終末期を家で過ごせなくなったのは日本最大のマイナス点

終末期を家で過ごせなくなったのは日本最大のマイナス点

在宅医療の医師・小笠原文雄さんと室井滋さんが初対談

「最期まで自宅で暮らしたい」と望みながらも、多くの人が病院で最期を迎えているのはなぜか。自宅で最期まで過ごすのは無理だと思っている、あるいは病院の方が長生きできると思っている人も多いだろう。しかし実際には、お金がなくても、ひとり暮らしでも、誰でも最期まで家で朗らかに生きることができ、自宅に帰ったことで余命が延びた人までいる──このたび、そんな奇跡と笑顔のエピソードが詰まった『なんとめでたいご臨終』を著した在宅医療の医師・小笠原文雄さんと、女優・室井滋さんが初対談した。

室井:『なんとめでたいご臨終』を読んで、もう何回も何回も泣きました。いろいろなかたのエピソードが出てきますが、誰一人として同じ人はいなくて、事情もさまざま。ひとり暮らしのかたもいれば、ご家族がいるかたもいます。でも共通するのは、「最期は自分の家に帰って暮らしたい」ということなんですね。

小笠原:そうなんです。みなさん、自分の余命が長くないことを知ると、病院や施設より家がいいとおっしゃいます。今は介護保険制度がありますし、在宅医療の質も向上していますから、ひとり暮らしの末期がんの患者さんでも最期まで家で過ごせるようになりました。

室井:私は富山で生まれ育ったんですが、昔はお医者さんに往診に来てもらうのは当たり前のことでした。わざわざ病院に行くというと、そんなに重い病気なのかなと思っていたくらいで。亡くなるのも必ず家で、家族みんなで看取って、お医者さんが「ご臨終です」と告げて…。

小笠原:それがどこの地域でも、日本の文化でしたね。

室井:でも、東京に出てきて、そういう景色を見なくなりました。私の家族では、祖母と母が病院でしたし、この何十年でずいぶん変わったんだなって。

小笠原:ものすごく変わりました。40年前までは家で亡くなる人が多かったけど、今は約8割の人が病院で亡くなっています。それまで介護を担っていた女性の社会進出で、介護の必要な人を入院させることが増えたこともあって、家で死ねなくなっています。

室井:そういうことなんですか。

小笠原:病院では、もうすぐ亡くなることがわかっている終末期の患者さんを機器につないで延命することがよくあります。そうすると苦しいから、患者さんから笑顔が消えるんです。でも、無理に延命しないで、終末期を家で過ごせば、もっと穏やかに旅立てるはずなんですよ。ぼくは終末期を家で過ごすことができなくなったことは、20世紀後半の日本の最大のマイナスだと思っています。

室井:余命がわずかになったら、1日でも無駄にしないで、その人らしい生活があった方がいいですよね。

小笠原:そうなんです。病院はファイティングポーズをとって病気と闘う場所です。勝てる相手なら闘った方がいいけれど、どう見ても負ける人が残り少ないいのちを使うと、無残な敗戦死になってしまいます。家にいれば、「自分はこう生きたい」という想いを叶えながら「希望死・満足死・納得死」ができるんですよ。

室井:この本を読んで驚きましたが、末期がんなどの終末期の人が病院から自宅に戻って、先生がたの緩和ケアを受けると、ほとんどの人が入院していたときより元気になって、予想よりずっと長生きしています。

小笠原:だいたい3割の患者さんは寿命が延びます。

室井:不思議ですよね。

小笠原:ぼくたちの在宅ホスピス緩和ケアは、いのちが喜ぶケアです。まずモルヒネなどを上手に使って、痛みと痛みへの不安を和らげます。そして体を拭いたり、マッサージをするなど、人と人がかかわるケアをします。心が通うことによって患者さんはうれしくなる。うれしくなると生きる希望がわいてきて、力がみなぎってくる。それが延命効果につながるんです。

室井:中には奇跡のように回復されたかたもいました。

小笠原:最初はぼくも奇跡だと思いましたが、今では常識になっています。病院で末期の診断をされたのに、20年以上も生きた人もいます。退院したから生きられたんですよ。

※小笠原文雄先生が7月17日、「なんとめでたいご臨終の迎え方」をテーマに、東京・小学館で講演会を開催し「在宅医療」の奇跡と「いのちの不思議」について話す予定。
詳しい内容はhttps://sho-cul.comで。

※女性セブン2017年7月13日号

関連記事(外部サイト)