在宅医療の医師「ひとり暮らしは孤独死と考えるのは間違い」

在宅医療の医師「ひとり暮らしは孤独死と考えるのは間違い」

1000人以上を在宅で看取った医師の小笠原文雄さん

「最期まで自宅で暮らしたい」と望みながらも、多くの人が病院で最期を迎えているのはなぜか。自宅で最期まで過ごすのは無理だと思っている、あるいは病院の方が長生きできると思っている人も多いだろう。しかし実際には、お金がなくても、ひとり暮らしでも、誰でも最期まで家で朗らかに生きることができ、自宅に帰ったことで余命が延びた人までいる。このたび、そんな奇跡と笑顔のエピソードが詰まった『なんとめでたいご臨終』を著した在宅医療の医師・小笠原文雄さんと女優・室井滋さんの対談が実現した。

室井:自宅で穏やかな最期を迎えるためには、今から周りの人とのつながりとか、家族関係を考えておいた方がいいのでしょうか。

小笠原:大勢の人とつながりがあるといいけれど、最低誰か1人とつながっているだけで、心と身体は暖かくなります。1日1回、電話をかけてくれる人、訪ねてくれる人がいれば、生きていることを実感できます。ぼくは1000人以上を在宅で看取りましたが、そのうち54人がひとり暮らしのかたでした。おひとりのかたでも、家で穏やかに最期を迎えることは充分可能です。

室井:私の友達に独身のおばさんがいっぱいいて、みんなひとり暮らしで働いています。今後どうするかという話になると、「今から結婚して姑の介護をするのは嫌だし、だいたい部屋にずうっと男の人がいることががまんできない」と言うんですよ。「自分の好きなときにしか会いたくない」って(笑い)。ひとり暮らしに慣れているから、病院なんか絶対嫌だって、みんな言っています。

小笠原:そういう人はひとりがいいに決まっています。それなのに、ひとり暮らしの人を放っておいて亡くなったら孤独死じゃないかといって、家族がヘルパーさんを入れたり、看護師を派遣したりする。すると笑顔が消えるんですよ。だから周囲の人には、その人をひとりで放っておいてあげる勇気も必要なんです。

室井:友達は「私がいてくれればいい、困ったら連絡する」と言っています。もっと年を取ったら、みんなで私の家に住もうと勝手に決めているみたいなので、えっ、うち!?と思っているんですけど…(笑い)。

小笠原:ぼくも昔はひとり暮らしの旅立ちは孤独死だと思っていました。でも、ある時、アパートの一室で30年以上ひとり暮らしをしている学校の先生が、「ひとりで家で死ねるなんて、こんな幸せなことはないわ」とおっしゃったんです。その言葉に、自分の考えが根底から覆されました。

室井:それは自分の暮らしている場所への愛着があったということ?

小笠原:そう、家にいると、寝たきりになって天井を見ていても、あれはあの時の雨漏りの跡だとか、あの絵は誰とどこで買ったとか、過去を思い出せます。家には暮らしてきた人の歴史が詰まっていますから。そういう吸い慣れた空気の中で死ぬか、それとも病院の白い天井を見て死ぬのかで、心の落ち着き方が全然違うんですね。

室井:なるほど、わかります。

小笠原:そのかたは、いちばん親しいお友達が訪ねてきている時に亡くなりました。不思議なことに、ひとり暮らしの人でも、お友達やヘルパーさんなど、誰かが来ている時に亡くなることが多いんです。実は今朝、54人目のひとり暮らしのかたが亡くなったんですが、そのかたも最期は連れ合いのかたが初めて泊まってくれていたので、おひとりではなかったんですね。ひとり暮らしだからといって、孤独死だと考えるのは間違っていますよ。

室井:確かにそうですね。逆に家族がいても孤独な人もいます。病院だって、人はたくさんいますが、心のつながりがなかったら、やっぱり寂しいですもんね。

小笠原:ちょっと意地悪なんですけど、病気の奥様をご主人が一生懸命に看病していると、ぼくは奥様に「うれしいですか?」と聞くんです。うれしいと答えたのは今まで2人だけ。あとはみなさん、「うざい」と言っていました(笑い)。

室井:わかる、わかる(笑い)。

※小笠原文雄先生が7月17日、「なんとめでたいご臨終の迎え方」をテーマに、東京・小学館で講演会を開催し「在宅医療」の奇跡と「いのちの不思議」について話す予定。
詳しい内容はhttps://sho-cul.comで。

撮影/横田紋子

※女性セブン2017年7月13日号

関連記事(外部サイト)