マスク品薄、解消いつ? 政府「1億枚供給宣言」でも買えず

マスク品薄、解消いつ? 政府「1億枚供給宣言」でも買えず

店頭で普通に買えるようになるのはまだ先になりそう(時事通信フォト)

 中国・武漢発の新型コロナウイルス感染拡大により、日本各地のドラッグストアやコンビニの店頭からマスクが消えてから早くも半月が過ぎた。家庭向けはもちろん、病院や介護施設などで使う医療向けでも、マスク不足が深刻化している。現在の品薄感は、いつ解消されるのだろうか──。

 日本衛生材料工業連合会の統計データによると、2018年度に日本で流通した家庭用・医療用・産業用マスク約55億枚のうち、輸入が約44億枚、国内生産は約11億枚だった。8割を主に中国からの輸入で賄っているのが日本の現状だ。病院や介護施設に衛生用品を納入する販売代理店の営業担当者はこういう。

「多くの施設が中国製マスクを使用するなか、輸入がストップしたせいで、2月以降は全く納入できていません。各施設から在庫の確保をお願いされましたが、納入実績のない国産マスクを優先的に回してもらうことは難しく、ほとんど応えられませんでした。2月末には中国からマスクを積んだ船が入港できるかも、との情報がありますが、定かではありません」

 こうした窮状を打開すべく、政府も動きを見せた。菅義偉官房長官は2月12日の会見で次のように“宣言”した。

「マスクは中国からの輸入停滞などにより品薄状態でありますが、厚生労働省、経済産業省が強く増産要請をし、24時間生産の体制強化により、早ければ来週(17日の週)以降、例年以上の毎週1億枚以上が供給できる見通しであります」

 実際、『エリエール ハイパーブロックマスク』などを販売する大王製紙の広報課は「フル生産体制です」としており、供給に全力を挙げているが、週が明けた17日以降も店頭にマスクが並んでいる様子は見られない。『超快適』マスクを販売するユニ・チャームの直販サイトでも〈マスク・ウェットティッシュは受注集中のためお届けにお時間を要します〉との表示が出ている。流通アナリストの渡辺広明氏はこう見る。

「マスクの品切れ・品薄状態が半月近く続く間、ドラッグストアよりもコンビニで少量パックの商品が並ぶケースが目立ちました。流通の構造上、直営のドラッグストアよりフランチャイズ店のコンビニのほうが欠品に厳しく、優先的に納品されるからです。とはいえ、発注単位が絞られるようになり店頭に出せる数が少ないので、夜に入荷しても朝には売り切れてしまうコンビニがほとんど。この状況は先週から変わっていません。

 政府が『供給できる見通し』と宣言した1億枚について、マスクの流通に携わる関係者からは、『医療や介護の現場に優先的に配分されるようだ』との話が一部から聞こえてきました。増産したマスクを店頭に並べても、一部の人に買い占められて転売されては意味がありません。そう考えると、話が真実であれば政府は求められる役割を果たしつつあると言えそうです」(渡辺氏)

◆マスク以外にも品薄が

 2月17日現在、クルーズ船の乗客を含む日本国内での感染者が500人を超えた。中国に渡航歴のある人との接触などがなく、感染経路が不明なケースも複数生じている。都内の介護施設で働く40代男性は「自分もいつ感染するかわからない」と危機感を募らせる。

「そもそも介護の場面でマスクが必要な理由は、自分の予防のためではありません。高齢の利用者が職員らから感染するリスクを避けるために必要なものなのです」

 新型コロナウイルスによる肺炎が重症化するリスクは、「高齢者」、「糖尿病・心不全・呼吸器疾患の持病がある人や透析を受けている人」、「免疫抑制剤や抗がん剤などの投与を受けている人」が高いとされる(厚労省公表の「相談・受診の目安」より)。

 医療や介護の現場で働く人はもちろん、不特定多数と接する機会の多い電車やバス、タクシーなどの交通機関で働く人にも「感染を広げないための」マスク着用は喫緊の課題だ。前出の渡辺氏はこう言う。

「ワクチンや治療薬がない中で、感染を恐れる気持ちはよくわかります。しかし、ここまで感染が拡大した以上、重症化リスクのある人を守るために、優先順位をつけてマスクを供給するべきです。

 市中の小売店でマスクが普通に買えるようになる時期は、正直に言って全くわかりません。国産マスクにしても、原料の不織布は中国からの輸入が多いと言われている。中国の工場が稼働するかどうか、それが日本向けに輸出されるかどうか次第です。

 マスク以外も同様です。消毒用アルコールは品薄がすでに指摘されていますが、その容器に使われるポンプも中国製なので、影響はさらに広がります。マスクと同じく不織布を使う除菌シートも品薄になることが予想されます」

 現在は在庫で凌ぐことができても、数か月先の4〜5月頃には品薄になる製品が増える可能性が高い。あらゆる物の生産を中国に頼り、できた製品が日本にやってくる流通過程も複雑を極めている。「次に何の在庫が無くなるかを知るには、店頭を見るしかない」(渡辺氏)という。

 折しも香港やシンガポールなどでは、マスクに続いて「トイレットペーパーが不足する」との噂が広まり消費者の争奪戦が起きている。50年ほど前の日本と同じ光景だが、日本でも再び繰り返されないことを祈りたい。

関連記事(外部サイト)