囲碁対局停止処分の依田九段 「最後の無頼派」の仰天伝説

囲碁対局停止処分の依田九段 「最後の無頼派」の仰天伝説

中国の馬暁春九段を下し、元老戦優勝を果たした依田紀基九段(2019年1月17日 新華社/共同通信イメージズ)

 2月12日、囲碁界の総本山である日本棋院を不当に中傷したとして、元名人の依田紀基九段(54)が半年間の対局停止処分となった。そもそも依田九段とはどんな棋士なのか──。依田九段を十代のころから知っている囲碁ライターの内藤由起子氏が、依田氏にまつわる“ぶっ飛んだ”エピソードの数々を明かす。

 * * *
 依田九段は1966年北海道美唄市に生まれ、岩見沢市で育った。小学5年生で単身上京し、安藤武夫七段宅で内弟子生活を送る。

 1980年、14歳でプロ入りしたときから「将来の名人」と目され、その期待通り2000年に念願の名人となった。名人4連覇や世界チャンピオンになるなど、トップ棋士として活躍していた。

 一流棋士でも、国民栄誉賞を受けた井山裕太三冠ら平成生まれになると、常識的な人がほとんどだ。けれども、借金にまみれ、アルコール中毒、さらには病気と闘いながら碁を追究した藤沢秀行名誉棋聖に代表されるように、昭和以前生まれは実に個性豊かな棋士が多かった。

 そんな中、依田九段は“最後の無頼派”と評される。

◆遊びたいがために18歳で独立

 依田九段の師匠、安藤七段は、「衣食住などの環境を整えてやれば、あとは本人のやる気、努力次第」という育成方針だった。

 依田少年は持ち前の集中力で碁に没頭し、碁盤の目(縦横の線)がすり切れて消え、のっぺらぼうになるまで碁石を並べて勉強した。

 その一方で、一般常識と思われるようなことが、できないこともあった。

 たとえば、20歳を過ぎても、ネクタイをひとりで結べなかった。碁に関係ないこと、必要があると思えないことは覚えようとしないのだ。テレビ対局のときなどは、首を差し出してスタッフらにネクタイを締めてもらっていた。

 そんな状況でも、「何かに大きく秀でている子は、何かできないことがあるものだ。仕方がない」と、師匠は無理に教えこもうとはしなかった。

 18歳で内弟子から独立して一人暮らしを始めたのは、遊びたいがためだった。碁の勉強を疎かにし、博打、酒、オンナにのめり込んでいったという。

〈この当時は女性が複数いる時期のほうが長かった。電信柱すら女体に見えるサル状態だったから、最高で8人同時進行という時期もあった。それでもほとんど罪悪感はなかった。恋人の関係という意識が希薄だったからである〉

と、依田九段は著書『どん底名人』(角川書店)でも吐露している。

◆100万円使い切るまでギャンブルはやめない

 ギャンブルは好んでやった。タイトル戦で韓国を訪れたときも、時間が空くとカジノに向かった。バカラをやるためだ。

 持ち金は100万円。負けている時間のほうが長かったのだが、いっとき、勝ちが続いてもやめないし、残りあと数万になっても「これだけ残っているから」とやめない。結局100万円をすべて使い切って、やっと勝負が終わる。

「こんなところで勝って、運気を使ってはいけない」と依田九段は大真面目に言うのだ。

 持ち金の範囲内ならまだいい。韓国に対局に行くと決まってカジノに入り浸りになり、借金をしてまでギャンブルにのめり込むこともあった。「金銭感覚が麻痺し、やめられなかった」と著書『プロ棋士の思考術』(PHP新書)で記している。

◆ガスコンロの消し方がわからず、つけっぱなし

 妻の原幸子四段も、新婚当初から依田九段の奇行を度々目の当たりにしてきたという。

 原四段が出張で家をあけて帰ってくると、ガスコンロの火がつけっぱなしだったことがあった。依田九段が火をつけたものの、消し方が分からなかったのでそのままにしたというのだ。

 また、当時、依田九段はファミコンの「三国志」に凝っていて、朝から晩までやっていた。原四段が仕事に出たときと、2日ほどたって帰ってきたときの、依田九段のテレビの前でコントローラーを握り座っている姿勢が全く同じだった。違うのは、依田九段の周りに、ビールの空き缶や食べ物の空袋などが散らばっていたことくらい。

 これほどまでに集中力があるから名人にもなったのだと、妻は妙に感心したという。

 妻とは現在、別居中で一人暮らし。料理をしたとき、野菜の切れ端や食べ残しなど生ごみをトイレに流し続け、詰まらせたことも。排泄物もそうなる前の食材も、同じだろうから流してもいいと考えたというのだ。

 じつは20歳前後まで、依田九段は無口だった。小学生から成績はほとんど「オール1」だったといい、十代のころは、勉強ができない劣等感が強かった。「こんなアホの話は誰も聞かないだろうし、バカがばれるから」と、しゃべらなかった。

 ようやく人前でも話せるようになったのは、新人王などのタイトルを獲得したころからだろうか。驚くほど雄弁になるとともに、自分のことも赤裸々に正直に話すようになった。

 依田九段の信条は、「絶対にウソはつかない」。ウソをつくと後々の辻褄合わせが大変になる。本人も過去に「バカだからどんなウソか覚えていられないから、ウソはつかない」と話していた。

 

 ギャンブルにのめり込むことがあっても、囲碁に対してのひたむきさを失わなかったのには理由がある。20歳前、新宿歌舞伎町に入り浸り、遊び惚けて碁の勉強をしなくなった依田九段が立ち直ったきっかけがあった。先輩棋士からこんな言葉を突きつけられたのだ。

「依田君、何が惨めかって、碁が弱い碁打ちの人生ほど惨めなものはないよ」

 この言葉が心に刺さり、碁に向き直ったという。今でも何かあると、自転車に乗って、亡くなったその先輩棋士の墓参りに行くのだとか。

 プロ棋士なのだから当たり前といえばそれまでだが、対局前夜は、酒はほどほどでさっと切り上げるようになった。酒もギャンブルも結局はやめられないのだが、囲碁には真摯に向かった。

 いまも依田九段の碁に対する真っ直ぐな気持ちは揺らいでいないだろう。

「棋譜(打った碁の記録)は生きた証」と依田九段は言う。今回の日本棋院とのゴタゴタで、半年間、生きた証を残せないことになる。

 依田九段は〈このところの一連の棋院の対応は理解しかねる〉として、近日中に記者会見を開く予定だという。自身のブログでは、〈日本棋院現執行部のつき続けてきた嘘を明らかにする〉としたうえで、〈記者会見で執行部の嘘を証明できなかったら切腹する〉と綴るなど、並々ならぬ覚悟がうかがえる。

「絶対にウソはつかない」を信条に、囲碁人生だけは愚直に歩んできた依田九段──。果たして日本棋院との“ドロ仕合”は、どう収束するのだろうか。

関連記事(外部サイト)