85年目の二・二六──渡辺大将暗殺をめぐる“3つの因縁”

85年目の二・二六──渡辺大将暗殺をめぐる“3つの因縁”

渡辺錠太郎と末娘の和子(当時8歳)。和子は父が殺される現場に居合わせた(渡辺家所蔵)

 雪に覆われた帝都・東京で起きた「二・二六事件」から85年目を迎える今年、新たな証言や資料に注目が集まっている。『置かれた場所で咲きなさい』などの著書で知られるシスター渡辺和子の父、渡辺錠太郎・陸軍教育総監(大将)は、杉並区荻窪の自宅で30名ほどの陸軍将兵に襲撃され、命を落とした。その渡辺大将暗殺には、数々の“因縁”がある。

 まず、襲撃部隊には、かつて渡辺大将が指揮していた歩兵第三連隊(歩三)に所属する兵士たちが参加していた。そのため、侵入してきた兵の襟章を見た渡辺夫人は、「歩三」に偽装した中国兵が襲ってきたのかと錯覚した──という長女・政子の証言が残っている。

◆自ら装備を主張した機関銃で殺害

 また、襲撃部隊は、拳銃のほかに4挺の軽機関銃と10挺の小銃を所持していた。陸軍でこの軽機関銃の装備を訴えたのは、ほかならぬ渡辺大将だったという。同じく政子の証言。

〈皮肉なことにはあの軽機関銃の採用は、父がその必要性をはげしく説き、それが入れられて日本の軍隊でも使うことになったものでございますよ。父は第一次世界大戦をオランダで見て、戦後ドイツの日本大使館にいたのですが、武器の発達をつぶさに見て、帰国後、その採用かたを具申したのでございます。[中略]自分が採用かたをいった軽機関銃に自分がやられる。それも機関銃というのは、外で使うべき武器なのに、それをあの将兵たちは十メートルもはなれていない部屋の中で使い父をうったのです〉(有馬頼義著『二・二六暗殺の目撃者』読売新聞社)

 さらに、30名の襲撃部隊の指揮を執った一人、熊本出身の安田優(ゆたか)少尉は当時、渡辺邸のすぐ近くにある姉夫婦の家に寄宿していた。そのため、事件の2日前に急遽、渡辺大将襲撃を打診されたという。公判調書にはこうある(以下、安田優「蹶起将校公判調書」)。

〈その時(2月24日)、坂井中尉より斎藤内府襲撃後第二次の行動として、渡辺教育総監を坂井部隊が担当することになっているが、安田は同総監邸の付近に住んでいるそうだから、よく研究しておいてくれ。同総監の襲撃は高橋少尉と共にやってくれといわれましたので、始めてその時自分の襲撃目標を知ったのであります〉

 実は、襲撃当日になっても、安田少尉は渡辺大将を「殺す意思はなかった」という。これも、同じ調書に証言が残っている。

〈昭和維新断行は軍の協力一致にあれば、渡辺総監も一体となるためにこれを求めんとして、官邸にまず迎えるということが真意であったのですから殺す意思はその時まではなかったのであります。而(しこう)して正門から行きました私達は、単に総監を殺すならば裏門から行けばよいということを判っていたが、殺すのが目的でないので厳重なる戸締まりのある正門に向かったのです〉

◆「誰もくそあるものか」

 しかし、最新刊『渡辺錠太郎伝』(小学館)が話題の歴史研究者・岩井秀一郎氏は、この言葉を額面どおりに受け取ることは難しいという。

「荻窪にあった渡辺総監の私邸は、一般の家よりも大きな邸宅ではありましたが、それでも個人宅であることに変わりはありません。そこに、軽機関銃や小銃で武装した30人近い兵士が押しかけている時点で、“殺害が目的ではなく、陸相官邸に迎えようとしていた”とする証言は、にわかには信じがたいと思います。仮に、安田少尉自身はそう考えていたとしても、襲撃を指示した上官たちは最初から殺害を計画していたと考えられます」(岩井氏)

 実際、同書では、2月26日未明に渡辺邸前に集結した兵士たちが、正門を乗り越えて押しかけた場面が紹介されている。それは、まさに問答無用の襲撃だった。

〈(渡辺邸の施錠された)門内に既に二名の兵が入り、開門せんとしあり。(女中が)「誰方(どなた)様ですか」と問いしに、何とも云わず。開門し、多数の兵が門内に入り、玄関の扉を把手を持ちガタガタ押し開かんとす。 更に「誰方ですか」と問いしに、其の付近に在りし兵が殆ど全部拳銃を此方に向け、後方にて「誰もくそもあるものか」と云うものありし〉(渡辺錠太郎関係文書)

 このあと、施錠された玄関に向けて軽機関銃が掃射され、渡辺大将は惨殺された。

 渡辺錠太郎は、もしその後も生きていれば日本が「戦争に突入しないで済んだのではないか」(新聞記者・高宮太平の言葉)とまで言われた一人だった。二・二六事件は、その意味でも日本にとって取り返しのつかない損失をもたらした事件だったといえるだろう。

関連記事(外部サイト)