熾烈な官僚の出世レース 「失敗しないこと」が最重要事項

熾烈な官僚の出世レース 「失敗しないこと」が最重要事項

官僚組織の頂点が前川氏も経験した事務次官

 新聞を開けば毎日のように飛び込んでくる「事務次官」なる単語。ワイドショーをつければ「戦略特区」「岩盤規制」「レク用資料」など、コメンテーターが小難しい単語を連発しながら議論している。

 前代未聞のクーデターと称される前川喜平・文部科学省前事務次官(62才)による告発劇から1か月あまり。学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設をめぐる問題は、前川氏の出会い系バー通いに話がすり替わった矢先、当初官邸が全否定した「総理のご意向」を暗示する内部文書が発見されるなど、二転三転。騒動はいまだ着地する気配を見せない。

 だが、報道が過熱する一方で頭に「?」ばかりが浮かぶという人も少なくなかったのではないだろうか。

「要するに誰のどの行為が問題なんですか?」(32才主婦)
「前川さんの告発ってどれくらいヤバいことなの?」(43才主婦)
「そもそも事務次官って何? 政治家とどう違うの?」(45才パート)

 同様の声はネット上にも多数ある。内部文書の内容、事務次官がそれを暴露することの重大性、ひいては一連の騒動の意味するところがイマイチよくわからないのだ。今回の問題を簡潔にまとめると、加計学園の獣医学部新設を文科省が認めた際に、安倍首相による「口利き」があったのではないか、ということ。

 同学園の理事長は安倍首相とは学生時代からの「腹心の友」で、一国のトップが友人に甘い汁を吸わせた疑いが持たれている。

 5月17日、内部文書を入手した朝日新聞のスクープで明るみに出たこの一件は、同25日、文科省の元トップである前川氏が、「『総理のご意向』と記された文書は間違いなく存在する」と認めたものだから、大変。政界を揺るがす大騒動に発展した。

 前川氏はなぜこんなことをしたのか。彼の決死の告発を読み解くカギは、悲哀に満ちた「官僚の世界」そのものにある。

◆キャリア官僚の出世レースで最重要事項は「失敗しない」こと

 官僚とは、中央省庁に勤める国家公務員のこと。選挙で国民に選ばれる政治家とは異なり、大きく2種類に分けられる。国家公務員一種試験(2012年度から国家公務員総合職試験に改称)を突破した幹部候補グループと、その他の試験に合格したグループだ。

 前者はキャリアと呼ばれ、国家運営の中枢を担う重要な仕事を担当し、超特急で出世していく。キャリアを選抜する旧一種試験の受験者は、東大京大をはじめとする一流大学の学生ばかりで、倍率は10倍ともいわれる超難関。狭き門を突破した合格者は希望する省庁ごとに行われる面接試験に臨み、採用が内定する。

 国の財布を動かしたいから財務省、教育行政に携わりたいから文科省、インフラや建設を通した国づくりを求めるから国土交通省…など、目指す道は人それぞれだが、彼らには入省前から厳然たる序列社会が立ちはだかる。

 元議員秘書で官僚の実態に詳しいメディアアナリストの上杉隆氏が解説する。

「霞が関の中央省庁には揺るぎがたいヒエラルキーが存在します。トップに君臨するのは財務省。以下、経産省、総務省、厚労省が省庁ピラミッドの上位に位置する『第1グループ』です」

 上杉氏によれば、第2グループには農水省、国交省、防衛省、警察庁、法務省が入り、前川氏の文科省は環境省と並ぶ最下層グループになるという。

 専門職試験があり、最近まで採用が別枠だった外務省は枠外に位置づけられる。このヒエラルキーを決定するのは、「許認可権限の強さと強制力」にあると上杉氏が続ける。

「財務省には予算編成権があり、財布を握られる各省庁や地方自治体は彼らに到底逆らえません。経産省や総務省も幅広い許認可権限を持っている。一方で文科省や環境省の許認可権は非常に限定的なんです」

 文科省の持つ許認可権は、学校法人の設置をはじめとする教育関係に限られる。国の金を動かす財務省に比べると、持ち得る権限の差は歴然。

「所詮は三流省庁」。“第1グループ”のキャリア官僚の中には、そう言って文科省の人間を卑下する人間も多いという。

 入省したキャリアを待つのは熾烈な出世争いだ。各省庁で同期入省のキャリアは30人ほど。どの省庁も役職は同じで、係長、課長補佐、課長、審議官、局長、官房長、事務次官という階段を1つずつ上っていく。

 省庁によって多少の違いはあるが、キャリアはおおむね地方と中央の勤務を繰り返しながら30才前後で中央の係長、30代後半で課長補佐、40代で課長になる。

 ピラミッド型の官僚組織は上に行くほどポストが少なくなるが、頂点にそびえ立つのが前川氏も経験した事務次官である。

 一般企業でいえば、事務次官は社長にあたる。その省の全てを統括するトップゆえ、事務次官になれるのは、エリートぞろいの同期のうちたった1人。キャリアは1つしかないこのイスを目指して出世競争にひた走る。

 ちなみに『嵐』の櫻井翔(35才)の父親は、2015年7月から総務省の事務次官を務めた超エリートである。前出・上杉氏は、激しい出世争いをするのは彼らの“本能”だと指摘する。

「キャリアで入省する官僚たちは人生でずっと1位を取ってきた人ばかり。トップ以外が見えないんですね。入省した時点で事務次官に向けて人生を設定してしまうんです」

 無論、出世レースを問わず仕事は激務を極める。元財務省キャリア官僚の山口真由さん(33才)が振り返る。

「20人ほどいた財務省の同期に女性は2人だけ。性別での差別はないし、先輩はみな面倒見のいいかたがたで、人間関係的には救われました。でも、とにかく忙しくて…。国会開会中は宿舎に帰れず、省内の仮眠室に泊まることはしょっちゅう。忙しくてお風呂にも入れず、財務省の水道の蛇口をひねって頭を洗っていました。ウエットティッシュで体を拭くだけという男性職員もいましたね」

 出勤は9時半。午前中は新聞の切り抜きをし、終わると議員に質問取り。上司が国会答弁をまとめたら、省内の幹部に持って行く。宿舎行きの最終バスは、深夜1時45分。だが、これに間に合わない。

「深夜2時まで作業することはザラでしたから。バスに乗れた時は嬉しいですよ。宿舎は築30年。3LDKの部屋を女子3人でシェアするんですが、みんな遅くてトイレ掃除とかもしないし、悲惨なことになってました(苦笑い)。仕事がうまくいかなくて上司に怒られて、国会の給湯室でよく泣きましたね」(山口さん)

 2年で心身がボロボロになり、官僚を辞めた。

元農林水産省キャリア官僚のA氏(32才)もこう話す。

「研修で1か月農家に泊まり込みで勉強したり、本当に忙しい。農水は他省と時間軸が違うんです。やってすぐ結果が出る仕事ではなく、作物を作ったら成果がわかるまで何か月もかかる。とにかく仕事が地味なんです。宿舎は青山にあったけど、ボロボロだし、世間がイメージしてるような華やかな官僚生活とはまったく違って、泥臭い世界。若いうちは給料もメチャクチャ安いし、モチベーションを保つのが大変です。外資に行った大学の同期が5倍、6倍とか稼いでるのを聞いちゃうとね…」

 彼もまた、20代後半で霞が関から去っている。

 苦しい若手時代を乗り越え、30代前半になると、自分が出世レースのどのあたりを走っているか、わかるようになるという。

「判断材料は、失敗しないこと。官僚が出世する上でいちばん重要なのは、“無謬主義”なんです。自分がそのポストにいる時、何事も起こらなければ上に行ける。逆に何かあれば飛ばされる。だから足の引っ張り合いが起きる。ライバルを陥れ、失敗させて土俵からはじき出す。そんなことばかりしているうちに、いよいよ骨の髄まで出世至上主義に取りつかれ、“国のために”という当初の志が完全に消えていく」(前出・上杉氏)

 ゆえに、この世代のキャリアの話題は人事が全てとなる。あいつが次の審議官らしい、あいつは出世の芽が消えたらしい…。誰が誰を出し抜いたか、誰が脱落したか、関心はその一点のみとなっていく。

 もっとも、事務次官レースにはスタートラインから格差がある。理系の「技官」は文系より不利とされる。圧倒的に強いのは東大法学部。とりわけ財務省は東大閥で、旧大蔵省時代を含めて東大以外の事務次官は2人しか出ていない。

 どこかで“失敗”し、出世レースから脱落すると、50才前後から次々と早期退職をして民間企業や関連団体などに天下っていく。本来ならば省庁で定年まで働いてもいいが、彼らはプライドで生きている人間。自分より出世した同期と一緒に働くことができないのだという。

※女性セブン2017年7月13日号

関連記事(外部サイト)