浅草の「人間パワースポット」が語る結婚できる人・できぬ人

浅草の「人間パワースポット」が語る結婚できる人・できぬ人

浅草の「人間パワースポット」こと市野惠子さん

 6月のとある週末。東京・浅草駅から徒歩で20分ほど歩いたところにある『今戸神社』には、朝9時から、全国から駆けつけた女性たちが、その鳥居を次々にくぐっていった──。

 今戸神社の創建は1063年。源頼義、義家父子が奥州討伐の際、ここに同社を勧請した。その後「沖田総司終焉の地」「招き猫発祥の地」としてその名を馳せ、10年ほど前からは「縁結び」のパワースポットとして熱視線を集めている。

 それにしても、もともとは「武運長久」を祈願する神社だったのに、同社内にある絵馬には恋の願かけがズラリ。しかもそこには、神様へお願いしたい“条件”がしっかり記されているものが多かった。例えば、こんなふうに。

《この夏までに素敵な彼氏を作って、毎日楽しくてキラキラした生活を送りたい》
《お金持ちでそこそこイケメンで優しい、ユニークなすてきな人に出会えますように。電撃婚でお願いします》

 どうしてこんなことになったのか? その鍵を握るのが同社の宮司夫人・市野惠子さん(66才)だ。2008年10月から始めた「縁結び会」の登録者は今では8000人。これまで70組を成婚に導いたことから、「人間パワースポット」とも呼ばれている。

「ンフフフフフ。私が引き寄せるんですよ、ビビビ力(りょく)で。神様が喜ぶことだけを考えて、素直に生きてると、直感力がつくんですよ。私はそういうのをみなさんに教えたいの! ウン! きれいなアンテナを出すための説法をするから、ほかの縁結びの神社とはちょっと違いますね。ンフフ」

 では、どうやったらフツーの人でもビビビ力はつくのか?

「感謝の気持ち。地球に住まわせてもらってる、生かされている、神様、ありがとうの思い。言霊だから、言えば言うほどいいことあるわよ。ンフフフフフ。女子会はダメよ。女同士で集まると、悪口ばっかりで人相が悪くなるいっぽうなんだから。それなら神様にたくさん愚痴って、最後に『聞いてくださってありがとうございました』っていう方が、ずっと運を引き寄せます」

 軽やかな笑顔を浮かべながら、少し高めの声で歌うように話す惠子さんの表情は、くるくる変わり、見ているだけでほんわか幸せな気分になってくる。

 しかしその原点を聞くと、「私ね、もらい子だったの。生後10か月の時に、この神社にやってきて、はっきりいって苦労したわね」と、そのキーの高い声とは裏腹の、重~い過去を語り出した。

「両親はちゃんと私を飲み食いさせてくれたし、学校にも通わせてくれたけど、う~ん…愛情はイマイチだったかな。最期まで私のことを認めてくれなかったし、残酷ですよ。愛に飢えて育ちました。でも、ねっ、親がそういう親だったから、私自身が努力したんです。いろいろあるでしょ、人間界って。すべて学びですよ。今の私があるのも、親を反面教師にしたからで、だからそういう意味では感謝してるの。

 6年くらい前に親が亡くなったんだけど、その頃からかな、ビビビ力が冴えてきたんですよ。ンフフフフ。あら、あなた、感じるわ、感じるわよ」

 そう言うと惠子さんは、急にジッと記者(43才・独身・彼氏ない歴4年)を見つめて続けた。

「1日に20分くらいは自分の時間を見つけないとダメよ。お仕事が忙しくても自分をおろそかにしちゃダメ。高級ホテルのロビーに行きなさい。生演奏をタダで聴けるし、ラウンジに行ってご褒美としてケーキセットを食べるとか。ウン。自分への癒しと安らぎを与えなくっちゃ。ねっ。

 ビビビ力でぱっと決めるのもいいんじゃないかな。一日でも早く、うんと焦って結婚したらいいのよ。だから、年齢なんてごまかしたらダメ。特に40代以上になると、『あなた、何才?』って聞くと、『何才に見えますか?』って聞く人がいるんだけど、それは絶対ダメ。やっぱり実年齢が大事。ねっ。ごまかしてつきあったっていいことなんてないんですから」

 さらに惠子さんのダメ出し、もとい、説法は続く…。

「アクセサリーもね、あなた、耳元は揺れるものをつけなくっちゃ。男の人はね、巻き髪もそうだけど、揺れるものが好きなんだから。指先もゴールドのアクセサリーがいい。金は、嫌なものを弾くんだから。

 黒やグレーの服もダメ。ジーパンにスニーカーも山登りじゃないんだからやめる。簡単に言えば、やっぱり朝のワイドショーのお姉さんたちのような格好はハズレないわよ。色はピンクにちょこっとレース。ねっ」

 結婚できる人、できない人の違いをズバリ言われ続けるも、素直にハイと聞き入れられない記者は、やはり“こじらせ女子”の典型かと猛省…。しかしながら、最後は、こんな褒め言葉をちょうだいした。

「でも、あなた、目が輝いてていいんじゃない? 仕事が楽しいのね。ほら、朝、電車とか乗ってても、みんな疲れた顔してるじゃない? 死んだ魚の目みたいな、ねっ? ちょっと触れただけで、『なんだ、このおばさん』みたいな顔で見るモン。昔は、仕事をしてる人はみんな楽しそうだったものよ。私、20才の頃、テレビ局の受付をやってたのよ。ただのミーハーでね、ジュリーに会いたくて入っちゃった。ンフフフフ。でも入社2日目で会っちゃって、何も話せないまま終了。でも、そういうときめきも、今の人たちって、あんまり持ってないでしょ? だから、いつもときめきを持つことは大事。ンフッ」

 ありがたや──。

※女性セブン2017年7月13日号

関連記事(外部サイト)