在宅医療と病院では、患者のケアの方法がここまで違う

在宅医療と病院では、患者のケアの方法がここまで違う

「自分でも居心地よく旅立ちたい」という室井滋

 自宅で最期を迎えたい――そんな希望はありつつも、実際は8割ほどが病院で亡くなるのが今の日本。そんな中、在宅医療関連のエピソードが詰まった『なんとめでたいご臨終』を著した在宅医療の医師・小笠原文雄さんと女優・室井滋さんの対談が実現した。

小笠原:室井さん自身はどんなふうに最期を迎えたいですか?

室井:私も病院ではなく絶対に家がいいですね。占い師の人に、「あなたは長生きだけど、最期はひとりだよ」って言われたことがあるんですが(笑い)、人にあまり迷惑をかけないように、自分でも居心地よく旅立ちたいですね。だから、すっぴん、素のままの自分でいられる家がいい。

 病院が患者さんを診るのと、在宅で病気の人をみんなでケアする方法は、随分違う気がします。病院は患者さんに何かあったら大変だから、みんな診るんだけど、在宅では、小笠原先生をはじめ、みなさんの気持ちに守られている感じがしました。

小笠原:在宅と病院で何がいちばん違うかというと、家では伝達手段が「気」なんですよ。しゃべれなくなっても気は伝わります。ところが、病院では生きているか死んでいるかを機器が見ている。心電図モニターのピーコピーコという音で、ナースセンターが監視しています。

室井:そのうちロボットに看取ってもらうようになるかもしれませんね。「亡くなりました、ピー」みたいに。

小笠原:そう、ロボットと一緒です。病院では機器で管理されるけど、家では人間の気とか、いのちの暖かみが大事にされる。例えば、患者さんが1階に寝ていたら、ご家族も1階にいなきゃと思われるんですが、ぼくは「2階で寝ていて構いませんよ」と言うんです。2階にいても、気がどーんと届いて、容態が変わったことがわかったりするんですよ。

室井:それはすごいですね。

小笠原:そして穏やかに亡くなって、家族の寝顔を見てからあの世に旅立つ。だから介護する家族のかたには、つきっきりで生きているか死んでいるかを心電図モニターのように見ているのは、ある意味、患者さんへの虐待ですよ、と言っています。

室井:なるほど。

小笠原:ただ、病院が心電図モニターで管理するのは仕方がない面もあるんです。家族が病院に来て亡くなっていることに気づくと、「放っておかれた」と訴えられますから。病院は家族にお別れをさせるのが務めと思っているところがあるので、ピーッと心肺停止になったら、家族が来るまで心臓マッサージをして、1時間でも2時間でも、体が温かい状態を保つこともあります。

室井:そんなことをするんですか。

小笠原:ぼくも病院勤務時代にやっていましたが、そうすると、心臓マッサージは強く押すので、胸の骨がボキッ、ボキッと折れるんですよ。

室井:もう誰のためなのか、わかりませんね。

小笠原:それでも家族から苦情が出ない医療をやらざるを得ない。そういうつらさが病院にはあります。ぼくたちは在宅ホスピス緩和ケアを行うので、患者さんの痛みと苦しみは取ってあげて、ご家族には「寿命が来たんだから、『旅立ちだよ』って送り出してあげましょうね」と言います。そうやってご家族のかたが心の整理がつくようにしてあげる。

【information】
 小笠原文雄先生が7月17日、「なんとめでたいご臨終の迎え方」をテーマに、東京・小学館で講演会を開催します。注目を集める「在宅医療」の奇跡と「いのちの不思議」についてお話しいただく予定。詳しい内容はhttps://sho-cul.comに。

※女性セブン2017年7月13日号

関連記事(外部サイト)