「囲碁界のドン」が女流棋士に訴えられた 処分の裏に権力闘争

「囲碁界のドン」が女流棋士に訴えられた 処分の裏に権力闘争

小林覚・日本棋院理事(時事通信フォト)

 10歳でプロ棋士となった仲邑菫(なかむら・すみれ)初段の活躍でブームが高まる囲碁界に異常事態が起きている。2月12日、「最後の無頼派」「天才棋士」と呼ばれた依田紀基・元名人(現九段)に囲碁界の“総本山”日本棋院が「半年間の対局禁止」処分を下したのだ。元名人が碁を打てない? 何が起きているのか。

◆天才少女を見出した

 依田氏といえば、名人4期、碁聖などタイトル獲得数36回、国際棋戦で4回優勝という世界的に知られる名棋士で、「政界きっての打ち手」といわれる小沢一郎氏の囲碁の師としても知られる。

 処分のきっかけは、「フマキラー囲碁マスターズカップ」での前代未聞の“不戦敗事件”をめぐる依田氏と「囲碁界のドン」小林覚・日本棋院理事長との確執だった。

 事件は昨年6月の準決勝で起きた。

 その頃ツイッターで小林執行部を批判していた依田氏は、対局場に現われず不戦敗となる。これにスポンサーのフマキラーは今大会限りでの棋戦の廃止を決定し、日本棋院は大ダメージを受けた。

 怒った小林氏は、依田氏が執行部批判を繰り返して準決勝を欠席したことで、「棋戦そのものに傷が付いたとして、フマキラー社がスポンサーを降りる意向を示していた」と説明し、処分を検討すると言及した。

 小林氏も囲碁界最高のタイトルである棋聖などを獲得した名棋士で、依田氏とはタイトルを争ったライバル。「英才特別採用推薦棋士」制度をつくり、仲邑初段を見出した、現在の囲碁ブームの仕掛け人とも言われる。

 対して依田氏は記者会見(昨年10月30日)を開き、逆襲に出る。欠席の経緯をこう語ったのだ。

「前日に会場ホテルに入ったが、ホテルの一室で小林理事長は『依田は対局すべきではない』『依田を優勝者にさせるわけにはいかない』と言い、私は理事長から準決勝対局の不戦敗を申し渡されました。前夜祭の出席も許されませんでした」

 両者の主張が完全に食い違っている。

 実は、対立の背景には“女の怒り”があった。依田氏の妻で日本棋院の現職理事でもある原幸子四段が、別件で小林氏を訴えていたのだ。訴状や裁判記録からざっと経緯をたどってみる。

 原告の原氏はNHKの囲碁番組で司会を務めたこともある人気女流棋士。トラブルの発端は2018年の理事選挙の際、当時常務理事だった原氏が棋士たちに送ったメールだった。

〈今回の役員選挙。この2年間での常務理事会の中で規約違反など様々な理由で注意を受けた人間が反旗。「團理事長は怒りっぽくて酷い人」と、反理事長勢力を作り、たくさんの役員候補を立てて現職を降ろし、総入れ替えしようとしているようです〉

◆棋士によるクーデター?

 当時の團宏明・理事長は元日本郵政副社長で、外部から招聘された人物。それを煙たがった反理事長派の棋士が“クーデター”を起こそうとしていると読み取れる内容だった。日本棋院内部の権力闘争である(團氏は本誌取材に「訴訟について、私は何も知りません」と回答)。

 この團氏が昨年3月、日本棋院の経営立て直しに失敗したことを理由に突然辞任し、副理事長だった小林氏が理事長に就任すると、原氏は「中傷メールを送った」と臨時理事会で常務理事を解職(理事は継続)される。原氏は昨年8月、解職決議は無効だと地位保全の訴訟を起こす。

 そもそも依田氏がツイッターで小林氏を批判したのは、妻の解職に納得できなかったからだった。

 本誌は原氏に取材を申し込んだが、「訴訟中なので取材は受けられない」と話すのみ。かわりに依田氏に話を聞くことができた。

「覚さんとは棋士の中で一番仲が良かったんです。仲邑菫ちゃんの話もして、入段(プロ入り)はいいことだと。しかし、組織のあり方は間違っている。現体制は、自分の仲間は擁護するけれど、気に入らない人間はどんな理屈をつけても排除しようとする集まりにしか見えない」

 日本棋院は「係争中のため、コメントを差し控えさせていただきます」と答えた。

 日本棋院では仲邑初段に続けと12歳の上野梨紗氏、13歳の張心澄(ちょう・こすみ)氏らが続々プロ入り。“天才少女”たちの熱戦でブームが盛り上がりそうな時に、依田氏と小林氏の泥仕合は水を差すことになりかねない。

 元名人と元棋聖は、どこで“手筋”を読み間違ったのだろうか。

※週刊ポスト2020年2月28日・3月6日号

関連記事(外部サイト)