ヒアリの恐怖は命以外にも、米で6000億円超の経済的被害

ヒアリが日本上陸 米国では毎年100人もの命が奪われ、6000億円超の経済的被害

記事まとめ

  • ヒアリが神戸港で水揚げされたコンテナから日本に上陸したことが5月下旬に確認された
  • ヒアリの攻撃的な性格と尻の毒針によって、米国では毎年100人もの命が奪われている
  • ヒアリの定着が確認されている米14州の経済的被害の合計額は6月22日現在で約6069億円

ヒアリの恐怖は命以外にも、米で6000億円超の経済的被害

ヒアリの恐怖は命以外にも、米で6000億円超の経済的被害

神戸港から日本上陸したヒアリの恐怖

 神戸港で水揚げされたコンテナから日本に上陸したことが5月下旬に確認されて以来、連日のようにメディアで報じられている「ヒアリ」。攻撃的な性格と尻の毒針によって、米国では毎年100人もの命が奪われている。

「刺されて死ぬこと」はもちろん恐ろしいが、そればかりではない。1930年代からヒアリ被害に悩まされる米国では経済的にも深刻な打撃を受けている。

 テキサスA&M大学農業経済学部のカーティス・ラード氏らの2006年の調査によれば、ヒアリの定着が確認されている米14州の経済的被害の合計額は54.6億ドル(約6069億円。6月22日現在、以下同)にのぼる。

 被害の内訳は「一般家庭」が年間約36.7億ドル(4075億円)、次いで「電気・通信」が6.4億ドル(711億円)となっている。

 巣が建物や道の下に作られれば、倒壊や陥没の危険性があるほか、通信ケーブルや電気設備を破壊することが報告されている。

 農業への影響ももちろん甚大で、年間4.2億ドル(466億円)の被害があるという。ヒアリは作物を枯らす原因となるである害虫・アブラムシの数を激増させるからだ。神戸港のヒアリ駆除を担当した、環境省外来生物対策室の若松佳紀氏が言う。

「ヒアリはアブラムシが出す甘い体液を好むため、共存関係を維持するべくアブラムシを保護する習性があります」

 もし日本にもヒアリが定着すれば、甚大な被害は避けられない。日本経済への影響を、アリの生態に詳しい九州大学の村上貴弘准教授がこう予測する。

「今は温暖な地域にしか生息できないといわれているが、ヒアリは環境適応能力が高いため、関東から沖縄までなら住み着く可能性は十分にある。各地の農業への影響はもちろん、東京、大阪、名古屋といった大都市で定着すれば、その被害額は甚大でしょう」

“蟻の一穴”の時点から凶暴すぎる。

※週刊ポスト2017年7月7日号

関連記事(外部サイト)