高齢でも記憶を司る“海馬”の神経細胞は増えるもの、ご安心を

高齢でも記憶を司る“海馬”の神経細胞は増えるもの、ご安心を

ルービックキューブを目隠しで揃える競技の世界最高齢記録を持つ友寄英哲さん(84才)

 柔和な笑顔をたたえる男性は、友寄英哲(ともよりひであき)さん(84才)。円周率4万桁暗唱に成功した元ギネス記録保持者で、ルービックキューブを目隠しで揃える競技の世界最高齢記録を持つ男性である。

 友寄さんは27才から円周率暗唱を始め、54才で円周率4万桁暗唱に成功。1992年にソニーを定年退職した後も円周率5万桁を目指し、挑戦は続いた。72才の時にルービックキューブの面白さを知り、記憶力トレーニングに取り入れた。

「ある日、目隠しをしながらルービックキューブを完成させる少年がテレビに出ていたんです。感動しましてね。大会があることもわかり、挑戦してみよう、と。でも、試してみたら高齢者には非常に難しい競技だと気づきました。瞬間的な記憶力と極度の集中力が必要だからです。当時の世界最高齢記録保持者が63才のスウェーデン人というのも納得しました」(友寄さん)

 日々キューブを回し、試行錯誤を繰り返しているうちに、ひとつのアイディアがひらめいた。キューブの各面に番号を振ると、解法の手順をすべて数字で表せたのだ。各面の色位置をすべて覚え、どこを何回転回せば元の位置に戻るか、脳内で完成までの手順を数式化して記憶する。それを基にキューブを回転させると、目隠しをしていても完成したのだという。

 常人には不可能な領域だが、同方法で友寄さんは80才にして目隠しキューブの世界最高齢記録を達成。時間は25分4秒。83才で13分55秒と約半分に短縮し、昨年も自己記録を更新したという。

 友寄さんの記憶力は、なぜかくも高い次元で保たれているのか。脳科学の最新研究では、頭を使う行為と運動を組み合わせた「デュアルタスク」を行うと、人間の脳の萎縮を抑え、記憶力を改善するとの知見がある。友寄さんの習慣である“ながら勉強”はまさにデュアルタスクそのものといえる。

 友寄さん曰く、それ以上に重要なのが日常生活の「7K」にあるという。「興味」「競争」「緊迫感」「環境」「体」「心」「家事」の頭文字を取ったものだ。

 彼は70才を過ぎてからルービックキューブに興味を持つほど好奇心が旺盛で、テレビは雑学系やクイズ番組を好んで視聴する。円周率やキューブの世界記録に挑むなど競争心も強く、対戦相手と競う囲碁や将棋といったゲームが大好き。「次の駅までに10桁覚える」など、時間の制限を作り、日常的に緊張感を持ってきた。

 騒音がなく集中できる環境に加え、偏らない食生活と適度な運動で健康を維持。ストレスをためずリラックスし、料理、洗濯など率先して家事をこなして脳を活性化させる。

「記憶力にかかわらず、日々の生活がすべての基礎になっていると思います。テレビで興味のある話題があったら、それを今度、どのグループの誰に話そうかと考える。その時点で自分の頭の中で話を整理するわけです。日常のささいな行動が脳の活性化に繋がっています」(友寄さん)

◆「長期記憶」は高齢者にとっては重要

 脳科学の第一人者で、自然科学研究機構生理学研究所教授の柿木隆介さんも、とりわけ「興味」「競争」「緊迫感」が大切だと話す。

「脳の神経細胞は加齢とともに減少し、一度減ったら増えることはありません。しかし、記憶を司る『海馬』の神経細胞だけは増える可能性が指摘されているのです。その際に重要なのは、心理的な要因です」

 柿木さんは一例として、ロンドンのタクシー運転手を挙げる。ナビ要らずといわれる彼らの頭の中にはロンドンの地図が丸ごと入っており、客が行き先を告げると迷うことなく車を走らせるといわれている。

「ドライバーの脳を調べたところ、驚くことがわかりました。勤続年数と海馬の神経細胞数が比例していたのです。ドライバーはライバルが多く厳しい競争環境にあり、新しい道を覚えるにはモチベーションが必要。厳しい試験もあり、緊張感を持って仕事に臨む。これらの要素により海馬の働きが活性化され、神経細胞が増えたと推測されます」(柿木さん)

 加えて友寄さんのケースは、「長期記憶」が優れている可能性を指摘する。

「人間が得た情報はまず海馬に一時的に集められ、極めて印象が強かった情報は側頭葉にある“保存室”に収められ、長い間忘れられない『長期記憶』になります。一方、保存庫に収められない不必要な情報は『短期記憶』として次第に忘れられる。

 高齢者の中には、ついさっきの出来事は覚えていないのに、昔の歌は覚えているというかたが多いでしょう。これは海馬の神経細胞が減ったことで起きる現象です。友寄さんが80才を超えても円周率を暗唱できるのは、加齢で海馬が衰える前に『長期記憶』として保存したからだと考えられます」(柿木さん)

 心身の健康もまた、脳に多大な影響を与えているという。『「脳が若い人」と「脳が老ける人」の習慣』(アスカビジネス)の著者で早稲田大学研究戦略センター教授(脳神経科学)の枝川義邦さんが語る。

「海馬の神経細胞の増加には、有酸素運動が効果的だといわれています。少し速めの散歩や、しゃべりながらできる運動が良い。海馬への情報の入口で神経細胞を増やす働きを持つBDNFという栄養因子があり、有酸素運動でこの因子が増えることがわかっているんです。

 ちなみに筋トレも有効です。筋肉が壊れ、超回復する過程でイリシンというホルモンが放出されますが、これもBDNFを増加させる働きがあることが判明しています」

 友寄さんは毎朝、有酸素運動のウオーキングをしており、これも記憶力の向上に一役買っていたことになる。

「指先を動かすことも脳の脳細胞を刺激することに繋がります。『触覚』から入る情報を処理する神経細胞のうち、指先から脳に伝わる神経細胞が非常に多いんです。記憶力の向上と直接関連があるかは疑問が残りますが、神経細胞を働かせることは脳の血流にもよく、老化防止にも効果的です」(枝川さん)

 ルービックキューブはまさに指先から脳を刺激するツール。友寄さんの言うように、日常生活のすべてが脳を活性化させる要因になっていた。

※女性セブン2017年6月29日・7月6日号

関連記事(外部サイト)