています。

 そこで私も画数や陰陽五行の専門家としてひと役買いたい…ということで、現在「大化」から始まり「平成」まで、南北朝時代に重複した16の元号を含めて、247のすべての元号を独自に調べています。

「元号は、その時代の世相をあらわすバーコードのようなもの」と、私は考えています。たとえば、日本国民全体が「今は平成!」と認識することで、「平成」という字の語源や画数、陰陽五行などが暗示する運気をさらに増幅させ、元号があらわす方向へと向かうということです。とても重要ですね!

 今回は、そんな元号に関する研究のなかでたどり着いた「平成」という元号制定は、「実はある程度出来レースではなかったのか?」といわれている仮説について、お話ししたいと思います。

 皆さんは「平成」という元号の“名付け親”といわれている方をご存知でしょうか? それは、陽明学者・思想家の安岡正篤先生です。

 昭和の歴代首相たちの指南役を務め、当時の政治思想に大きな影響を与えた人物で、昭和の次の元号として「平成」を提案していたといわれているのです(ただし、「平成」の考案は別の人物だという説もあります)。「平和が成り立つ」という意味で「平成」だそうです。シンプルでわかりやすく、受け入れやすいですね。

「平成」の意味もさることながら、姓名学を学ぶ者としては画数が気になります。平(5画)+成(7画)で12画。

 ここで「成」は6画だと思われる方が多いと思いますが、姓名学は「中国の甲骨文字を起源とする統計学」ですので、現在の簡易化された字とは画数が異なる場合があります。昔の字の画数でみるので、「成」は[大熊努1]6画ではなく7画となります。

 12画は一般的に、とても精神的葛藤の強い運といわれています。「力不足で意志薄弱、無力なのに、無理に伸びようとし、分不相応の企てをして失敗する」「もう一息のところで幸福や成功がつかめず、中途挫折する恐れあり」などと、いわれることがあります。

 また、「周囲にもなかなか自身を理解してもらいにくく、誤解されやすい」ともいわれることも。“自身”というのを日本と考えれば、“周囲”というのは諸外国ということになるのかもしれません。

「こんなハズじゃないのに!」「我々はまだまだこんなもんじゃない!」と葛藤し、自問自答を繰り返し、疲弊していく…。そして、前に進もうにも進めず、その場で足踏みをし続ける…。「平成」という元号にはそんな暗示があるということです。

 一方で「繊細なため、ヒト(他国?)をマネージメントし、育てる能力がとても高く」、それにより、「間接的に評価される可能性もある」といった要素もあり、補佐役に向いている時代といえるのかもしれません。

「平成」という元号を画数から紐解いてみると、以上のような様々な要素があったということになりますが、実際はどうだったでしょうか…?

 さて、よく話題になるのが、元号が「平成」に決定する際、ほかにはどんな最終候補があったのかということです。

 元号は、有識者の懇談会であげられた候補をもとに、閣議で決定されます。昭和から平成に変わる際、最終候補となっていたといわれているのは「平成」「正化(しょうか)」「修文(しゅうぶん)」です。しかし、「平成」以外の「正化」「修文」は始めから選ぶ気はなかったのではないかと想像できます。

 お役所関係の書類などで「年」を記入する際に、明治、大正、昭和、平成と書かずに、イニシャルで「M・T・S・H」と表示される場合がありますよね。

 なので、新しい元号の頭文字は「M・T・S」以外でないと、ややこしいのです。「正化」、「修文」は、ともに頭文字「S」なので、表示は「M・T・S・S」となってしまう。どんなにわかりやすく表示しても、国民の誰かは間違えて記入してしまうかもしれません。そういった理由でこれらは、最初から選ばれるはずもなかったのでは?と考えられています。

 次回は、平成の次に選定されそうな元号の「頭文字(イニシャル)」と、その「具体的な字」について、お話したいと思います。

【プロフィール】
天野充照(あまの・みつてる)/1976年1月1日生まれ。出身は関西、現在は福岡県博多区に在住。関西大学卒業。24歳の頃、事故で一過性の記憶喪失になった後、ミュージシャンを目指すための芸名を授かったことがきっかけで、姓名判断に興味を持ち、学び始める。広告代理店にて企画・制作の仕事に携わり、脱サラ後に独立。姓名判断士「カイメイ王子」として福岡において話題の人となり、知名度と実績、信頼を積み上げる。

現在、数千人を姓名鑑定し、400人近くの方の命名(ビジネスネーム、赤ちゃん、社名など)に携わっている。姓名判断が学べるオンラインサロン「姓名判断アカデミー」を主宰。

関連記事(外部サイト)