兵庫県知事選出馬の勝谷誠彦氏、「公約」でなく「目標」に納得

兵庫県知事選出馬の勝谷誠彦氏が「公約」でなく「目標」発表 「明るく楽しい兵庫県」

記事まとめ

  • コラムニスト・勝谷誠彦氏が兵庫県知事選に出馬、ニュース編集者の中川淳一郎氏が解説
  • 勝谷氏は「明るく楽しい兵庫県」と「公約」を立てたが、厳密には公約ではないという
  • 勝谷氏のホームページには「いいかげんな『公約』をする勇気が私にはない」と記載

兵庫県知事選出馬の勝谷誠彦氏、「公約」でなく「目標」に納得

兵庫県知事選出馬の勝谷誠彦氏、「公約」でなく「目標」に納得

兵庫県知事選出馬の勝谷誠彦氏

 コラムニスト・勝谷誠彦氏(56)が兵庫県知事選に出馬した。同氏とニコニコ生放送で時事放談を行ってきたネットニュース編集者の中川淳一郎氏は、「まさか」と思ったというが、このたび発表された「目標」を見て納得がいったという。同氏にとって勝谷氏の人物像はどう映っているのか。中川氏がつづる。

 * * *
 今回勝谷さんは「明るく楽しい兵庫県」という「公約」を立てましたが、厳密には公約ではありません。勝谷さんのホームページの「政策データベース」欄にはこうあります。

〈4年の任期の間には、さまざまなことが起きるでしょう。天災もあるだろうし、県だけではどうしようもない国政の上での変化もあるかもしれません。それらを予測して、いいかげんな「公約」をする勇気が私にはない。

「目標」を掲げようと思います。私が知事にいる間には達成できなくとも、いつかはそこに到達したいという輝く星を掲げたいのです。県民と県職員がみんなでその星を見つめて、あそこに行くのだと思えるような。〉

「公約」というものは本来は容易に言えないということですね。だから「目標」にした。政治家は選挙期間中のみ夢を与えがちで、その後は「状況が許さなかった……」「想定外の事態が発生した……」などと言い、公約を守れないことはよくあります。有権者は失望し、「あの時公約してくれたからあなたに投票したのに」と思ってしまう。だからこそ「目標」という言い方をしたのでしょう。私は政治家は現実的な思考の持ち主であって構わないと思っています。

 その目標をするためには「監査」が必要だと勝谷さんは述べます。つまり、県民が払った税金がいかにして使われたのか、儲かったのか? ということを県民に示すことが必要だということです。

〈惰性で垂れ流している死んだお金を、未来、将来のために活用する。すると、まちがいなく「明るく楽しい兵庫県」になるのです。私は知事という「名前」が欲しいわけではなく「監査」ができれば、それでいいくらいのつもりでいます。〉

 現在の喫緊の課題としては、「厳しい財政状況」「情報発信力の不足」「県政の凋落」の3つを掲げ、細かい取り組むべき課題も多数挙げています。正直、あの酔っ払いの勝谷さんがこんなことを考えていたのか! と驚く面も多かったのですが、もしも通ってしまったらあぁ、遠くへ行ってしまうのかなぁ、という若干の寂寥感も持ちつつ、勝谷さんの「目標」である「明るく楽しい兵庫県」について勝手にその思いを汲み取ってみます。

◆会ったその日に焼肉をおごってもらった

 元々、私が勝谷さんと知り合ったのは2009年4月のことでした。『ウェブはバカと暇人のもの』という本を出したのですが、売れ行きは良かったものの、ブログ以外ではとんと書評が書かれない。それまでの「明るいインターネット」とは真逆の「カオスなインターネット」について書いただけに、これまでネットを礼賛してきたメディアにとっては紹介するわけにもいかなかったのでしょう。そんなところで突然来たのが「日経パソコン」でコラムを執筆していた勝谷さんからの取材依頼でした。

 取材当日、東京・麹町の勝谷さんのオフィスが入ったビルのロビーでお会いしたのですが、会うなり「いやぁ~、痛快だったよ! やっと本当のことを書く人が出たかと思ってさ! いやぁ、面白かった!」と言い、基本的にはひたすら私の生い立ちやら最近考えていることを聞くだけという取材になりました。ネットの話などほぼしていません。そして、終わったところで「ところで淳ちゃん、腹減ってる?」と言うではないですか。そこで、「減ってます!」と言ったら「よし、焼肉食べ行こう、プロレス好きが集う焼肉屋があるんだよ」と言います。

 ライターと勝谷さんと3人でタクシーに乗り、焼肉屋まで行ったのですが、ワンメーターでした。当時は2kmで710円だったのですが、1000円札を出した助手席の勝谷さんは「お釣りはいいですよ」と運転手に言います。運転手は「こりゃま、まぁ、どうも、ありがとうございます」と言ってました。勝谷さんは普段から1000円以下の場合、お釣りはもらわないようにしているとのことです。私などケチなものですから、290円のお釣りをもらっておけば500mlの缶ビールを買ってお釣りがくるじゃないか、などと思い、そのことを口にしたのですが、勝谷さんはこう言いました。

「そりゃ、ビールを買えば淳ちゃんは幸せになるかもしれないけど、そこで終わりだろ? もしかしたら今の290円で今の運転手さんが次のお客さんに対してにこやかに接したら、そのお客さんももしかしたら家族や職場の人に対して気持ちよく接するかもしれない。そうしたら家族や職場の人も気持ち良くなるんじゃないかな。290円の有効活用としては、優れているんじゃないかと思う」

 以後、一緒にニコ生をやるような関係になっていったのですが、意外に繊細かつ気配りの人だな、ということは常に感じていました。途中鬱病であることを「週刊SPA!」で明かしたり、雌伏と思索の時間を過ごした勝谷さん。尼崎に住んでいたお父様も亡くなり、様々な達観もあり「明るく楽しい兵庫県」という「公約」ではなく「目標」を抱くに至ったのではないでしょうか。「目標」という控えめな言い方をして大風呂敷を広げない、というところに同氏の現実主義者としての顔を見るのでした。

関連記事(外部サイト)